« 2011年3月 | メイン | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月28日 (木)

イタリアの13兆円の国債事件が人工地震を引き起こした

昨日、夢で以前に一部の報道機関でしか報道されなかった日本人がイタリアで13兆円もの国債を持った二人が逮捕されたと言うニュースが夢に出てきた。

このようなニュースの映像が夢の中に出てくることはこれで2回目だ。

1回目は今から3年ほど前にパパブッシュが来日した時に倒れたニュースの映像が夢に出て来たことがあるのです。

その時の様子はM総研の掲示板にも書き残している

おかしなことだがこの追記をブログに書いてUPしたらまたIEが強制切断された?

その夢はなぜ?だろうと今日電車の中で考えていたら、頭に「人工地震」と「貨幣制度の終焉」と言うイメージが沸いて来たのです。

またまたダウンロードなのか?

いつもの妄想テンコ森なのか?

しかし、オイラはこれまでに嘘はこのキチガイのブログでは発信したことがない。

全て自身が体験した事実ばかりだ。

そしてこの瞬間に「イタリアの国債事件」と「人工地震」と「貨幣制度の矛盾」が全て繋がったのです。

これは非常に重要なことだ!!

このイタリアの日本政府の要人国債を売る行動イルミナティ貨幣制度の番人に命じて日本に人工地震で仕返しをした!!

恐らく日本がイルミナティや貨幣制度の番人にその13兆円の国債を返還するように強く要望したが、返還する気持ちが全くなく、挙句の果てにしつこく返還要求する日本側に人工地震で仕返しをした。

やはりこれしかないのです!!と「私の直感」で感じた次第です。

これで人工地震の理由が明白になる!!

米国債13兆円を日本人が所持

それでよく考えてもあの事件は異常な事件であることが誰もが不思議に感じる事件だが、このイタリアの13兆円国債事件と先の3・11の東北関東大震災との関連を「私の直感」で強く感じる。

13兆円国債事件、逮捕された当人は、財務省職員であることを認めた!

米国債を売ってしまうぞっ!くらいの事を云ってやれ

国債大国日本

米国債を売ってしまうぞっ!くらいの事を云ってやれ

日米「経済安全保障問題」をもう一度振り返る必要があるようだ!!

米国債価格は一気に暴落し、米ドルは暴落します。

本当にこれまた、不思議な縁だがこの長尾氏とは昔に高度情報社会を研究している時にご縁があった議員なのです。

ずいぶん昔に原先生にも連絡したら原先生も知らなかったが以前に彼のサイトで一度やり取りしたことがある。

オイラは普通のキチガイサラリーマンですが、経済安全保障問題のレポートを書いて、偶然だが当時のミノルタの社長秘書をされていた娘さんのお父さんが知り合いで大阪の天満の自宅にあのミノルタの事件を取材して、副島隆彦先生にエールを頂いた

本当に不思議な縁というのか因縁というのか、留めはスパ・リフレのサウナの中で少年期に会得した日本少林寺拳法の精神統一の修行のひとつの丹田呼吸の七分呼吸で瞑想している、突然に「貨幣制度の虚しさ」が込み上げ来て右耳の奥から脳が振動する「ギュルル・ギュルル・ギュルル」と言う金属がクロックする異音を受けて露天風呂の壁に小型UFO通称ディスク・スキャナー」が2機空中に滞空して、あたかも僕の誘うように2~3回ほど見え隠れした。

しつこいようだがUFOに吸い込まれた体験をされた高橋稔さんも僕と全く同じように「キュル・キュル・キューン」と言う異音を受けてUFOに吸い込まれたと証言されているのです。

5takahasi

話を元に戻そう。

昨日の夢の「イタリの国債事件」と、オイラの「不思議な縁と不思議な体験」と「貨幣制度の矛盾」と、「3・11東北関東大震災」とが実は大いに関係があることに気がついた。

気象兵器開発禁止と人工地震の新聞記事

そういえば9・11テロもイルミナティがNWOの実行日に好む11日であった。

もしか?すると6・11次の計画になるのかも知れないと・・・

お解りだろうか?

3・6・9とミロクの世の実現への妨害であり、恐怖を蔓延させるための数霊への封印なのかも知れない。

M総研は当初は3・11の地震は太陽フレアの影響である可能性を指摘していた。

またクジラが打ち上げられたので自然災害であると感じていたが日が経つにつれていくつかの不審な点が出てきた。

東北関東大震災は人工地震なのか?

そのひとつが震源が3つもあった事

2011.4.23_01/10 リチャード・コシミズ【3.11同時多発テロ】伊豆長岡

そして、先般もクローズUPした古歩道のustream福岡講演にある内容を、ここでもう一度振返る必要があるようだ。

ベンジャミン・フルフォード 熊本講演 8/27(金)19時~

このクリップの01:18:00あたりからもう一度聞いて下さい。

食料危機はドルと元の外貨戦争であり金に次ぐ貨幣制度の番人のシノギである!!

しかし?問題なのが?北野恵宝大僧正のUFOコンタクトで宇宙人から聞かされた「人工をもって気候を変動させる恐れがるので、それだけは止めらならん」と聞かされたコンタクトの中で、なぜ?今回の東北関東大震災の人工地震を宇宙連合が阻止しなかったのか?

ここが一番疑問でならない?

