« 2011年1月 | メイン | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月27日 (日)

今日、浅川氏の大阪講演でワイハタ族テ・ポロハウ族長と握手した

ひょんなことから今日、浅川嘉富氏の大阪講演に参加した。

その分けは、OUCのの仮名:田中さんから2日前に突然、オイラにメール連絡があって「2月27日(日)の浅川大阪講演」に参加しませんか?

とお誘いの連絡があった。

しかも無料で。

それが神戸の仮名:田中さんの友達と当日、お二人で浅川大阪講演に参加する予定であったが、突然にその友達が急病で参加できなくなり、突然オイラにお誘いがあった。

これもまた偶然なのですが・・・

その仮名:田中さんとはオイラがYouTubeにUPさせて頂いたOUC(大阪UFOサークル)の方です。

2005年10月22日に神戸三宮東上空で撮影されたUFO

この↑の翌日にはメキシコなどで頻繁に目撃されているUFO編隊と同じようなUFOが目撃されているがその映像をその仮名:田中さんがこれまた偶然に自宅のマンションからこの映像をビデオで撮影されているダス。

UFO Fleet Guadalajara Mexico

このYouTubeの動画では映像がイマイチ分かりづらいので鮮明なUFO編隊でマザーシップから子機が出現している映像を↓に掲載します。

UFO - Fleet with MotherShip - Pelcula Mexico 2006

この↑ようにVeohの動画では鮮明にマザーシップから指令されて天空から、あたかも人類に見せ付けているように見える光景とも言われている。

2005年10月23日に神戸三宮東上空にてUFO編隊

この仮名:田中さんは何度もUFOを目撃して神戸三宮のマンションの自宅ベランダからUFOを撮影されビデオにもこのように収めており、偶然ではなくて、必然的に何らかの「目に見えない世界」との繋がりと役割がある人物だ。

またまた話が飛んでイスタンブールで、実は浅川氏の講演はオイラはこれで2回目だった。

オイラがはじめて浅川氏の講演を聞いた時はイタリアのコンタクティーのカヴァロ氏との対談の内容であった。

話は元に戻りますが、以前にも

【永久保存版】大神神社と龍神と天皇と宇宙人&昨日、ダウンロードされた内容

↑でも触れたが、天皇龍神神武天皇からシグナルがある事が古事記や先代旧事本記にもふれているが、これがまた本日のこのキチガイの戯言ブログでも吠えている奈良県の日本最古の神社の大三輪神社へと神話を紐解くUFOとの関連が誘うのです。↑

キャンプから帰って来たナノセカンドの現象

この崇神天皇は大三輪神社に祭られているのです。

また「オオタタネコ」は僕が脳が振動する「ギュルル・ギュルル・ギュルル」と言う異音を受けた温泉施設のある和泉市に縄文弥生時代に住んでいたのです。

そして、そのすぐ近くの縄文・弥生時代の遺跡で池上曽根遺跡にはM総研が和歌山の龍神村で不思議な写真を撮影して時に「龍のノイズ・シグナル」が出現して何かに取り付かれたように「」の事を調べていた時に、この龍が描かれた土器がこの和泉市のスエムラで作られた土器であり、その土器が奈良県の崇神天皇が祭られている大三輪神社の三輪山から多数出土していることが考古学上確認されている。

古代の日本人はパラレルワードの異次元に存在する次元の高い存在とチャンネルをチューニングしてコンタクトを取っていたようだ。

そして、広島県にある日本ピラミッドの葦嶽山の巨石には古代天皇家が使っていた「阿比留草文字」が記されているのです!!

なんと!!M総研は尊敬する原先生の神戸の建設会社の社長が今は亡き神谷と言う不思議な人物とこの葦嶽山に登頂して写真を取ると不思議な現象が起こるのですが、この建設会社の社長が葦嶽山鏡岩をビデオで撮影すると、なんとそのビデオテープに古代日本人の神事の様子が写っていたのです

ホーホケキョウ説も「ピラミッド・イルミナティ」と関連付けて阿比留草文字を使う古代天皇家=龍族で受け止め昨今のレプチャンのディスインフォメーションアイクのプロパガンダ西洋VS東洋の龍の対極的に対する善VS悪の思想とイルミナティーのサンヘドリン天皇家(龍族)を封印する為原爆投下がうかがい知れる天界地上界鏡写しの状況だと受け止めるとM総研の不思議な体験の龍のノイズUFO遭遇が紐解けてくる。

スカル&ボーンズが日本へ原爆を投下させた。

-----------------------以下転記はじめ------------------------

原爆投下と東京大空襲に時効はない!

スティムソン陸軍長官、マーシャル参謀長らは原爆予定地を、新潟、広島、小倉、長崎と決定した。

新潟は長岡市に軍需工場があり、広島の呉には海軍の軍艦製造プラントがあり、小倉には武器を造る製鉄プラントがあり、長崎には、貨幣制度の番人が嫌う、国際金融資本家たちの似非ユダヤが嫌うカトリックの総本山があった。

「グローバル・キッションによれば、アーノルド将軍の発言した原爆投下命令は七月二十一日に将軍とスティムソン陸軍長官とマーシャル元帥の間で行われた会議のあとで特使がワシントンに届けたメモに基づいていました。」

とある。

これは、トールマン大統領に相談することなく、原爆投下の指令書が出ていたとある。

その原爆投下の首謀者がスティムソン陸軍長官”である

実は彼は国防長官でもあった。

スティムソンはかの悪名高い貨幣制度の番人の「スカル&ボーンズ」の秘密結社で、エール大学を卒業後、「ザ・オーダー」の中核部にはいり闇の組織のシークレット・ガバメントのアメリカ代表となった。

不思議なことに、ポツダム宣言後、東京裁判で戦争犯罪と諸兄されたなかった「貨幣制度の番人のしもべ」が生き残り、闇の組織の売国者がかれらの協力と忠誠を引き換えに命を免れた。

CIAの対日工作」より大物右翼はCIAの協力者であった。
http://blog.m-ken-net.com/blog.php?y=2006&m=4&d=10

闇の超世界権力、スカル&ボーンズ

http://plaza.rakuten.co.jp/HEAT666/diary/200410020000/

永久保存版「スカル・アンド・ボーンズ」と称されるこの秘密結社はエリア51と関係がある!!

http://www.asyura.com/0403/bd35/msg/1187.html

↓の記事に注目しなければならない。

それは、今猛威を振るっている鳥インフルエンザの異常なマスコミ報道と先般も阿修羅に投稿した記事につながることになる。

鳥インフルエンザの正体

②鳥インフルエンザは意図的な電磁波放射でウイルス被害拡大が起こる!!

世界危機を引き起こした最大の企業後援者は多国籍製薬企業である

どうやら、地球外の高次の存在が「光と闇」の戦いに高い振動を共鳴させて気づかせているようだ

光は振動している

これらの記事をクローズUPすればする程に、ディスク・スキャナーに意識を読み取られた時に、急に虚しさがこみ上げてきた僕の魂の振動が、彼らに感知されたことは間違いないと確信が大きくなる。

お金の為に、戦争や犯罪や地球環境を破壊している現状に魂が振動した。

貨幣制度の番人は、このマトリックスの世界を支配している。

-----------------------以上転記おわり------------------------

阿比留草文字で記された「ひふみ祝詞」を考案したといわれている

高尾先生と刑部恵都子さんとの共通の「龍神」の話がここでリンクして来るのです。

そー言えばフリーメーソンと戦った神聖龍神会の矢野氏の偉業を振り返る必要がある。

それで不思議な体験と不思議なご縁で高尾博士の知人が台湾旅行の飛行機の窓から不思議な光が接近して来るので不思議に思いカメラで撮影すると・・・

http://www.m-ken-net.com/3kaimenoriyuu.htm

不思議なご縁で繋がった刑部さんも自宅2階の窓から虫型のUFOが部屋に数十機入り込んで来て出て行ったり、幾度か自宅の2階の窓のすぐそばまで出現したり、なんとも信じがたい不可思議な体験をご自身の著書に書いていますが、エッチャンもまた龍のノイズがあるご様子ですが・・・

http://sonia.thd-web.jp/e2657.html

http://msouken.blogspot.com/2007/12/5_11.html

http://www2s.biglobe.ne.jp/~osakabe/now06_07.htm

http://subtleeng.thd-web.jp/e5866.html

また日月神示の中矢さんの「竜と龍神はいっしょにしてはならない」と言う忠告と

浅川氏の龍神とレプチャンのディス・インフォメーションの策略の忠告がこれらのソースの信憑性を裏付けることになるのか?・・・

これらのなんともオカルトテンコ森情報はあの「22を超えてゆけ」にも記されている。

またまた話がしつこくなりましたが、本日のブログの題名のNZ(ニュージランド)の先住民のワイハタ族テ・ポロハウ族長が今日の浅川氏の講演会に偶然にゲストとして来日されていたのです。

ここでワイハタ族の説明をする必要がある

-------------------------------------ワイハタ族とは----------------------------------------

ワイハタ族とは、NZにマオリ族が入ってくる以前から存続する部族で、4000年以上続く伝統を持っている。

その期限を遡るとシリウス・ムー・レムリア・エジプトシリアへと繋がっており、そこから流れ流れて神々がの豊富な島、アオテアロアのニュージーランドに導いた言われている。