②北野恵宝大僧正のUFOコンタクト

オイラは本当に不思議な縁と不思議な体験を何度もしている。

自分の名前が光=超光微粒素子を義する者と言う名前である

誕生日が12月24日のクリスマスイブ

干支が龍

龍神村で不思議な写真を撮影

あんでるせんで久村さんに意識の中に入り込まれた

葦嶽山で不思議な体験

スパ・リフレで小型UFOに意識を読み取られる

電磁波攻撃を受けその前日には額から黄金の記号が溢れる不思議な現象が起き

鼻から電子音のラッパの音が出る不思議な現象が起き

そしてこれまでの不思議な縁と不思議な体験の数々

これは自慢話でもなんでもない。

普通の方が聞くとまさにキチガイの戯言であるが

全て事実だ。

僕は一人でも多くの方の意識が向上されることを祈ります。

2011年4月25日 (月)

ソーラー・クルーザーとプラズモイド

高いエネルギーでは、プラズマは放出します。

The Cosmic Thunderbolt

古代人がこの「高められたAu rora」への目撃者であり、彼らが最も長持ちしていた状態で見たものを記録したと主張する」という。

Cosmic Energy

古代人は岩石と岩石の間に自分を挟み宇宙人と交信していたと言う壁画や遺跡で伝承されていると言う。

プラズモイド

http://www.scribd.com/doc/16839498/Plasma-in-the-Lab-and-in-Rock-Art より

000

この↑の古代人の壁画を見て「私の直感」で感じたのが、以前にテレビ番組の「ふしぎ発見」でアイルランドのケルト古代遺跡の石の宝殿をレポートする竹内さんがそのストーンサークルに入ろうした瞬間にマイクにビビッと電磁的なノイズが入るのを思い出した。

http://www.tbs.co.jp/f-hakken/mystery1106_1.html より

キャロウモア遺跡で、約1万年前に作られたストーンサークルの原型といわれるところをレポートしていた時…、石をまたいでサークル内に入ると、ビビビビッ!とかなりのノイズが!

Carrowmore Megalithic Cemetery - Ireland

石の宝殿と言えば武良さんがよくUFO撮影をされている大本教が祭られている高御位山の向かいにも石の宝殿がある。

Ishinohoden4

和歌山県の紀ノ川市に「龍門山」と言う不思議な山がある。

そこの頂上付近には「磁石岩」と言う岩が不自然にある。

以前にその山に登頂して自作ダウジングロッドで検証したことがある。

ゼロ磁場ポイントを自作ダウジング・ロッドで検証

龍門山を自作ダウジング・ロッドで検証①

NASA IBEX Science Update

2010/08/24に太陽で一列に並ぶ謎の巨大物体が観測されている。

Ci110312230938

ソーラー・クルーザーの目的はなにか?

太陽の異変はシグナル・ノイズ

●●●●●●●●●●以下転記はじめ●●●●●●●●●●

 

先般も銀河の中心から来るスーパーウエーブにふれたが、プラズマ・ユニバースが太陽に異変をもたらし、太陽の異変でこれから地球と人類はどのように影響を受けるのか?

太陽の住人ことサン・ヘドリンが掲示を受けているシナオリに突き進むのか?

ソーラー・クルーザーの関与の目的は?

そしてCIAの本部をデンバー空港の地下に移転することを発表した。

まるで映画「ノーウイング」を再現するかのように映画のストーリーではやはり!太陽の異変で地球が滅亡することを示唆して選ばれた純粋な子供に不思議な数字で予言のごとく、これらから訪れる大惨事をまるで人類大掃除を知らしめるかのように地球外の知的生命が一部の人類を救済して人類再生すると言う内容がシグナル・ノイズが展開される。

『ノウイング』予告編<7.10(金)全国ロードショー>

映画「ノウイング」

異常気象はこれから本番? より

昨年12月末、イギリスの科学雑誌『ネイチャー』は、物理学者がこれまで存在不可能としていた「星間雲(intersteller cloud)が現実に存在し得ることが、NASAの惑星探査機ボイジャーの観測で明らかになったと発表した。  

これは、NASAの太陽圏の客員研究員であるジョージ・メイソン大学のメラフ・オファー博士らの研究チームが明らかにしたもので、それまでオカルト科学のように扱われてきた「星間雲」が、間違いなく存在していることが確認されたわけである。

ボーイング社の従業員で、NASAの契約企業としてNASA内部で働いていたエンジニアが内部情報をリークしたという資料である。隠された情報のリークで定評のある「プロジェクトキャメロット」というサイトの主催者との電子メールの交換や、掲示板への書き込みを通じて、告発は行われていたようだ。

【ナショジオ】太陽からの突風

小氷河期到来か、太陽黒点なしの状態続く。CO2温暖化はどうなった?(2/2)

1059 UFOのアクティブ段太陽嵐を控えて、我々の星の結果

●●●●●●●●●●以上転記おわり●●●●●●●●●●

もうすぐ小惑星か彗星が地球に接近する

3069

NASA/THEMIS Explaining BIGGEST Breach in Magnetosphere

 

どうやら古代人はとんでもない宇宙科学をもっていたようだ。

九鬼文献と高御位山と大本と「ウシトラの金神」

Dscn10082

来年は2012年の辰年=龍が動く時だ。

封印された「ウシトラノコンジン」=スサノオウが動くようだ。

2011年4月22日 (金)

神聖六角多重構造(ハニカム)とキャレット計画とドローンズ

いゃ~ぁあ

エリア5反田も面白いですが、なんだか?宗教宣伝色が濃くなって来たナぁ

【最新】サタデーナイト in エリア5反田No.010

ここで竹本さんが解説されているドローンズの反重力の神聖幾何学のエネルギー共鳴の秘密にはこの↓でも以前に取り上げた昆虫学者のグレベニコフ教授が、1988年にある昆虫のチキン質殻には反重力効果があることを発見したことをきっかけに、反重力の作用する重力場に存在する物体が見えなくなったり、、歪んだで見えたりすることまで突き止めた記事をもう一度ここで振返る必要がある!!

多空洞構造と自然反重力

このハニカム構造の研究で思い出したのですが、ししゃ科も会の共同研究で密封されたペットボトルに六角形の神聖幾何学模様のマークを貼り付けるだけで

なんと!!

その密封されたペットボトルに水が生成されている臨床実験が紹介されていた事を思い出したヨ!!

そうなんです。

ありえないことだが、密封されたペットボトルにある神聖幾何学模様を貼り付けると波動共鳴を起こして水が溢れ出る「不思議な現象」が起きるのです。

この時にM総研の「私の直感」で神聖幾何学模様六角形形成に秘められている真実を感じていた。

そして、武良さんがUFO特番に紹介された六甲UFOの映像検証をイタリアのスペーン社に映像解析をされた番組で、メキシコで少年がサッカー遊びをしている時に宇宙人が突然電柱から出現して、その少年の腕をつかんだ事件で、高尾博士がその宇宙人が出現した電柱に注目して、M総研の前のブログとししゃ科も会の会報で同時発表したことがある。

高尾先生のUFOTV番組の■「徹底追跡!UFO・宇宙人スペシャル」■ のご見解メキシコの少年が六角柱の電信柱から宇宙人が出現した所をご指摘されていましたネ!!

Keelynet

蜂と言えば、以前もクローズUPしたこの↓の記事には、今回の東北関東大震災の原発反対へのシンクロがノイズ・シグナルとしてメッセージが込められていたのか?ここでもう一度振返る必要があるようだ。

ミツバチの羽音と地球の回転

多空洞構造と自然反重力
http://msouken.blogspot.com/2007/11/blog-post_29.html

ドローンズの反重力テクノロジーの「プロジェクト・キャレット」にある神聖幾何学模様の秘密と、昆虫学者のグレベニコフ教授が1988年にある昆虫のチキン質殻には反重力効果があることを発見したことをきっかけに、反重力の作用する重力場に存在する物体が見えなくなったり、歪んだで見えたりすることまで突き止めた事実には共通のキーワードが含まれている!!

4年程前だと思われるが、ここでもクローズUPしたことがあるが「ドローンズ」の情報がWEBでも流された時に、確かにCGの合成映像がYouTubeにも数点掲載されていたが恐らくディス・インフォメーションではないか?と思われる。

DRONE - STRANGE CRAFT musicvideo

問題なのは、神聖幾何学模様に秘められている波動共鳴を起こす特定の幾何学模様には確かに存在する。

以前、参加させて頂いた「UFO&オーブシンポジウム」でも話したことがあるが、ししゃ科も会の共同研究者のなかでも実に興味深いこの幾何学模様の実験をしていたことを思い出した。

それは、密封されたペットボトルにある特定の波動共鳴を起こす幾何学模様を貼り付けると数日でその密封されたペットボトルに「水が溜まる」不可思議な現象が起こる。

ありえないことだが、その幾何学模様を貼り付けた密封されたペットボトルだけに「水が溢溜まる」現象が起きた。

面白いのが、その幾何学模様が張られたペットボトルに「水が溜まる」のですが、その水の色が黄色い色の水が何処からともなく「湧き出る」のです。

その実験の様子は以前のししゃ科も会のサイトからは残念だが消えている。

本日、高尾博士にそのペットボトルの実験について連絡したので回答があれば公開したいところです。

また、メキシコで少年がサッカー遊びをしている時に宇宙人が電柱から出現してその少年の腕を掴んだ事件で、高尾博士はその宇宙人が出現した「六角形の電柱」に注目した。

スクープ!メリダ宇宙人誘拐未遂事件の真実

その時の見解もM総研の以前のブログと高尾博士のししゃ科も会の会報で同時にWEBで見解を発信した。

そして、武良さんが撮影に成功された「六甲UFO」は六甲ホテルの裏側にある「水晶山」から飛び立っている事をM総研は分析し指摘した。

映像解析スペシャル@六甲山UFO

そう

彼らはこの地球の資源の六角形成水晶を採取している。

そして

この神聖幾何学模様の波動共鳴テクノロジーを自在に操ることが出来る。

六角結晶の水晶を大量に採取している。

昆虫学者のグレベニコフ教授が発見した蜂の巣(六角形)のハニカム構造にある「反重力」現象も同じだ。

メキシコの宇宙人が出現した六角形の電柱

ししゃ科も会の共同研究の幾何学模様のペットボトルに水が溢れる現象

①②③④も全て神聖幾何学模様に秘めたれている「共通概念」なのです。

さらにサイキックJも人体発火現象を起こす時に「六角形」の幾何学模様を使っているのです。

ビートたけし緊急検証超常現象(秘)ファイル 超能力

このサイキックJは意識=超光微粒素子幾何学模様に波動「共鳴」させて発火現象を起こしているのです。

これらは別に不思議でもなんでもないかもしれない。

これまでに封印されて来たパンドラなのです。

そして日本サイ科学学会の品川先生の「水晶とグラファイト」の水晶発電も、以前にここでもクローズUPした。

水晶・意識・グラファイトにおける高尾博士からの見解
http://6105.teacup.com/nick/bbs/1873

全て通じるものがあるのです。

「プロジェクト・キャレト」に見られる神聖幾何学模様に秘められている波動共鳴が先端テクノロジーとして実在するようです。

我々一般市民が想像もつかないようなテクノロジーが実在していることは間違いようだ。

最後にまたまた面白いことにメージナルの掲示板に投稿しようとしたら久々の不可思議な文字化け現象が起きたぞ!!

これ↓?

高尾博士にペットボトルの件でメールを書いている状態でマージナルをIEで開いている状態で掲示板のタイトルをクリックしたらこのように原因不明の文字化け現象が久しぶりに起きた。

789

このように今日も朝から妄想テンコ森情報を発信します。

2011年4月21日 (木)

ドランヴァロ・メルキゼデック~新しい人類の誕生

ドランヴァロ・メルキゼデック~新しい人類の誕生

これからなんだよ 意識のルネサンスin金沢7.mp4

次の発達段階とは、第四密度です。第四密度への進化は常に、人間型生命体の発展に取って非常に重要なステップになります。

第三密度の物質的存在が、どのようにして第四密度への転換を果たすのでしょうか?