後から入って来たマオリ族と生活を共にし、今日では同じ伝統を受け継いでいるそうだ。

1800年に白人に占領されて以来、マオリ語や伝統を伝えたり、儀式を行ったりする事を政府から禁止されていました。

1989年に解禁されて以来、部族が部族の誇りを持って生きる可能なり、この頃に長老が再びワイハタ族の伝統の重要性を伝え始めた。

テ・ポロハウ・ルカ・テ・コラコ長老は1943年大嵐の中、ワイハタの部族の歴史にとって聖なる山トカトカの洞窟で生まれる。

幼少の頃より、祖父母から伝統を伝えるシャーマン・メディスンマンであり、伝統を伝える施設で、彼らの祖先の古代芸術やメディスン(薬草)やヒーリング等の手法や思想を復興させ、それらを伝えて今日に至ります。

長老の家系はルカ(イルカ)の種族でもあり、古くからイルカやクジラと共に共存していて、また、イルカやクジラ、のセレモニーやヒーリングを得意としています。

そしてレムリアの頃より続くワイハタの13の暦も受け継いでいます。

さらに長老の家系はドラゴンと深く関わりがあり、古くから伝わる「マジック・ドラゴン・スクール」の最後の生徒である。

ドラゴン・ケアテイカー(龍のお世話をする人)でもあると言う言い伝えがある。

------------------------------------

このワイハタ族の長老は先般の火の祭典にもお招きを受けて参加しており、このテ・ポロハウ長老のお爺さんが日本の大正天皇に招かれ来日されているとご本人から通訳の方を通じて直接聞いたのです!!

浅川氏は今回の大阪講演でズバリ!!言い切った。

それはこのワイハタ族は龍神である天皇の直系である!!と!!

水の記憶・大地の目覚め目覚

龍神司ると言われているがオイラの本当の名字は「生水」と言うなのです。

message from water

日本テクノ㈱のドキュメンタリー番組が深夜放映される

波動の極みからの魂の振動共鳴

今の森と言う名字は育ての親父の性であるのです。

だから本当の種親の名前が生水(しょうず)と言う男である。

だからオイラの本当の名前は生水 義光となるのです。

ほんとに変わった名前です。

もう少しで名前までになるところでした(爆笑)

そして来年は2012年のマヤンカレンダーの終焉の時だ。

さらにその2012年は龍の年だ!!

いよいよ龍神が動き出す重要な人類の意識変革の最後の時なのです!!

そして闇の連中はこの変革を必死のパッチで阻止しようとしているようだ。

と今日も妄想テンコ森状態ダス。

2011年2月24日 (木)

【永久保存版】貨幣制度の番人達へ

先般も日本最低団体の山口組と五菱会の闇金について触れたが、古歩道の福岡講演をもう一度振りかえる必要がある。

アセンションユーモアと題してクローズupした。

オイラはこの直参の上納金の話は昔、やんちゃをしていたガキのころ当時の某県の直参の本部長をしていた者から直接聞いた話だ。

そして菱のタマを獲りに行った鳴海清が全裸で性器を切断され爪をすべて剥がされて死体とても見れない悲惨な状態となり六甲山で発見されたTVニュースを見ていたダチが突然泣き出した。

オイラは本当に偶然の上に偶然が幾重にも重なり、因縁なのか不思議な体験をしている。

まだ書いていないが、もしこの事を公表すれば当時の日本道路公団の重役が自殺する件も知っている。

これが直参の闇の利権です。

毎月300万(当時)を本部に上納しなければならないが、直参になれば数十倍のシノギがまかり通るのです。

この直参になるには毎月の上納金以外には別枠で組織の為にどれだけ別に上納できるかがポイントであると言う。

Japanese Yakuza 1-6

元公安調査庁の菅沼氏が特派員協会で講演 「日本を知るには裏社会を知る必要がある」と言われているがM総研はまだ表には出ていないヤクザと日本道路公団の癒着を知っている。

そのひとつがまだ表に出ていない道路公団が深く関わったヤクザのシノギがあるのです。

そのまだ表には出ていないヤクザのシノギとなっていた日本道路公団の損失は表に出ている金額が350億円ですが実際にはその15倍の5250億円と推測されている。

決して表には出ない事情なのです。

日債銀社長怪死事件より

●●●●●●●●●●以下転記はじめ●●●●●●●●●●

平成12年9月20日午前8時30分頃、日本債権信用銀行(元、日債銀)・本間忠世社長(当時60歳)が、出張先の大阪市内にある阪急インターナショナルホテルの一室で首を吊っているのを発見され直ちに病院に搬送されたが同9時11分、病院で死亡が確認された。

日債銀は大蔵省、日銀主導の下で一時的に国有化されたあと、ソフトバンクオリックス東京海上3社の企業連合に譲渡され平成12年9月4日に本間氏は同行の社長に就任し新生゛日債銀゛として再スタートを切った。それから、僅か半月後に本間社長は自殺した。

金融再生委員会は、日債銀がバブル期に貸し付けた債権のうち、約1000億円が゛反社会的勢力゛に貸し付けていたと公表した。このため、闇社会とのトラブルに巻き込まれ殺害されたのではないかとの噂が広まった。

その後、平成13年1月に日債銀は、「あおぞら銀行」としてデビューした。

●●●●●●●●●●以上転記おわり●●●●●●●●●●

そしてただ同然で売国奴は「あおぞら銀行」を手に入れた。

ここで古歩道の野村証券から直接聞いた話と、経済ヤクザの実態を見れば真実が見えて来る。

http://unkar.org/r/koumei/1146307406より

●●●●●●●●●●以下転記はじめ●●●●●●●●●●

同年5月18日、後藤忠政は米連邦捜査局(FBI)の仲介でビザ発給の便宜を受け、
犯罪歴があるにも拘らず、アメリカに渡航した。

異例の取引の理由として、情報共有に消極的な日本の捜査当局に対する不満があった[2]。
同年7月、後藤忠政は、臓器不足で移植を待つ多くの患者が亡くなる中で、
渡航からわずか2ヶ月後に移植手術を受けた[2]。

平成15年(2003年)11月ごろ、アメリカの捜査当局は、 後藤忠政からの情報を元に、五菱会の実質№2だった梶山進(闇金の帝王と呼ばれた) の資金およそ2億円を発見し、警察庁に連絡した。資金およそ2億円は、 全額没収された。アメリカの捜査当局がスイスの捜査当局とも情報交換し、 さらにおよそ50億円を没収した。

山口組の損失が54億円。後藤組の損失は0であった。

『月刊・現代』2004年2月号には、池田大作の側近であり公明党常任顧問でもある 藤井富雄東京都議が後藤組組長に、創価学会に対して批判的な亀井静香 自民党代議士を黙らせて欲しいと依頼する場面が収録されたビデオテープが あることを魚住昭(元共同通信社記者のジャーナリスト)が書いています。

後藤組は富士宮で、オウム教と創価学会双方に関わり大きくなった組織です。
藤井富雄というのは、都議を11期つとめており、選挙区は昭和43年に創価学会・公明党の 集団替え玉投票事件では中心的な地区となった東京新宿区。

亀井静香は警察庁警備局(公安警察)の理事官職まで務めた人物であり、 それ故に創価学会の裏の顔まで熟知しているため「創価学会=公明党」には 批判的であったのだと思われます。

しかし、こういう人物すら「黙らせる」ことが可能なほどの組織に後藤組をしたのも、
創価学会という集団であるといえます。

●●●●●●●●●●以上転記おわり●●●●●●●●●●

売国奴を晒す!小泉純一郎&竹中平蔵の悪行【かんぽの宿編】1/2

静香ちゃんもなかなかの筋者ですネ

そう言えば静香ちゃんは小泉・竹中売国奴の郵政民営化で猛反対しておりましたが、以前に阿修羅に魂の振動を放った!!

亀井郵政担当大臣は当たり前だコノヤロウ!!

残念だが竹中平蔵のビビリ顔が消されている。

-----------------------------------------------------------------------------

テレビ朝日「サンデープロジェクト」で郵政、かんぽの宿の一連の問題で国民新党の亀井静香議員と郵政利権化を推し進めた竹中平蔵氏の対決をここでもう一度、振り返る必要がある!!

東京地検特捜部へ告発しますよ。」の発言で竹中氏の発言が年金問題など関係のない話を出してきてしどろもどろになりました。

誠に残念だが、竹中氏の顔色が急変するビビリ顔が映っている動画が軒並みYouTubeから削除されている。

変わりに参考資料としコチラでもどうぞ。
これも削除される前に早めに見ておいた方がよさそうです。

-----------------------------------------------------------------------------

そして、M総研はこの郵政民営化のもうひとつの疑問として、かんぽの宿の不正転売の記事やグリーンピアの問題も取り上げた。

鳥取・岩美「かんぽの宿」 1万円で入手し6千倍で転売

http://www.asahi.com/national/update/0131/OSK200901310039.html

旧日本郵政公社が07年に一括売却し、東京の不動産会社が1万円で入手した鳥取県岩美町の旧「かんぽの宿 鳥取岩井」が、直後に6千万円で鳥取市内の医療法人が同町内に設立した社会福祉法人に転売されていたことがわかった。

http://yaplog.jp/ichijihinan/archive/48

この物件、東京都中央区銀座の(有)レッドスロープという不動産会社が落札して、転売したみたいですが、この会社、どう考えても臭すぎますね。

グリーンピアと、ザルみたいな住宅融資事業がともに大失敗巨額の大損害1兆3000億円

この記事が非常に気に入ったようでコメントを異常に書き込みする者がいるのでリクエストにお答えして再投稿です。

グリーンピアと、ザルみたいな住宅融資事業がともに大失敗巨額の大損害1兆3000億円

http://blog.m-ken-net.com/blog.php?y=2007&m=6&d=7

社会保険庁解体で問題点が続出

先月の5月25日、「消えた年金問題」で、安部総理と民主党が衆院厚生労働委員会で激突した。

社会保険料を支払い続けたのに、社会保険庁のミスで、その記録が消えて、年金受給額が減ってしまった。

永田町に衝撃的な事件が起こった。

現職大臣の自殺。

松岡大臣が自殺した本当の理由は?