第四密度への転換に対応できず死に絶えてしまう人もいれば、そうした転換を乗り越える人もいます。

そうした第四密度の波動に適応することの出来ない人々は、地球が第四密度へとシフトする際に、自分たちの物質的存在に踏みとどまる事画で来ません。

地球の第四密度へのシフトは通常より速いものの、急速に進んでいると言うよりは、むしろ緩やかに進行しています。地球のシフトが急速で無いことから、あなた方の多くが、地球に注がれているエネルギーの波動の上昇に適応することの出来る人々は、地球が第四密度に転換する際に、これまで使っていた物質的肉体を脱ぎ捨てる必要が無いかも知れません。

自己の波動レベルを上昇させる事の出来ない人々は、あなた方の波動を地球のものと適応させる事が出来なくなった段階で、地球を立ち去らなければならなくなるでしょう。

ゼロ・ポイント・エネルギー:高周波・エネルギー・グリッド

Free Energy - Zero-Point Energy Extraction from the Quantum Vacuum

フリーエネルギー研究より

●●●●●●●●●●以下転記はじめ●●●●●●●●●●

地球上で初めてUFOの原型を開発したのは、日本人です。大二次世界大戦中の後期に日本の軍内に於いて開発され、同盟国であるドイツに持ち込み、実用化を試みるが、終戦となり、アメリカ軍に全てを持ち帰られ、「1964年4月14日、テキサス州の北西(ニューメキシコ州境)のグアドループピーク山にある地下政府施設に於いて、宇宙銀河同盟と地球政府に於いて正式交渉により、反重力装置・ゼロポイントエネルギー装置等の技術供与を受けたが、全てシャドウグループに占有され、地球の財産とはならなかった。」。シャドウグループたちの「エリア51」でのUFO開発はすでに実用化に入っています。然るに、シャドウクループは、地球外生命体を頑なに拒否し、事有らば、宇宙戦さながら(彼らよりの技術供与を受けながら・・・)の様相を呈し、抵抗しています。それは、宇宙法則に照らし、違反していることは明白であります。・・

●●●●●●●●●●以上転記おわり●●●●●●●●●●

DNAアップグレード、シフト、アセンション

2012年の予想図 その1

2011年4月20日 (水)

スティーブン・グリア博士のUFOコンタクト

今日、知っとうやさんのブログにJCETI(日本地球外知的生命体センター)のグレッグさんが「ディスク・ロジャー・プロジェクト」のスティーブン・グリア博士がレーザーポンターでUFOとコンタクトをしている動画が紹介されていたのでクローズUPします。

KBC テレビ ドォーモ 'UFOが見たい!!!' Pt. 2

CSETI Night Vision Video - Very Bright Pulsating ET Craft, Mt. Shasta

2011年4月19日 (火)

振動はZPE(ゼロ・ポイント・フィールド・エナジー)の結び目を生成する

ずいぶん前だが以前にもこのアイクの振動生成されるZPE(ゼロ・ポイント・フィールド・エネジー)の結び目を生成させるエネルギー形成をクローズUPしたことがある。

多くの地球人はこの脳の松果体の振動共鳴の事実を知らない。

「目に見える世界」しか信じることのできない者には「目に見えない」振動共鳴など到底理解する肯定的な受け止めは出来ない。

この松果体の振動共鳴が2012年問題は人間の松果体の振動託されている。で示唆する貨幣制度の番人が最も恐れる事態なのです。

また僕の尊敬する高尾先生の螺動ゼロ点の見解がししゃ科も会でも掲載された。

銀河、太陽、ブラックホールの生滅は螺動ゼロ場での重力収縮と斥力膨張を伴う相似現象として説明できる より

また阿修羅でもロズリン聖堂のノイズと振動エネギーの生成の秘密を振返る必要があるようだ。

脳の松果体振動意識振動共鳴の神秘と宇宙の高次元の存在と繋がる秘密の真実を理解する時が近づいている。

「超常現象」と「音楽」のプラトン的世界より

●●●●●●●●●●以下転記はじめ●●●●●●●●●●

今朝の早朝3時ごろUFO遭遇以来受けている謎の振動共鳴音が来た。

今回でおそらく6回目ぐらいだと思うが最初に高音のキィーンと言う甲高い金属音の後に低音の振動が伴うウォン・ウォン・ウォン」と言う異音を受ける不思議な現象だ。

その音が振動して体に伝わるのです。

当然、それは間違いなく音ですが、自分本人にしか感じない音であり、近くに人がいても全く聞こえないようで、または感じいない音なのです。
(本来、音であれば空気の振動で必ず伝わるものですが真横にいても第三者には感知されていない)

全く不可思議な現象だ?

初めてディスク・スキャナーに意識を読み取れて以来、「」と「周波数」と「人間の意識」に興味を持ち真実を探求中ですが、モンローのへミシンクもまた変性意識へのポータルポイントとなっているようですが、僕が受けた金属がクロックする「ギュルル・ギュルル・ギュルル」と言う、まるでテープレコーダーを早送りしたような異音は、英語のリスニング教材などの会話を高速回転で聞き流すだけで英語が自然と身につくという仕組みとおなじようなものなのか?と感じたこともありますが・・・

僕には全く真相がわかりませんが、高橋稔さんも僕と同じような「キュル・キュル・キューン」と言う異音を受けて気がつけばUFOの中にいたと証言されていますが、この異音が何の目的であるのか?またどのような効果があるのか?さっぱり訳がわかりませんが、「」と「周波数」と「意識」に深い関係が、あることは間違いと思われます。

いや、彼らはその「意識」と「」と「周波数」のテクノロジーを駆使して人類の現在科学水準では伺い知ることのできない技術で、人類が知らないところで直接的・間接的に在る目的のためにその目的が知らされない間に遂行されているかもしない。


タルポイド現象もまた「」と「周波数」と「意識」と関連されることは間違い現象のようですが、このような不思議な体験と未解明の糸口となる学術的な文献があります。


それは、ブライアン・D. ジョセフソン 博士が書いたもので異端の脳科学者の茂木健一郎さんが翻訳した本で「ノーベル賞科学者ブライアン・ジョセフソンの科学は心霊現象をいかにとらえるか 」と言う貴重な本です。