林野庁OBの松岡元大臣は農林関係の重要ポストを歴任した林野行政のエキスパートであった。

当選を重ねることに集金力もパワーアップした。

毎年、集める政治資金は派閥の中心クラスであった。

それだけに献金に絡んだ疑惑もたびたび浮上した。

2002年には鈴木宗男衆院議員に賄賂を渡した製材会社「やまりん」から2000万円の献金を受け、東京地検の事情聴取を受けている。

また、2005年の再選当時には、4人の地元関係者が買収容疑で逮捕された。

さらに、農林水産相就任直後にも、福岡県警が出資法違反容疑で家宅捜査した福岡市のコンサルタント会社の関連団体から、パーティー券代金100万円を受け取って、収支報告書に記載していなかった事実も発覚。

そんな矢先に、緑資源機構談合事件の関係者の一斉逮捕

5月18日に地元講演会の元幹部が自殺した。

さらに、松岡大臣が自殺した翌日には、緑資源機構の前身である「旧・森林開発公団」元理事も自殺した。

こうなると、ただ単に光熱費問題や緑資源機構の談合事件が自殺の原因とは誰が見ても考えられない?

松岡には女性問題でヤクザとトラブルがあった。

しかし、この件も以前にカタがついていたはずである。

今回の松岡大臣にからみ関連する人物が他にも二人も自殺して、合計3人も同時期に自殺と言う不可思議な死を遂げている。

M総合研究所は今回に事件にはもっと大きな巨悪がかかわっていると分析している。

それは

緑資源機構事件の舞台となった林道整備・設計業務の年間受注額は、たかだか7億円程度だ。

この程度の金額では、通常は公正取引委員会の行政処分で処理されるのが通常だが、公取が告発したか?

今回の緑資源機構の談合事件は本丸ではなかったと分析している。

http://blog.m-ken-net.com/blog.php?y=2007&m=6&d=4

その本丸事件とは、、、

そのキーワードを下記にクローズUPする。

-----------------------------------------------------------------------------

緑資源機構談合事件の関係者一斉逮捕後に松岡大臣の地元講演会の元幹部が自殺。

松岡農林水産大臣自殺。

松岡大臣自殺の翌日に「旧・森林開発公団」の元理事自殺。

農林水産省

緑資源機構「旧・森林開発公団」

林野庁OBの松岡

厚生年金機構

グリーンピア

年金不明金問題

-----------------------------------------------------------------------------

M総合研究所を訪れる方には今回の事件の本当の理由が先に上げたキーワードと↓のリンクの内容を見ればピンとくるよ!!

松岡大臣自殺とグリーンピアの不思議な、、、?

全国のあちこちに建てた養施設のグリーンピアと、ザルみたいな住宅融資事業がともに大失敗巨額の大損害を出していた。いままで、隠していたその金額をまとめてみたらなんとそれが1兆3000億円

わかるかな!?国有林を開発した施設は農林水産省が管理することになっているのですよ!!

なぜ?地検特捜はこの本丸に切り込みを入れないのか?

闇の組織」が関与している可能性がある!!

先般のブログにも書いたように「りそな事件」と同じようなことが起こっているよ!!

http://asyura2.com/07/bd49/msg/343.html

日本を食い物にしているために日本の売国者がそれらのパワーゲームの生贄になったと見る見方があるのでは?と感じたよ!!

-----------------------------------------------------------------------------

黒龍会と満鉄と古歩道より

ベンジャミン・フルフォード 熊本講演 8/27(金)19時~

山口組と五菱会をもう一度

いかがでしょうか?

このようにM総研は「魂の振動」を阿修羅に放ってきた

そのおかがで、2008年2月6日電磁波攻撃を受けたことがある

不思議な現象 より

-----------------------------------------------------------------------------

とうとう頭がおかしくなったのか?と感じた。

昨日、の深夜、寝ているときに突然に眉間の真中より少し上のとこになにやら意味不明の文字があふれてきた。

記号みたいな見たこともない文字のようなものがあふれてきた。

すると、聞いたことがない異音が10秒ぐらい聞こえた

しばらく、その眉間にあふれてくる見たこともない記号のような文字に意識を集中して、呼吸を整えていると、その意味不明の文字と異音が消えた。

時間にして、意味不明の記号のようなものがあふれてから約20秒ぐらいだったと思う。

もしかしたら久々にまたUFOか!!と期待を含ませて窓の外を見たが何もなかった。

うううんんん???・・・・

なんだろう・・・

スパ・リフレでのクロック音とも違う。

また、以前にも書いたブログを書いている時に受けた右耳の音とも違う。

とうとう、僕の頭がおかしくなってきたのか?

いや、すでにおかしいのかもしれない。

でも、自分では至って普通であると確信はしている。

この昨日の不思議な体験があったので、阿修羅に僕のUFO遭遇のクリップを投稿することにした。

-----------------------------------------------------------------------------

このようにM総研の「魂の振動」に共鳴された方が僕のキチガイの戯言を広めてくれている方々が多くなっている。

↓この方もそのひとりです。

株の裏 アメリカの「対日洗脳工作」が完了する日より

-----------------------------------------------------------------------------

2006年版の『日米投資イニシアティブ報告書』では,医療と並んで,教育も重点分野に挙げられた。私たちの生活の根幹であるはずの「公」の分野が,米国が指令する「構造改革」の名のもとに,カネ儲けをしてもよい「私」の分野に移し替えられる。本書は,こうした実態を詳細にわたって告発するばかりでなく,軍事と宗教原理主義に傾斜する洗脳国家・米国の正体をも解き明かす。冷静な筆致で平易に核心を突く著者の文章は,前著に続き,説得力がある。

この本には衝撃の事実が記されていた。それは、9.11事件の首謀者オサマ・ビン・ラデンカーライル社とブッシュ大統領のパパが深く関係していたことが紹介されている。



さらにP90から「国家を取り込む巨大投資ファンド」の章より「カーライル・グループ」という投資ファンドがある。1987年に創設され、運用資産419億$、670人ものスタッフを抱えて世界最大の「プライベート・エクイティ・ファンド」だ。

カーライルはそもそも設立以来、年率30%以上もの驚異的な配当を実現してきた。(すごい数字)

カーライルのHPによると、2005年の時点で、設立依頼、堺15カ国において500件の投資実績を持つ。製造、エネルギー、ヘルスケア、テレコム、メディア、運輸といった業種を中心に、買収、育成、証券化、高利回り債券の発行といった各分野において、投資活動を行い、グループの投資先で約460億$以上の売り上げ高となり、従業員総数は18万人以上にもなる。

ここでいう「プライベート」ととはパブリックの対立概念であり、「公」に開かれた組織ではなく、少人数の会員による閉ざされた「私的組織」を指す。「エクイティ」というのは、まだ上場されていない企業の未公開株を購入・転売することで、利益を生み出すことを指し、銀行や年金基金といった機関投資家、そして一部の大金持ちが会員となって、このファンドに出資する。要するに、金持ちだけの閉ざされた閉鎖的クラブである。

非常にプライベートな組織であり、出資者もプロ集団だから、そいんばファンドが損失を出しても、出資者の自己責任として処理される。従って、公の救済処置は講じられない。公の救済を受けない約束であるので、こうしてプライベート・ファンドは出資者の名前も運用先の詳しい情報も、金融当局に報告する義務はない。あくまでも秘密裏に運営され秘密裏に利益配当が行われるのだ。

カーライルの業務は、未公開企業に投資するプライベート・エクイティ・ファンドを、個人富裕層や期間投資家に販売するというものだ。未公開企業の株を買い、高額になったところで売る。未公開企業の株を相手にしているので、証券管理法の制限を受けない。その投資対象は航空、国防、電気、通信、など政府の政策に大きく影響を受ける産業が中心である。つまりカーライルは、政治・国防・企業という「鉄の三角形(アイアン・トライアングル)で張りめぐらされたネットワークを形成し、その三角形に国家をも取り込んでいるのだ。

本拠をワシントンに置くカーライルの顧問にはメジャー元英国首相カール・オットー・ペルー元ドイツ連邦銀行総裁(ヨーロッパ中央銀行の規約作成者)、エーバーハルト・フォン・クーエンハイムBMW取締役委員会代表フィデル・ラモス元フィリピン大統領アナン・パンアラチュン元タイ首相朴秦俊元韓国首相(韓国自民連合総裁)などが顔を並べる

顧問には共和党・民主党の大物が名を連ねる

カーライル・グループの創業者は、民主党カーター政権で大統領顧問だったデービッド・ルービンシュタインである、会長はフランク・カールッチである。カールッチは子ブッシュ政権下の国防長官ドナルド・ラムズフェルド、レーガン政権下の国防長官キャスパー・ワインバーガーと同窓である。