副題が「超常現象と音楽のプラトン的世界」となっています。

アマゾンで中古本で6,300円もしていますが、貴重な参考資料となっていることは間違いありません。




科学だけが本当に唯一、真理にアクセスできる方法なのだろうか…
知性の本質を求めて「プラトン的世界」=「精神の空間」へ決然として踏み入った天才ジョセフソンの封印された科学的研究の足跡を辿る―。
サイコキネス・テレパシー・遠隔透視から音楽の起源に至るまで、未解明現象の謎に量子で迫る“禁断の研究”30年間の成果―。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%BC%E3%83%95%E3%82%BD%E3%83%B3


ペンローズのツイスター論における意識の伝播は高尾博士もクローズUPしておりましたが、注目しなければならないキーワードとして「光の幾何学」を複素数に拡張し量子力学と相対性理論を統一概念であるとすれば「意識超光微粒素子」の伝播の形態を伺いしるかもしれませんが・・・


さらにもうひとつ「意識」に関する、重要な参考文献をクローズUPさせて下さい。

それは、「意識が拓く時空の科学―精神の空間に潜む無限大のエネルギー」と言う本です。

本書は1998年(平成十年)十一月二十六日、
二十七日早稲田大学井深ホールで開催された「第二回意識・新医療・新エネルギー国際シンポジウム」の記録であり阿久津先生がコーディネーターをお勤めされた見識深い会合である関係上、是非ともそのシンポジウムで感じたことなどをお聞かせ下さい。

阿久津先生のご見解を賜りたいので何卒宜しくお願いします!!
<(_ _)>


第二回意識・新医療・新エネルギー国際シンポジウムの詳細はこちら↓にありました。
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/1228/symposium.pdf

●●●●●●●●●●以上転記おわり●●●●●●●●●●

M総研さんへ投稿者:阿久津 淳  投稿日:2010年 1月27日(水)17時29分2秒

Vibration produces knots

証明する物質は振動している

Matter is Vibrating (Proof)

地球交響曲第六番 予告

地球内部の構造より : 光や音は波動であり波動が伝わる媒質の種類や状態できまる

http://www.sci.himeji-tech.ac.jp/life/geology/lecture.files/res3b.html

光や音は波動である
 光は電磁波;電場と磁場が、それらの振動方向と垂直に伝播
 音は弾性波;膨張や収縮が、波として周囲に伝わる
 地震波は固体を伝わる弾性波;膨張や収縮以外にずれも伝わる

波動は変動やエネルギーを伝える
 太陽からくる電磁波は、地表にエネルギーを運ぶ
 地震波は、震源から振動を伝えて地面を揺らす

波動は情報を伝える
 情報には、「波動の発生源」と「伝播経路の性質」に関するもの
 地震波は「震源で起きている現象」と「地球の内部構造」を伝える
 波長の長い電磁波も、地殻やマントルの構造についての・・・

レイライン=中央構造線ラインに見られるゼロ磁場エネルギー・グリッド・ライン
http://www.asyura2.com/09/bd57/msg/102.html

VIBRONIC SOUNDS PART 46

この↑のクリップを見ているとフラワー・オブ・ライフを思い出すが、ドローンズの神聖幾何学模様に秘められたエナジー・フィールドの「キャレット計画=(後日後からリンクを追記)」や、高尾博士の日本物理学会で発表した波動共鳴理論に見られる宇宙の真実が伺い知れる。

意識レベルも、振動数により異なる。

世の中のすべての存在は固有な「振動」と「周波数」からなっている

意識は振動して共鳴する

ロズリン聖堂の柱彫刻と周波数

意識レベルが上がるのか?ポイントは松果体の振動にあるようです。(魂の振動)

松果体とスピリッチュアル

貨幣制度の番人へ:IMFとカーライルと韓国転覆とウィキリークス

いかに「音」と「周波数」が重要かを知って下さい。より

●●●●●●●●●●以下転記はじめ●●●●●●●●●●

そして彼らはこの地球を正20面体のエネルギー・グリッドでシールドを施して来た。

さらに地球外の存在がこのグリッド構築を手助けして来たと言う。

地球人類はこの幾何学模様に隠されたエネルギーによる周波数と色の関係と振動を理解することにより、地球人類がこれまでに解決できなかった問題がいとも簡単に解決されることを学ぶ時がすぐそこまで近づいている。

闇の組織はこのエネルギー・グリッドのコントロールをして人類をコントロールしているが、その危機的状況に地球外の存在が「目に見えない」世界から警鐘を鳴らしている。

世界中にあるロシアアメリカその他の軍用基地が、エネルギー・グリッドを支配している。

http://www.asyura2.com/08/bd52/msg/334.html

この危機的な現状を打開するまでは巷で言われる「アセンションは起こらない

國場大介さんの投稿記事の一部をここでもう一度掲載して置く。

現在の地球に関する高い意識体からの情報

http://www.asyura2.com/08/bd52/msg/234.html

9. あなた方の判断力を高める点で、少なくてもラジオやテレビについて言えば、「」が重要である。

あらゆる音源は、精神とからだにとって有益なものと害になる「周波数」を発している。

いま地球には、より「高い周波数」が行き渡っているので、あなた方はまわりの「音」にさらに増して影響されるようになっている

闇の権力者たちはこのことをよく知っていて、「耳に聞こえない音波」で”あなた方を攻撃”しているが、これは防ぎようがない。 しかし通常はラジオやテレビやステレオの音を選ぶことができる。

最近の音楽やプログラムは危険な不協音や音量でいっぱいだが、これらの雑音は避けることができる。 モーツアルトやベートーベンなどの音楽家の作品が重症患者を癒したり、植物の成長を促進したり、動物を落ち着かせる効果があることが科学的実験で明らかになっている。

クラシックがだれにでも好まれるわけではないことはもちろんだが、この素晴らしい利点をおぼえておくと良い。

できるかぎり自然に親しむようにしなさい。

それが提供する音をよろこび、すべてとひとつになることのエッセンスを大いに楽しみなさい。

そして、沈黙の音(Sound of Silence)のやすらぎ感を見落とさないように。 それこそ黄金の音!そしてできるだけ多くの機会をつくって、自己の回復と高揚のために、静寂に浸りなさい。

●●●●●●●●●●以上転記おわり●●●●●●●●●●

2011年4月18日 (月)

気象兵器開発禁止と人工地震の新聞記事

311-人工地震テロ メッセージと重要機密文書

大震災を事前に知っていた人々が居る!?