カールッチは共和党ニクソン政権が成立すると、ワインバーガー厚生・教育・福祉長官の下で次官を務めた。フォード政権下まで歴任し、民主党カーター政権下でCIA副長官を務めた。入れ替わりになるが、その前の年までは父ブッシュがCIA長官だった。

その後カールッチは共和党レーガン政権の成立と同時に、ワインバーガーの下で国防副長官に就任する。一九八六年、国家安全保障担当の大統領補佐官としてホワイトハウスに入る。一九八七年、ワインバーガーの国防長官辞任に伴い、後任の国防長官に就任する。
そして父ブッシュ政権下でも国防長官を務めた。国防長官引退後、彼はカーライルに正式に入社したが、現役時代からカーライルと関係を持ち、CIAペンタンゴン(国防総省)にカーライルが食い込むことに貢献したキーマンでもある、といわれている。

父ブッシュ政権下で国防長官を務めたジェームズ・バーカーも同社の上級顧問である。その他、リチャード・ダーマン(父ブッシュ政権下の行政管理予算局の長官)、アーサー・レビット(クリントン政権下のSEC=証券取引監視委員会の委員長)、ウィリアム・ケナード(クリントン政権下の連邦通信委員長)など、各政権で要職にあった人物が所狭しばかりに顧問職に名を連られている

さらに子ブッシュは一九八九年から九四年まで、カーライル・グループの理事として就任していた。父ブッシュも大統領を辞めた後、カーライルのアジア担当上級顧問だった。

一九九七年の韓国通貨危機を経て、カーライルは韓美銀行の支配に成功したが、当然、父ブッシュが利用されただろうと推測される。この間、父ブッシュは韓国の政財官の実力者たちと、積極的に交渉していたと言われる。

http://www.sj-ri.co.jp/issue/quarterly/data/qt23keizai.pdf

M総合研究所の見解もまた同じ推測で韓国の通過危機でIMF介入で父ブッシュ通貨危機を意図的に戦略行使したと感じるのだ。

中丸薫女史も自著書でこの通貨危機を指摘していたが、、、

戦争、テロ、金融崩壊、彼らにとってはこのどれもが人類支配の道具であり、富を巻きあげる絶好の機会です。これらを周期的に繰り返し策動すると同時にパニックに陥った人々に偽の救いを提案するのです。国連もそうならIMFもそうです。韓国ではIMFが入って、民族資本の財閥がきれいに解体されてしまいました。韓国国民がこれから生み出す富は、税金そして利子という形で彼らに末永く吸い取られていくのです。このパターンに注意しなければいけません。

このことを田中字先生も同じように指摘している。

当初は、中南米諸国の経済の不安定さを改善するために考えられたもので、世界銀行やIMF、米財務省など、ワシントンにあっ ... 通貨危機後、タイや韓国の人々は自国がアメリカの経済植民地になることを恐れていた

さらにこの本のP79にはオリックスの会長の宮内義彦も対日洗脳工作の主要人物と推測されている。

この宮内会長といえば?先般の村上ファンドとの関係も取り上げられて不思議な保護を受けていたな?あれだけ世間を騒がせて国会証人喚問も自然消滅した???

明らかに米国の保護圧力がプンプンする!!

以前、村上ファンド事件で日銀・福井総裁は実質 購入銘柄を指示する立場だったといったことが週刊誌等に書かれていたけど、権力者どもがいかに私利私欲目的で相場を操っているかということがわかると思う。
しかも これだけの顔ぶれを見れば、そんなものどころの話じゃないw
まさに国家ぐるみ、というより世界ぐるみのインサイダー、市場操作に他ならない!

-----------------------------------------------------------------------------

ベンジャミン・フルフォード、闇の権力を語る 前編1-3

電磁波攻撃を受けるその前日にはキィーン・ウォン・ウォン・ウォンと言う首筋から胸元が振動する異音が起こり、額の眉間から黄金の記号があふれる不可思議な現象を起こった。

まさにキチガイの戯言であるが真実に勝るものはなにもない

このように僕は自分自身に実際に起こった不思議な現象を自身のボログで書き残してきた。

本当に不思議な体験と不思議な縁が数珠繋ぎです。

僕の名前は義光意識超光微粒素子する者という偶然な名前。

生年月日は12月24日のイエスの復活際

生まれた干支が

本日も朝から妄想テンコ森

2011年2月23日 (水)

ニュージランドで地震は先般の太陽フレアの影響

冒頭に、ニュージーランドで被災された方にお悔やみ申し上げます。

とうとう太陽による浄化の前兆が勃発したようだ。

巷では米国の超巨大火山(スーパーボルケーノ)と呼ばれるイエローストーン火山が噴火すれば世界的規模で最悪の事態になるといわれているが、なにやら?先般の噴火で誘発された地震のDATが消されているそうだ!!

飛行機事故とポールシフト

このニュージーランドの地震の「トリガー」となったのは先般も触れましたが、日本時間2月15日午前11時ごろに発生した、4年ぶりのXクラスの太陽電磁フレアの大規模な爆発が原因で人工衛星や無線にも支障が出来た太陽フレアが原因のようだ。

銀河の中心からくる膨大なガンマエネルギーが太陽に異変を来たし、強いては地球のコアにエネルギー干渉を与え火山にトリガー(引き金)が誘発される。

太陽フレアが発生した際に太陽風が爆発的に放出され、18時間足らずで地球に到達します。

その後に地球の地殻に高エネルギー粒子が蓄積され、臨界点に達したエネルギーはプレートに影響を及ぼすのであろう。

太陽風で運ばれた高エネルギー粒子

NZでM6.3の地震、複数の死傷者

ニュージーランドでM6.3の地震、懸命の救助作業続く

2月22日 AFP】(写真追加、一部更新)昨年9月にも大きな地震に見舞われたニュージーンランド南島のクライストチャーチ(Christchurch)で22日、マグニチュード(M)6.3の地震が発生し、これまでに65人の死亡が確認された。

 ジョン・キー(John Key)首相は、今後も死者数が増える恐れがあると発表した。

 米地質調査所(US Geological SurveyUSGS)によると、地震発生時刻は現地時間22日午後0時51分(日本時間同午前8時51分)で、震源はクライストチャーチ郊外5キロの深さ4キロ付近。

 地震発生時、昼食の時間帯でたくさんの人がいた市中心部は突如、がれきの山と化した。地震発生直後の現地テレビでは、オフィス街でパニックに陥った人びとが、潰れた車両の間を逃げまどう様子が放送された。警察によると現在は、市中心部にいた人は退避している。路面は亀裂が入ってめくれあがり、がれきに車両が埋もれている。

以前から何度もクローズUPしている東工大の丸山教授の提唱する「宇宙線と地震」に触れる必要があるようだ。

宇宙線と地震

2012年の予想図 その2

太陽フレア、ハイテク現代社会に大混乱及ぼす危険性

Ci110223074141

【2月22日 AFP】米ワシントンD.C.(Washington D.C.)で開催された米国科学振興協会(American Association for the Advancement of ScienceAAAS)の年次会合で19日、強い太陽風によって人工衛星や電子機器が故障し、数週間から数か月も停電が続くような事態になる恐れがあると専門家たちが警鐘を鳴らした。

 日本時間15日午前10時56分、過去4年で最大の大規模な太陽フレアが発生し、放出されたプラズマ粒子が、秒速900キロの速度で地球に向かった。フレアは最大規模の「Xクラス」で、地球ではオーロラが発生したほか、一部の無線通信で障害が生じた。しかし今回影響を受けたのは、おおむね北半球に限られた。

 太陽は今後11年間、活発に活動する時期に入ることから、15日に発生したものと同様の磁気嵐が再び地球を襲う恐れがあるという。人工衛星システムによるコンピューター機器の同期や航空管制、通信ネットワークなど、ハイテク機器への依存を深める現代社会は、宇宙天気にますますぜい弱になっており、大混乱に陥る可能性もあると専門家たちは指摘している。

■GPSや電力網に大きな影響も

「『もし起こるとしたら』という問題ではなく、『いつ』『どれくらいの規模で起きるか』という問題だ」と、米海洋大気局(US National Oceanic and Atmospheric AdministrationNOAA)のジェーン・ルブチェンコ(Jane Lubchenco)局長は語る。「前回の太陽周期の極大期は約10年前で、そのときの世界はいまとは非常に異なっていた。当時も携帯電話はあったが、現在ほど広くは使われてはいなかった。今、携帯電話はあらゆるところにある」

 欧州委員会(European Commission)共同研究センター(Joint Research CentreJRC)のディレクター、スティーブン・レヒナー(Stephan Lechner)氏は、現代社会をぜい弱にしている原因は衛星利用測位システム(GPS)だと述べる。GPSは、ナビゲーション用途のみならず、コンピューターネットワークや電子機器の時刻同期に活用されており、航空宇宙や防衛、デジタル放送、金融サービス、政府機関などでもGPSの利用は進んでいる。

 レヒナー氏は、「欧州だけでも通信事業者は200社ある。そして標準化がまったく進んでいない」と問題点を指摘する。各国政府は次の磁気嵐発生までに協力や情報共有の態勢を作ろうとしているが、次の磁気嵐はいつ発生するのか、その予測は難しい。

 米航空宇宙局(NASA)が2009年にまとめた報告書は、強力な太陽フレアの影響で高圧変圧器が破壊され、電力網がショートする可能性を指摘している。そのような事態になれば、米国内の復旧費用は発生後1年間だけで2兆ドル(約170兆円)に上り、完全復旧まで最高で10年かかるとしている。

映画「ノーウング」のシグナル・ノイズなのか?