ツィターで人工地震で検索してたら「原爆で人工地震」と言う見出しで新聞の記事が紹介されているのを見つけたのでクローズUPします。

http://daidaikonn.blog27.fc2.com/blog-entry-416.htmlより

●●●●●●●●●●以下転記はじめ●●●●●●●●●●

1957年9月7日 読売新聞 朝刊7面より
「原爆で人工地震 ネバダで14日に初実験」

Photo

1975年6月18日 読売新聞 朝刊4面より
「“気象兵器”で米ソ交渉 開発禁止話し合う」

Photo_2

1975年6月20日 読売新聞 朝刊7面より
「恐るべき環境・気象破壊兵器 米ソで研究着々」

Photo_3

関連記事

●●●●●●●●●●以上転記おわり●●●●●●●●●●

3月11日の地震は、人工地震らしい。より

●●●●●●●●●●以下転記はじめ●●●●●●●●●●

 4月11日のこのページでベンジャミン・フルフォードさんの見解を紹介しました。
 多くの読者が一番びっくりしたのは、彼が、「3月11日の巨大地震は闇の支配者の地震兵器による人工地震らしい」と、言っていることです。
 彼は3月11日の夜10時05分発信の彼のブログで、このことをすでにはっきり書いています。
 私は多少、気になるので友人に人工地震について調べてもらいました。
 それにつきましては、5月号の『ザ・フナイ』に友人からの情報を一読者の方からの投稿として載せる予定なので、ぜひ御一読ください。
 天然(自然)の地震と人工地震には、はっきりとちがう特性があるもようです。
 それは、いろんな方法で知ることが、現在では可能なようです。人工地震の場合、地震計で見ると、初動から針の動きが最大MAXになるというのです。そして、それらは1970年くらいから世界各地で記録されはじめたようです。起こされているようです。
 たとえば地下にCO2(二酸化炭素)ガスや水などを注入することによってもおこるもようで、このことにつきましては日本の誇る元・北海道大学教授の地震学者の島村英紀氏の論文が有名らしいです。
 彼はノルウェーの大学から研究資金を着服したという理由で、日本の検察に逮捕され、学者生命を失いましたが、当のノルウェーの大学が「そんなことはない」と否定の声明が出されています。
 ともかく最近の日本の中越沖地震、ハイチ地震、ニュージーランド地震、スマトラ島沖地震などは人工地震だと思われるということでした。
 これらには日本の政府の研究機関もおおいに関係がありそうで、3月11日の地震の時も震源地近くで日本の「ちきゅう号」が人工地震の原因になる海底掘削をしていたもようです。
 これら以外にベンジャミン・フルフォードさんが監訳した『気象兵器・地震兵器・HAARP・ケムトレイル』(2010年12月 成甲書房刊)も一読しておけば参考になると思います。
 同書の表紙にはつぎのようなコトバが書かれています。

一部の国がエボラウィルスのような病原体を造ろうとしてきたことを示す報告書が複数存在する。そんなことが現実になれば、控えめに言っても極めて危険な事態になるだろう。アルビン・トフラーも「特定の人種や民族を抹殺するため、一部の科学者が人種に特異的に作用する病原体を生み出そうとしている」と記している。特定の作物を狙い撃ちにする技術や昆虫を開発する動きもある。電磁波で遠くから火山の噴火や地震を人為的に起こしたり、気候を変えたりする環境テロに手を染める者たちもいる。多くの優秀な頭脳が、他国を恐怖に陥れる方法を探している。これは現実に起こっていることであり、我々も対策を強化しなければならない。
米国防長官ウィリアム・S・コーエン[1997年4月28日の発言]

皮肉にもフリードリッヒ・エンゲルスは次のように述べている。「実戦で使用される兵器はいまや高度に完成された段階に達し、革命的な影響をおよぼすこれ以上の進歩はもはや不可能である」。だが、進歩を遂げたのは軍事兵器にとどまるわけではない。地政学や戦略上の基本的な概念も根本的に変わった。
空間と気象のコントロールが戦略上の鍵を握る要素として、スエズ運河やジブラルタル海峡などの戦略的要衝にとってかわったのである。
ズビグニュー・ブレジンスキー
[著書『テクネトロニック・エージ』より]


 同書は本体価格1,800円の部厚い本ですが、読んでおいた方がよい本だと思います。
 ともかく人間がこのような自然を破壊するような行動をしはじめると、自然も秩序維持のための調整機能を発揮してきます。人間はよけいなことはやめるべきです。
 なお、これとは逆によいニュースとしては、放射能の防衛法もいろいろ分ってきました。4月18日にはそれらを紹介したいと思います。
 セシウム137 ヨウ素131 ストロンチウム90などをわずか1ヵ月内くらいの期日でその害の大半を取り去ってしまう方法など分っている範囲で紹介したいと思います。よろしく。

●●●●●●●●●●以上転記おわり●●●●●●●●●●

やはり民主党政権で軍産複合体の為に「お金」を献上するのには地震テロしかなかったのか?

東北関東大震災は人工地震なのか?

2011年4月15日 (金)

原発廃炉ビジネス

さぁ~ぁあ

小沢さんにGEが先の東北関東大震災が起きる前に事前に原発の処理の利権を打診していたと言う古歩道の話を思い出すが・・・

これでもデマと言えるのか?より

●●●●●●●●●●以下転記はじめ●●●●●●●●●●

民主党幹部や皇室関係者の証言では、3月9日に小沢一郎とアメリカの東アジア担当キャンベル国務次官補とが会談した。

その際、キャンベルは福島原発を設計したGEの実力者であるロックフェラーの代理として来日した。

もし民主党を解散させれば、あなたへの検察のいやがらせをやめさせる。また、もしこれに従えば、福島県のジオライトの利権を差し上げる」と申し出た。ジオライトは、放射能物質を除去する技術である。地震と事故の事前に小沢氏へ利権のオファーがあった。 これは事故が計画されていたことのエピソードである。

また福島県知事によると、4ヶ月前に福島第一原発3号機に知事の反対を押し切り、プルトニウム(プルサーマル)が入れられた。これも計画的なものと疑わざるを得ない。

さらに事故に関わるインサイダー情報もある。この住建不況のなか、東日本ハウスの株が1ヶ月前から上昇している。また韓国政府が放射能を抑える薬の輸入を強化していたのも事故の1ヶ月前である。

日本への脅迫、金を巻き上げるための脅迫を軍産複合体(USAP)は実施している。産油国もアメリカへ金を渡さないので、現在リビアなどの政治動乱が引き起こされた。カダフィも金を搾取するために狙われている。

また、311の次は4月11日に富士山を噴火させる、とさらに日本を脅迫している。
前回の静岡地震の前にみられた電磁波が、現在富士山近辺で観測されている。前回、これは地震後に消滅した。

地震兵器によるものと考えられる。アメリカの地震兵器の所在地のGPSデータをネット公開し、世界各国の軍へ地震兵器を閉鎖を要請する予定である。
すでに1997年にペンタゴンは、電磁波を利用した地震兵器をテロ組織は利用するであろうことを報告書で公表している。

これは、まさにアメリカの闇の組織が現在、脅迫のために世界各国に対して実施している方法である。

この脅迫は、日本だけではなくオーストラリアに対しても実施されている。
なぜ我々の選んだ国家元首が、ウォールストリートの意向で首にできるのか? この憤りはオーストラリアにもある。

政治家のメールをハッキングした軍関係者がリークした情報だ。
夏までには、アメリカの複数の政治家が国外逃亡か、逮捕される。つまり米国内のクーデターもじきにやってくる。

全世界でUSAPに管理されている国家の数も減少の一途をたどっている。
近いうち、欧米や日本の一般人に、真実が明かされる時がやってくる。

●●●●●●●●●●以上転記おわり●●●●●●●●●●

緊急特番!福島原発の真相

仏アレバ、米GEトップが来日 目当ては「フクシマ」廃炉ビジネスより

●●●●●●●●●●以下転記はじめ●●●●●●●●●●

綱渡りの状態が続く福島第1原発対策を支援する名目で、世界最大の原子力企業、仏アレバと米ゼネラル・エレクトリック(GE)首脳が次々に来日した。アレバは仏政府など政府関連機関が9割の株を持つ事実上の国営会社だけあって、サルコジ仏大統領もわざわざ東京にやってきた。

   人道的な支援という目的はもちろんだが、真な狙いは廃炉をはじめとする今後の「フクシマ」の商機にかかわろうとすることに他ならない。世界に広がっていた「原子力ルネサンス」のムードを吹き飛ばした今回の事故への不安を早期に火消ししようとの意味もある。

プルトニウムの取り扱いはフランスの得意分野

   動きが早かったのはアレバだった。「フクシマ」の建設には直接かかわっていなかったが、東日本大震災発生から1週間以内に、提携先の三菱重工業を通じて、東京電力や日本政府に具体的な支援策を申し出たとされる。さらには、2011年3月末のアンヌ・ロベルジョンCEO(最高経営責任者)とサルコジ大統領の来日に合わせ、フランスの放射性廃棄物処理の専門家も来日し、プルトニウムを含む放射性物質漏えいの危機管理を支援することになった。特にプルトニウムの取り扱いはフランスの得意分野であり、日本にとっても心強いのは確かだ。

   アレバ首脳の訪日について三菱重工の幹部は「目的は廃炉ビジネス」と明確に指摘する。アレバは核燃料から原子炉の製造まで手がける世界最大の原子力総合企業だ。

   フランス政府が、欧州での原発受注が一巡した後、日米企業と互角に戦うため2001年、原子炉製造の「フラマトム」と核燃料を製造する「コジェマ」の経営統合を後押しした経緯がある会社。これまでに1979年の米スリーマイル島原発の事故処理を手がけたほか、1986年のチェルノブイリ原発事故では廃炉の作業工程を受注するなど、世界を見渡しても原発事故処理では右に出る企業はないと言っていい。

   一方、「フクシマ」は第1、第2ともにGEが開発した「沸騰水型(BWR)」と呼ばれる原発でもある。なかでもGEは「今最も危険な状態」(政府関係者)と言われる第1原発の中の1号機の原子炉製造などを担当した。