映画【ノウイング】 飛行機事故

ノウイング

NASAが地球の磁気シールドに破れで太陽嵐の影響懸念

2012年太陽活動が極大期を迎え、地球大きな影響を与える可能性がある。太陽の黒点活動が活発になる時期を極大期、活動の小さな時期は極小期と呼ばれ、極大期はほぼ11年周期で訪れる。極大期は太陽活動が活発となり、太陽は明るくなる。極小期は活動が停滞し、太陽の明るさは減退する。

 極小期には地球の気温は低下すると言われ、17世紀にヨーロッパを襲った大寒波や、江戸時代の三大飢饉は極小期の影響だと言われている。極大期になると、太陽の表面に次々と黒点が現れ、太陽は爆発を繰り返し、巨大な太陽フレアと呼ばれる炎のうねりが発生する。その際に生じるエネルギーは、原子爆弾の数十億個分にも相当するのだという。
さらにNASAの予測によると、2012年の極大期は前回よりも50%以上もパワーを増したものであり、過去最大のものであると予測する研究者もいるのだ。

「太陽フレア」4年ぶりに観測 人工衛星や無線通信に障害が起きる可能性も

【火山ヤバイ】米イエローストーンでM4.6の地震 しかし直後になぜかその記録が消去される

【地学】米イエローストーンで地面が急激に隆起 3年で累積25センチも隆起した地点も

(保存版)太陽の異変と地球・火山・UFOと意識の変容

このように彼らは太陽や宇宙線で地球の火山や地殻に影響を及ぼす関連をUFOが調べているようなのです。

V-Shape UFO Formation Over Iceland Volcano 18/04/10 Not Birds, Animals Flee From Danger, Sky News

Iceland Volcano cam ufo Captured 2 april 2010 .

UFO Disc over Volcano Iceland 31 March 2010

UFO - Colima Volcano, Mexico, 1987

2011年2月22日 (火)

おい前原!君が国交省大臣の時にシュワちゃんに貸した2兆円、まさか返ってこないことないよね!

民主党の内輪もめで喘ぐ国会

消費税値上げで党内ゴタゴタの裏は以前から小沢は消費税率を上げることに反対を貫き通している。

原口元総務大臣そのまんま淫行芸人部落出路大阪知事との連合画策

大阪府知事は大阪の財政の見直しで相当ガンバッテ来たが、しかし府政の財政を圧迫している肝心な部落差別に関する大阪府の財政はほとんど削減されていない。だから原口さん大阪知事と組まない方がよい。

政権維持は絶望の民主豪華客船は沈没マジカ!?

シュワチャンは元々は闇の政府のお雇いですから、この2兆円略奪は仕組まれた猿芝居なのは、あたり前田のクラッカーだ。

記者クラブという談合メディアの実態

エジプト北アフリカのチュニジアで相次ぐ政府への講義市民デモは真実を知った市民達の講義デモだ。

菅総理大臣退任の市民デモ

Ci110222072447

菅直人首相の退陣を求める声は街頭にまで広がった。市民400人が20日、都心でデモ行進したのである。主催は「権力とマスコミの横暴をただし人権を守る国民の会」。「検察審査会問題」を糾弾し「記者クラブの解体」を訴えている会だ。デモはこの日で6回目となる。

 「菅首相退陣」を唱えるのは、菅政権誕生の経緯が「検察・記者クラブ」と密接不可分だからだ。首相選びともなる昨年9月の民主党代表選挙で菅氏を勝利に導いたのは、無理筋を承知で小沢氏立件に突き進んだ検察と「反小沢キャンペーン」に血道をあげた記者クラブメディアである。

http://www.asyura2.com/11/hasan71/msg/148.html

米フロリダ州のスコット知事は16日、フロリダ州・タンパとオーランドを結ぶ路線135キロの高速鉄道の建設計画を中止すると発表した。雇用創出を急ぐオバマ政権の目玉事業の一つだが、採算があわないと判断した。オバマ大統領は、全米1万キロ以上の高速鉄道建設を唱えたが、本当に鉄道が成り立つのかという懸念はあった。

JR東海を中心に、同州への新幹線技術の輸出を目指していた日本連合にとっては打撃となる。

2010年9月、退任直前米カルフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツエネガー氏が来日し、アメリカを横断する高速通勤鉄道(新幹線)の建設誘致計画もちかけ、まんまと日本政府から2兆円を貢がせた そもそも米カリフォルニア州の財政赤字は1兆3386円といういつ破綻してもおかしくない経済状態で、アメリカ全州の中でもぶっちぎりのワーストワンだ。自州の公務員400万人の給与支払冴え滞っている状態だそうだ。そこでオバマとシュワちゃんはそうだ!日本に我々の公務員の給与を払ってもらおう!と意気投合し来日したのだ。財政状況をみると、インフラ整備など拠出できる状態でないのだから、彼らは最初から通勤用高速新幹線などを建設する考えも目的もなかったのではないかと推測できる。 しかし日本政府は、まんまと彼ら口車にのり、気前よく2兆円をポンと貢いだのだった。

そしてこの交渉の窓口となったのは、アメリカの言いなり代表「前原誠司と悪の親玉JR東海会長「葛西敬之」。この二人は何の担保価値もない紙屑同然のカルフォルニア州債を2億円で買ったのだった。

日本が献上した2兆円は、速攻で不払いとなっているカリフォルニア州全公務員400万人の給与支払いにありがたく使われたそうだ。 この献金の2兆円は財務省の特別会計(埋蔵金)から捻出したので、一般市民の眼に触れることがないお金だ。石井紘基氏も指摘していたが、売国マフィアといわれる財務省官僚は、我々の知らないところで大切な税金を、アメリカや天下り企業に貢いでいる。

このような無駄な散在をしておいて、国民の誰もが望んでいない「消費税値上げ」を導入することはとんでもない暴挙だと思う。 あらためて、日本を統治しているのは売国マフィアの官僚組織だと思う。そして我々が選挙で選んでいる国会議員はただの特別公務員であり、憲法一つとっても改正したことがない組織だと感じる。政治組織が憲法を改正するだけの力があるのなら、とっくに憲法を改正して独立国家になっていたはずだからである。

前原さん!!

2兆円あればこんなことに利用できるんだヨ!!

Energia słoneczna - Space Solar Power Systems (SSPS) Napisy PL

2兆円!? 日本の宇宙太陽発電システム(SSPS)開発に海外も大注目

Ci110222181411

日本が2兆円かけて宇宙にソーラーパネル浮かべて、29万4000世帯分の電力を地球にビームするらしいよ。送電線も通さずに。すごいね。みんながんになりました...なんてことならないよう計画の無事成功を祈ってます。実験台になってくれてありがとう!」

...とアダム記者が軽~いノリで紹介したのは、日本経済産業省と宇宙航空研究開発機構(JAXA)主導で三菱重工など16社から成る研究チームが開発を進めている「宇宙太陽発電システム(SSPS : Space Solar Power System)」の話。三菱電機とIGI社の参加表明を伝える1日のニュースをきっかけに、海外でもだいぶ注目されてます。

米ギズのコメントを見ると、がんの心配よりも話題になってるのは「軍事利用の懸念」...。0.7の文明人にそんな余裕ないと思いますけどね。

ブルームバーグに載った詳しいお話も訳しておきましょう

2011年2月21日 (月)

太陽風で運ばれた高エネルギー粒子

2012年地球滅亡の真相

NASAが地球の磁気シールドに破れで太陽嵐の影響懸念

2012年太陽活動が極大期を迎え、地球大きな影響を与える可能性がある。太陽の黒点活動が活発になる時期を極大期、活動の小さな時期は極小期と呼ばれ、極大期はほぼ11年周期で訪れる。極大期は太陽活動が活発となり、太陽は明るくなる。極小期は活動が停滞し、太陽の明るさは減退する。

 極小期には地球の気温は低下すると言われ、17世紀にヨーロッパを襲った大寒波や、江戸時代の三大飢饉は極小期の影響だと言われている。極大期になると、太陽の表面に次々と黒点が現れ、太陽は爆発を繰り返し、巨大な太陽フレアと呼ばれる炎のうねりが発生する。その際に生じるエネルギーは、原子爆弾の数十億個分にも相当するのだという。
さらにNASAの予測によると、2012年の極大期は前回よりも50%以上もパワーを増したものであり、過去最大のものであると予測する研究者もいるのだ。

では、極大期になると地球にどんな影響があるのだろうか?地球から遥か、1億5000万キロのところにある太陽、その大きさは地球の約109倍もある。太陽は75%が水素で構成されているガス状の星である。太陽の内部は原子核同士が衝突、核融合を起こして莫大なエネルギーを発生させている。

 黒点とは、太陽の中で強力な磁場を発生させている場所である。黒く見えるのは磁場によってエネルギーを閉じ込めており、周囲より温度が低くなっているためである。

 太陽の表面に黒点が増加すると、太陽の磁場が乱れ、封じ込めていたエネルギーが爆発、多くの太陽フレアが発生、『太陽嵐』という太陽エネルギーの嵐が起こる。太陽が表面爆発を起こした場合、秒速1000キロメートルを超えるスピードでプラズマや宇宙線が放出される。地球上でもその影響で磁場が乱れ、大きな磁気嵐が発生する。

そして2月14日に太陽は4年ぶりの黒点の活発が発生して地球への電波障害が起こった。

Space Weather FX: Epsiode 3

磁場は表面から荷電粒子を偏向による太陽風で運ばれた高エネルギー粒子の降り続く雨から地球を保護することができます。いくつかの研究は、地球の磁場は、より複雑な生命が開発できるように、太陽の最も有害な放射線からの早期の生命を保護していることが示唆されている。

NASA | THEMIS Discovers Biggest Breach of Earth's Magnetosphere

強力な太陽嵐で2012年に大停電? 対抗策は

2012年に世界が終わる――こう聞いたら、マヤ文明の予言の話だと思うかもしれない。しかしこの恐ろしい予測は、マヤの民でなく科学者が行なったものだ。米航空宇宙局(NASA)が招集した研究チームが昨年発表した報告書には、太陽嵐が壊滅的な被害をもたらす可能性に関連して、そんな身の毛もよだつシナリオが記されているのだ。[2012年人類滅亡説は、マヤ文明において用いられていた暦の一つが2012年12月20日に一つの区切りを迎えることから連想された、オカルト的な終末論の一つ]

太陽の異変

「地球に到来する宇宙線」が増大:太陽活動と関連

聖白色同胞団の本当の目的

2012年の予想図 その2

Echan Deravy in TV-show - Mr.2012- エハン・デラヴィ

2011年2月18日 (金)

宇宙人はなぜ?地球に来ているのか?

優しい宇宙人-秋山眞人

地球人は、宇宙に対して絶えず強烈な思念を送っているらしい。だが、その内容としては、「苦しい」「悲しい」といったものが多いようなのだ。それをキャッチしたヒューマノイド・タイプの宇宙人としては、地球人を放っておけないのである 。

このように僕がスパ・リフレで「貨幣制度への虚しさ」が込み上げてきた瞬間に小型UFOが2機出現して僕の意識を読み取ったことが理解出来るのです。

なぜ?私が生まれてきたのか?」と真剣に考えた時期があった。

そして、「なぜ?不思議な体験が起こるのか?」と

Introducción Conferencia Jaime Maussan

人類より次元が高い彼ら人間の想念を感知します。

想念意識超光微粒素子光の振動波動感知します。

これは事実です。

UFO研究家のAさんはUFOの撮影に成功されているが自身は「直接UFOから何がしかの影響を受ける」体験していない。

ここが僕とAさんの大きな違いです。

Aさんは海外のUFO研究家とも交流があり、自分の足でボランティア精神でUFO研究を地道に真面目に膨大な資料(ゴミ)をせっせと集めては、ありったけの知識をまとめてお金儲けの為に本を出す。

日本国内でも貴重な獣人である。

何が?違うのか?

波動かもしれない。

意識=超光微粒素子の違いと言うか?

これは自慢でもなんでもない。

事実なのです。

UFOを見た体験と

UFOから直接、脳が振動する異音を受ける体験と

では、全く違う体験なのです。

つまり、UFOから直接的にエネルギーのようなものを関与されると、まさにキチガイの戯言なのです。

つまり想念を波動のように感知する高次元の存在は、人間の意識を感知する出来るのです。

あんでるせんの久村さんから「あなたの波動が普通の人より強いのでUFOと遭遇された。また波動の強い方はよくUFOと遭遇されるようです。」と言われたのです。

あなたは信じれますか?

では!「その証拠を出せ!」と言われてもその証拠がないのです。

だからキチガイの戯言なのです。

神坂新太郎さんも、高橋稔さんも、木村さんも、その他UFOに搭乗させられたと言う多くの人物には証拠など有りません。

僕は別にそのような証拠が本当に必要なのか?とも素直に感じます。

偽ることの出来る「言葉」や「活字」などの媒体は「彼らには通用しません。

だからゴミばかり集めてマスターベーションしても精神的な向上は出来ません!!

やたらとマスコミに露出しては「お金儲け」の為にありったけの知識をぶちまけてマスターベーション(自己満足)して、やたらと中身のない本を出している輩が多い。

中には自分も知らないことを「コジツケ」ては知ったかブリで一躍UFO研究のカリスマの如くキャラクターとしてイジラれては喜ぶ、まるで「サド」と「マゾ」のように自分本人も観客も面白がるテレビ業界のUFO番組プロデューサーやスタッフとバカな視聴者には、ドドスコ・ドドスコ・ラブ・カンチョー!!

純粋な想念=想いがテレパシーのように通じるのですから

でもこれは事実なのです。

この部分をUFO研究する上で理解していないとAさんのようにゴミばかり集めてマスターベーションすることになるのです。

だから個人の想念が如何に重要なのか?問われることになるのです。

このように人間は全て想念を出して個人から出発している M総合研究所

良い想念を出さなければ良い未来は訪れない。

あらゆる情報を分析するM総研: 松果体とスピリッチュアル

エハンさんも指摘している通り、このようなドドスコ・ドドスコ・ラブ・カンチョーされる輩には「浄化がある」と. それは個人個人がどのように受け止めよい想念を出すのか?にかかっている。 ...

すくなくても森達也はUFOや超能力をまるで「サド」と「マゾ」のようにドスコ・ドドスコ・ラブ・カンチョーされる視聴者受けるするプロデューサーではない。

森達也『職業欄はエスパー』(1/2)

森達也『職業欄はエスパー』(1/3)

森達也『職業欄はエスパー』(1/4)

森達也『職業欄はエスパー』(1/5)

森達也『職業欄はエスパー』(1/6)

<七田式メソッド>

2011年2月17日 (木)

黒龍会と満鉄と古歩道

先般、古歩道の福岡講演の動画をクローズUPしたダス。

ベンジャミン・フルフォード 熊本講演 8/27(金)19時~

そのビデオには黒龍会のことに触れていた。

日本松林寺拳法の創始者である宗道臣(中野益臣)は内田良平が主宰する政治結社「黒龍会」の付属道場「天真館」では、「自剛天真流」と「講道館柔道」の双方を指導した

少林寺拳法

戦前後紅卍教大本教出口王仁三郎黒龍会との関わりは有名である。

偶然だが、この少林寺の師範になると昔は少林寺の胸元の卍が赤にあるのです。

少林寺拳法 (shorinji kempo) 柔法 三角技法 森道基 表・裏投

なにもご存知ない方はこのウサンクサイ秘密結社のようなものが実在するのか?と疑問に思われるでしょうが

しかし、この黒龍会は実在するのです。

そして満鉄とも関係があるのです。

満鉄とは当時の日本のスパイ最高機密機関であるのです。

そのことが草柳大蔵先生の実録満州鉄道調査部に記されている。

実録満鉄調査部

そして満鉄には、かつて少年期に私が修行した日本松林寺拳法の創始者の宗道臣が特務機関で日本の為に命をかけて任務にあたっていた。

これも不思議な縁だがオイラが少年期に四国の本山で宗道臣右翼のドンと言われる笹川良一とのやり取りを直接この目で見た。

【笹川良一】1981年少林寺拳法全国大会

「CIAの対日工作」より大物右翼はCIAの協力者であった。


大物右翼はCIAの協力者であった。

処刑されたA級戦犯者の間の生死を分けた一線はなにだったのだろう?

答えは「秘密のファイル・CIAの対日工作」、著書 春名幹夫の著書のP257から明らかにされている。

その本によると児玉笹川は戦後GHQからCIAの情報協力者として命の引き換えとして利用されたと秘密のファイルに明記されている。

秘密のファイル〈上〉―CIAの対日工作

アメリカ―CIAは、日本に対して何をしてきたのか。戦前・戦中の情報戦、占領期のキャノン機関、児玉誉士夫、笹川良一の活動など、昭和史の転換点には、つねにアメリカの情報工作があった。米国立公文書館に眠っていた膨大な機密書類の発掘とその分析、そして関係者多数の証言から、アメリカによる対日工作の実態を浮かび上がらせる。歴史上の疑問と疑惑に答える日米関係裏面史。

↓に宗道臣にまつわる記事がある。

【特務機関】少林寺拳法創始者 宗道臣について2

日本少林寺拳法の振動共鳴と不思議な縁

そして何百人といる四国の多度津の金剛禅総本山の日本少林寺拳法の有段者の試験に来ている拳士や参観父兄なのどの前で迎賓挨拶をしようとして、もたもたしている笹川良一に宗道臣は「笹川君はやく祝辞を述べたまえ」と恫喝したのです。

日本広しと言えどもあの右翼のドン笹川良一をクソミソに恫喝出来るのは宗道臣ぐらいと泉州尾崎道院の私の恩師マスター新保が言っていた。

僕が少年拳士の少林寺の修行で座禅で七分呼吸ををマスター新保から伝授してもらっている時に「七分呼吸とは一旦吸い込んだ息を丹田まで下ろして10分の内7分をゆっくりと吐きながら3分を残したまま再度、7分の息を吸い込み再び丹田に下ろす」と教えられて子供ながらにして、その丹田に下ろす方法が全く出来なった。

単純な僕はマスター新保に「新保先生!丹田に息を下ろすにはどうすれば出来るのですか?」と幾度なく質問した。

おそらくマスター新保は忘れていると思うが、僕はうまく丹田に下ろすことが出来ないで精神統一が出来ずに子供ながらに自分に納得できないでいた。この少年期の修行で僕は七分呼吸で息を丹田に下ろす方法を会得した。

この体験があるからスパ・リフレでサウナの中で瞑想して丹田呼吸をしたときに意識が共鳴したのだろう。

この時の様子は以前のブログでも書いている。

この少林寺拳法は映画にもなった。

映画『少林寺拳法』ダイジェストfull-Shorinji Kempo "The Killing Machine"

少林寺拳法・開祖宗道臣について・第一

少林寺拳法・開祖宗道臣について・第二

M総合研究所: 十四経絡七百八穴は電気的信号を発して振動して共鳴する

2008年1月9日 ... またM総合研究所を通じて自身が興味を持った参考文献の著書を何百冊と拝読して参りました。 .... 僕は少年期に日本少林寺拳法を習い、宗道臣から四国の少林寺本山で直接叱られて、笹川良一と宗道臣の関係を知った。

神坂新太郎の談話室

満州鉄道調査部には日本少林寺拳法の創始、宗道臣先生も調査員として隠密行動をされていたと聞いております。 また、私の過去に不思議なご縁で船井幸雄先生と最近、共同
出版されている副島先生とも以前、M総合研究所で「経済安全保障問題」をネットで ...

そして僕が、尊敬する少林寺の師範で5段の紀州白蓮の副道院長から宗道臣のことを酒席で伺ったが事実です。

このように僕はホントに不思議な縁と体験をしている。

スパ・リフレで少林寺で会得した瞑想法の七分呼吸で丹田に息を思いっきりため込んで瞑想していると突然、貨幣制度の虚しさが込み上げて来た。

その瞬間に小型UFOから脳が振動する「ギュルル・ギュルル・ギュルル」と言う異音を受けた。

僕はこのM総合研究所を通じて自分が体験してきた事実のことを魂の振動として真実を残して来た。

僕は、本当に偶然の上に偶然がかさなり、不思議な縁と不思議な体験がこのように数珠繋ぎなのです。

2011年2月16日 (水)

祈りの重要性

新作映画「祈り~サムシンググレートとの対話~」 より

サムシンググレートとは、筑波大学名誉教授であり、遺伝子学者として世界的な権威を持っている村上和雄先生がつけた、遺伝子を書いた存在の名称です。

村上先生は、伝子を研究していく中で、遺伝子というものが、明らか何者かによって書かれていることに気づきました。

その「偉大なる何か」をサムシンググレートと名付け、今では創造主の呼称として一般的になっています。

今回の映画は、その村上先生が「祈り」の効果について、科学を超えた世界を語っていく映画となっているようです。

映画が公開される頃の世界や日本は、大激変の真っ最中であると思いますが、そんな時代にぴったりな映画であると思います。

良い形でこの映画の認知も広まれば、きっと何かに気づいた人類の集合エネルギーが、次の時代を切り拓いていくと思います。

映画「祈り」予告編

映画「祈り」メッセージ

水に祈る 16対9avi

<新作映画「祈り~サムシンググレートとの対話~」!>
祈りが世界を変える・・・。

祈りは長い間、宗教の世界の事と考えられてきた。しかし、今、「祈り」の研究がアメリカをはじめ先進諸国で盛んにされている。

ハーバード大学のハーバード・ベンソン教授は「祈り」が呼吸数、心拍数、二酸化炭素排出量、酸素消費量の抑制を確かめ、ガンや糖尿病、不妊症など病気に効果的に働くことが確かめられているのだ。

この「祈り」が人間にどう影響するのか?「サムシンググレート」提唱者、筑波大学名誉教授村上和雄氏が語っていく。人間の根源に問いかけるそんな映画がこの作品である。

<サムシンググレート提唱者、村上和雄氏出演!>
サムシンググレート」提唱者遺伝学者村上和雄氏のドキュメンタリー映画。
不食の時代」「魂の教育」「ストーンエイジ」の白鳥哲監督が世に問いかける新作。

江本勝さん・意識と言葉 ~波動アストレアが5次元世界へと導く

message from water

2011年2月15日 (火)

中国軍幹部の令嬢ら「銀座ホステス」に 政官財トップ出入り…スパイ説も

だから中国は救われない。

M総研の尊敬する原先生の娘さんが書いた本です。

原先生の娘さんは中国では有数の弁護士事務所の北京中倫国信管理顧問事務所の社長の奥さんで、中国で弁護士を何十人も抱えている有名な弁護士事務所で日本法人もあります。

その原先生の娘さんが結婚する前に書いた本です。

この本を出版するやいなやナント!!信じなれない事に中国公安の妨害を受けていたのです。

その中国公安のイヤガラセが卑劣極まりない事情を原先生から直接聞いたことがある。

そして気になるニュースが発信された。

中国人民解放軍の幹部らの複数令嬢が、東京の銀座や新宿のクラブに勤めていると言う。

これらの時事は貨幣制度の番人が「次の大国は中国とロックフェラーが決めた」ことにある。

次の超大国は中国だとロックフェラーが決めた〈上〉技術・諜報篇

中国の成長は計画的に育てられていた!日本人の知らない衝撃の真実が明らかに!!―副島隆彦のアメリカ研究の最新の成果。

レビューには面白いコメントが多数ある

だから中国は救われない―「在中日本人」にしか語れないここだけの話

中国人の夫と北京で暮らす日本人女性を仰天させた“スーパー大国”の裏側とは?主婦の視点で書かれたトンデモ・リアルな現代中国事情。 大躍進の陰に潜む崩壊の足音、経済発展と裏腹な公衆道徳とマナーなど、主婦の視点で書かれたリアルな現代中国事情。

中国軍幹部の令嬢ら、日本で謎のクラブ勤め…スパイ説も より

中国人民解放軍の幹部らの複数令嬢が、東京の銀座や新宿のクラブに勤めていることが、在日中国人社会でひそかな話題となっているという。金銭的には余裕があるはずだけに、その目的や真意について、「日本の政財官界に特別なコネクションを構築している」から「スパイ説」まで、さまざまな憶測が飛び交っている。

 「数年前から目立ち始めました。軍幹部の娘がホステスというのは普通ではない。女優のような美人もいるとか。私の周囲も『お金持ちが、どうして…』と首をひねっています」

 こう語るのは、日本国内で「月刊中国」を発行する鳴霞編集長。

 関係者によると、銀座のクラブに勤めているのは20代の中国美女。店では素性を隠しているが、父親は中国人民解放軍の地方軍区司令官か副司令官だとされる。同店には、日本の政財官界のトップクラスも訪れるという。

 中国で軍幹部といえば、特権階級。司令官とすれば少将以上で、ある資料では、月俸約2万元(約25万円)。これに衣食住に関する多くの手当てが加算されるため、「相当裕福です。家族も何不自由ない暮らしができる」(鳴霞氏)。ちなみに、中国・上海での平均月収が約4万6000円というから、その厚遇ぶりがよく分かる。

 そんな令嬢たちが、なぜ、日本でクラブ勤めをしているのか?

 元公安調査庁第2部長の菅沼光弘氏は「中国の独特な諜報(スパイ)活動の実態を知る必要がある」といい、こう続ける。

 「007のような優秀なスパイを個々に育てる米国や英国、ロシアなどと違い、中国では普通の人々が、世界中のいろんな所に潜り込んで雑多な情報を集め、それを本国で分析するスタイルをとっている。中国人が留学や就職で出国する場合、国家安全部から『すべての情報を上げろ』『国家に協力しろ』と強い指令を受けることがある。今回の令嬢たちが、同様の指令を受けていても不思議ではない」

 つまり、美人ホステスが、ある日突然、スパイとなる可能性があるのだ。

 そのため、在京の公安関係者は、財界やマスコミ界幹部の知遇を得て、事業展開している中国人ホステス数人について、「監視対象にしている」と明かす。

 こうなると、「美しい薔薇には要注意」という気持ちになるが、前出の菅沼氏は「世界最先端の技術を研究する大学や企業に入り込んだ中国人の方が怖い。最先端技術が奪われれば、日本経済が致命的ダメージを負う可能性がある」という。

 米国では、2009年だけで、米司法当局が捜査に着手した中国絡みのスパイ容疑事件は、なんと400件を超えたという。

 スパイ防止法などの法整備の遅れから、日本は世界中から「スパイ天国」と揶揄されている。中国にGDP(国内総生産)で抜かれた今こそ、自らの足元を見直すべきだろう。⇒【中井洽国家公安委員長、銀座ホステスと密会】

1/2尖閣衝突;中国の最終目的は日本併合、元防衛庁研究室長が警告

そして先般の尖閣諸島の問題が勃発した。

尖閣沖 衝突映像 流出 まとめ 3/3(みずき衝突1:17)

スパイと公安警察-ある公安警部の30年

KGB、CIA、北朝鮮工作員・・・・・・
スパイ天国東京に蠢く各国情報機関員を、日夜追いかけるはみ出し捜査官。
組織に対する屈託を抱え、神経を病み酒浸りになりながらも職務を遂行するハードな日々。
警視庁公安外事一課、内閣調査室国際部勤務時代のエピソードを中心に、捜査の日常が淡々と綴られた異端の公安捜査官の独白。

中国当局による残酷な拷問の末に37歳女性死亡!

グーグル攻撃 中国中央が指示――実名が暴露される

それにしても中国の発展ぶりといい宇宙計画といい、これらの大国の裏には宇宙人がバックについているので強気でごり押しをしているのか?

ここで注視しなければならないことがある。

それは「宇宙基本法案」が可決されている重大な問題を忘れてはならない!!

宇宙軍拡競争に日本を引き込む宇宙基本法案に反対 日本科学者会議京都

宇宙戦争:米中露の宇宙空間での軍拡競争 (1) (RTR)

またまたこの記事を明日の祈りの記事と差し替えしたとたんにインターネットが切断された!!

最後に先般も逆クローズUPした福田本道さんがM総研の魂の振動を阿修羅に放った記事をクローズUPしているものをここでもう一度振り返る必要がある!!

私の感性的には、「日本国内でテロが起こる」可能性が大

こんなことをWEBで平然と発信しているので電磁波攻撃を受けたり、自宅のPCがことごとくお陀仏になるのは自業自得でアタリ前田のクラッカーですが、これらは彼らと約束したのですから。

しかしこのようなことは失うものがなにもない一般人しか書けないのです。

まるで貨幣制度の番人を挑発しているかのようですが、僕は人類の為なら戦ってやると小型UFO通称「ディスク・スキャナー」を操る存在と約束したのです。

と今日も妄想テンコ森情報を発信。

2011年2月14日 (月)

掲示板炎上なるか?

掲示板炎上なるか?

と某掲示板に今日のM総研のこの記事をそのまま転記でもしようか?と思ってみたが利害関係に関わることはやめておこう!!

さわらぬ神にたたりなし。

吉祥姫の掲示板で誰もが思う疑問にSATO氏と天宮氏が武良さんに対する率直な考えを掲載している。

http://8726.teacup.com/kiti/bbs/4458 より

●●●●●●●●●●以下転記はじめ●●●●●●●●●●

SATOさんへのお返事です。

> ちなみに武良氏は何度もUFOを撮影しているとの事ですが
> まずVTRカメラを『UFOはスピードが早いのでシャッターは1/1万秒に設定』と、コメント。
> 従って肉眼で見えていない物体が映っていますが、どう見ても、昆虫では・・・??
> さらにUFOを呼び出す『ゆん、ゆん、ゆん』とみんなで合唱・・・
> UFOのエンジン音を出す事で同調するのだそうです。
> ここまでなめてかかられると、全員,神戸港で寒中水泳をやって頭を冷やした方が良いかも・・・

武良氏が独特の語り口調と表情で、30分ほどOUCで語ったビデオテープがあります。嘘をつくときの目のやり場など、学術的には参考になります。類似現象の比較にもなりますが、まあ実際、接近しないのが第一ですね。

http://8726.teacup.com/kiti/bbs/4459

●●●●●●●●●●以上転記おわり●●●●●●●●●●

このように誰もが思う率直な疑問が掲示板で発信されている。

M総研も武良さんが撮影されているUFOと言うものには確かに誰が見ても」だなと思われるものが多数あることは認める。

しかし検証され解明出来ない本物UFOもある。

また、本当にコンタクト出来るのらば「みんなが見ている前でUFOを呼んで見せて下さい。」と単純に思う。

TV番組とは「視聴者受け」するように加工編集されて「大げさに」に物事を過大表現するのが業界の常識なのです。

そのような「視聴者受け」する番組が蔓延することで本当にUFO問題を研究している真面目な方が失望するのです。

それが今回の発言のようだ。

僕も以前に、ブログに書いておりますが、武良さんにはそのような「視聴者受け」する番組には出ないでほしいのです。

武良さんのことを知らない方は「お金儲けの為」だと、大半の方は思われますがTV番組から出る、この手のUFO番組のギャランティーはスズメの涙ほどで下手するとTV局まで出向く交通だけや、映像提供の料金は数千円で場合によっては交通費の方がギャラより高くなるケースも多々あるのです。

実際に領収書を見せてもらったわけではないが事実だと感じる。

このUFO研究のTV番組著書講演会DVDなど「お金儲け」の為にカジリを宣伝して商品を購入させるものがある。

日本サイ科学学界の阿久津理事が開催するシンポジウムでは「金儲け」を目的していないのです。

大半が参加費用がワンコイン500円です。(会場代)

当然の如く、パネラーとなる講演者はボランティアで無償で参加している。

またOUCの会合ボランティアだ。

今回のユーストリームの番組にはどうも「お金儲け」の傾向が見られる。

文句を言うなら買うな!!(僕は買いません。立ち読みします)爆笑!!

と言う声が聞こえる。

しかし、これは「真実」なのです。

情報そのものには「なんの価値もない

その情報を受け取る側が「その情報の対価を払い納得して得る」ものが情報なので「情報の受け手」がどれだけお金を払う価値があるのか?判断して対価を払うのです。

冒頭の天宮さんも近日、お金儲けの為に本を出すそうだ。

いや、これまでの貴重なUFO研究資料をひとつの情報として「対価を求める」為に、UFO研究の資料を「情報」として求める「需要」に答えるもの物かも知れないが・・・

僕は以前にTV出演の打診が3回程ありました。

また「僕の不思議な体験を本にさせてほしい。」と某出版社から打診が有りましたが、どちらも全てお断りしました。

その原因はスパ・リフレで小型UFOに意識を読み取られた体験を通じて「貨幣制度の矛盾」への魂の振動共鳴が根底にあるのです。

僕の尊敬する超一流正木和三先生特許料を取らないことで有名であります、もし特許料をとっていればその総額は5000億円位になるそうで、正木先生は特許とは「本当に困っている人に”無償”で利用できる」のが本物の特許であると

--------------------------------------------------------------------

大事なことは

Ⅰ コツコツと学ぶ(基礎的な学問をしっかりと身につける)

Ⅱ お金や物に執着しない(私的な目先の欲望を捨てる)

Ⅲ 自分のことよりも周りのことを考える(陰徳を積む)

Ⅳ 神の声を聞く(インスピレーションを受ける)


最初は自分でやりたいと思ったことをやる。
やりたいと思っていることをやり通す。

願い事あらば 過去完了形で思え。
欲望を捨てて「すでにそうなった」と思えば、その通りになる。

「最初に一生涯かかっても、絶対に到達しないような大きな願望を持つ。
そして自分の足許の一歩一歩を堅実に歩んでいくと自然に
目標の方向に近づいていく」

少しも疑いのない精神状態の時、脳波はシータ波になって、
生命体エネルギーが肉体を支配する。
つまり、脳波が下がり、肉体の中にいる生命体-神仏の
エネルギーが肉体を支配して驚異的な実績を上げる。

自分の願い事(欲望)は捨て去って、先達の教えや自らのひらめき
(内なる神の声)を信じて実行し続けていると、一時的につらい
ことがあっても、将来的には、人生に対して楽観的になり、
喜びと幸せと感謝に満ちた日々になるようです。

----------------------------------------------------------------------------

つきの玉手箱 講演

この大下さんは昨年の芦屋のヒリーングビューガーデンの会合に招かれて講演をされていた。

その時に幸塾の専務理事の大下さんは「知人に個人でプラズマを研究してUFOを飛ばす実用研究をしている」と言うのです。

神坂新太郎さんではない。

またあんでるせんの久村さんのように喫茶店の食事代のみで多くの人の意識を変える貢献をしている。

超能力は実在する

そしてこの久村さんは決してマスコミにはいっさい登場しない。

マスコミを一切拒否している久村氏らしいですね。 (本物とはマスコミに出ないのか?

四次元パーラー・あんでるせん 【 長崎県 川棚町

そして、僕は久村さんに僕のUFO遭遇は「以前にあなたに意識の中に入り込まれたことが関係しているのか?」と直接久村さんに電話して確認した。

すると「あなたの波動が普通の人より高いからです」と言われた。

では「波動」とは何か?

波動」とは「意識の振動」のことです。

  昨日、あんでるせんの久村さんに電話をした。

過去何度か?TV番組のスタッフがあんでるせんに取材に行った時に、久村さんはそのTV取材スタッフに「別にカメラで撮影してもかまないですがそのカメラには何も写りませんがそれでもよければ撮影して下さい」と言われた。

そんなバカなことがあるはずがない」と疑いながらそのスタッフが撮影したテープを局に持ち帰り確認すると、その「テープには何も写っていなかった」エピソードは有名な話です。

その久村さんも僕の意識の中に入り僕しか知らない(自分も知らないかった事)を当てられたのです。

変性意識状態と物質の関係

前回に引き続き竹本さんが番組出演されている。

【最新】サタデーナイト in エリア5反田 No.002

でも竹本先生はまさにUFO界のチャプリンですネ

なんともいえないユーモアと豊富な知識をさらりと出し、鋭い洞察がある方です。

M総研は以前にUFOに搭乗したと言う人物がやたらとマスコミに自分から売り込みしては「ギャラはどれくらいもらえるのか?」や出向くと必ず領収書を持参しては、ことある後とにUFO関連の会合には積極的に参加しては名詞をお金目的の為にばら撒く輩を見たことがある。

人それぞれで、ある純粋なUFO研究家が「ボツリ」とつぶやいた。

UFO研究は「趣味と実益」が出来れば理想だと・・・

実はここに落とし穴があるようだ。

このようにUFO問題や精神世界に巣をつくろう輩達に関わる場合は「利害関係」が伴う場合には必ずと言って良いほど、仲間割れや前までは同じ中であるがある事をキッカケに決別して敵対関係になるようです。

だからM総研は無償キチガイの戯言情報妄想テンコ森として提供をしているのです。

「愛」=光=超光微粒素子とは求めることなかれ

「愛」とは与えるもの

決して求めてはならない。

まず、与えることから始まるのです。

「愛」も「情報」も「特許」も同じ

本当に必要とされるところに「無償で得られる」ものが「本物」である

その「本物」には高次元の関与があるようだ。

今はかなり前もって予約が必要になっているようだ。