●●●●●●●●●●以上転記おわり●●●●●●●●●●

昨日も触れたが利権まみれの東電と政府の癒着で日本政府の今回の原発事故の対応に事実を、ひた隠した理由の本質がこの↓のリンクの動画に答えが含まれている。

日印原子力協定:対印原発売り込み合戦:受注競争乗り遅れに危機感

3月11日の地震は、人工地震らしい。より

●●●●●●●●●●以下転記はじめ●●●●●●●●●●

 4月11日のこのページでベンジャミン・フルフォードさんの見解を紹介しました。
 多くの読者が一番びっくりしたのは、彼が、「3月11日の巨大地震は闇の支配者の地震兵器による人工地震らしい」と、言っていることです。
 彼は3月11日の夜10時05分発信の彼のブログで、このことをすでにはっきり書いています。
 私は多少、気になるので友人に人工地震について調べてもらいました。
 それにつきましては、5月号の『ザ・フナイ』に友人からの情報を一読者の方からの投稿として載せる予定なので、ぜひ御一読ください。
 天然(自然)の地震と人工地震には、はっきりとちがう特性があるもようです。
 それは、いろんな方法で知ることが、現在では可能なようです。人工地震の場合、地震計で見ると、初動から針の動きが最大MAXになるというのです。そして、それらは1970年くらいから世界各地で記録されはじめたようです。起こされているようです。
 たとえば地下にCO2(二酸化炭素)ガスや水などを注入することによってもおこるもようで、このことにつきましては日本の誇る元・北海道大学教授の地震学者の島村英紀氏の論文が有名らしいです。
 彼はノルウェーの大学から研究資金を着服したという理由で、日本の検察に逮捕され、学者生命を失いましたが、当のノルウェーの大学が「そんなことはない」と否定の声明が出されています。
 ともかく最近の日本の中越沖地震、ハイチ地震、ニュージーランド地震、スマトラ島沖地震などは人工地震だと思われるということでした。
 これらには日本の政府の研究機関もおおいに関係がありそうで、3月11日の地震の時も震源地近くで日本の「ちきゅう号」が人工地震の原因になる海底掘削をしていたもようです。
 これら以外にベンジャミン・フルフォードさんが監訳した『気象兵器・地震兵器・HAARP・ケムトレイル』(2010年12月 成甲書房刊)も一読しておけば参考になると思います。
 同書の表紙にはつぎのようなコトバが書かれています。

一部の国がエボラウィルスのような病原体を造ろうとしてきたことを示す報告書が複数存在する。そんなことが現実になれば、控えめに言っても極めて危険な事態になるだろう。アルビン・トフラーも「特定の人種や民族を抹殺するため、一部の科学者が人種に特異的に作用する病原体を生み出そうとしている」と記している。特定の作物を狙い撃ちにする技術や昆虫を開発する動きもある。電磁波で遠くから火山の噴火や地震を人為的に起こしたり、気候を変えたりする環境テロに手を染める者たちもいる。多くの優秀な頭脳が、他国を恐怖に陥れる方法を探している。これは現実に起こっていることであり、我々も対策を強化しなければならない。
米国防長官ウィリアム・S・コーエン[1997年4月28日の発言]

皮肉にもフリードリッヒ・エンゲルスは次のように述べている。「実戦で使用される兵器はいまや高度に完成された段階に達し、革命的な影響をおよぼすこれ以上の進歩はもはや不可能である」。だが、進歩を遂げたのは軍事兵器にとどまるわけではない。地政学や戦略上の基本的な概念も根本的に変わった。
空間と気象のコントロールが戦略上の鍵を握る要素として、スエズ運河やジブラルタル海峡などの戦略的要衝にとってかわったのである。
ズビグニュー・ブレジンスキー
[著書『テクネトロニック・エージ』より]

●●●●●●●●●●以上転記おわり●●●●●●●●●●

米国防省HP (気候変動、地震、火山噴火の電磁波兵器)
Presenter: Secretary of Defense William S. Cohen April 28, 1997 8:45 AM EDT
4番目のQA 抜粋

Alvin Toeffler has written about this in terms of some scientists in their laboratories trying to devise certain types of pathogens that would be ethnic specific so that they could just eliminate certain ethnic groups and races; and others are designing some sort of engineering, some sort of insects that can destroy specific crops. Others are engaging even in an eco- type of terrorism whereby they can alter the climate, set off earthquakes, volcanoes remotely through the use of electromagnetic waves.

米軍研究所には、
特定の民族を削減することことが出来る病原菌研究所、
特定の穀物を破壊する昆虫種研究所、
他の研究員は、エコタイプのテロリズム(原発、石油を買わないテロの意味)のある地域には電磁波を用い遠隔操作で、気候を変動し、地震をセットし、火山爆発させることが出来る。

2011年4月14日 (木)

政府や東電に厳しい指摘をしたとして、NHKの水野倫之解説委員が出番を減らされた

「NHK解説委員、出番減らされた」 TV爆弾発言にネットで波紋より

●●●●●●●●●●以下転記はじめ●●●●●●●●●●

2011年4月11日夜放送の「たけしのTVタックル」で、原発事故が終息する状態が話題になったときのこと。福岡さんは、政府や東電に対する批判についてこう漏らしたのだ。

あんまり厳しく言うと、NHKの水野なんとか委員のように出番が少なくなっちゃった…と言っちゃいけないんですが、生番組だから言いました

   これに対し、政治評論家の三宅久之さんが「あなたはね、ちょっと余計なことが多すぎるよ」と口を挟む。同時にスタジオから笑い声が上がったが、福岡さんは、そのまま原発事故の話を続けた。

   ネット上では、福岡さんのこの話が話題になり、様々に憶測する向きが出た。

「水野も、枝野の『ただちに影響はない』に噛みついてたからな」「危ない危ない、深刻深刻いいまくってたもん」「『悪戯に国民の不安を煽った』などと、政府関係者からクレームが入ったのではないか」…

   こうした2ちゃんねるの書き込みは、まとめブログ「アカ速」などにまとめられている。

   日刊ゲンダイの3月28日発売号によると、水野解説委員は、前日放送の震災特集番組で、政府や東電に厳しい指摘を連発した。

「事態を後追いしているようにしか見えない」「この事故がもっと深刻だと考えられなかったのか」「6機同時進行だから、レベル5のスリーマイルを上回って6といっていい」

●●●●●●●●●●以上転記おわり●●●●●●●●●●

2011年3月30日時論公論

NHK水野解説員 出番を減らされていた原因

東電醜聞告発は事実だった!中国ツアー「大手マスコミ接待リスト」を入手!より

●●●●●●●●●●以下転記はじめ●●●●●●●●●●

ジャ-ナリズム

公開日:2011/03/27 00:00

東電醜聞告発は事実だった!中国ツアー「大手マスコミ接待リスト」を入手!(週刊文春より)

 12日以降、周辺のスーパー、コンビニが品切れが続き、リュックを背負った筆者は連日、隣の駅まで買出しに。帰ってすぐ犬の散歩。6時間置きだけにあっという間に一日が終わる。その間、週刊誌を読むこともなかった。

 少し買い置き(牛乳と腰痛止めの温湿布とホカロン)ができ、久々に週刊文春を手にして驚いた。先日から東電に詳しい人物から「メデァイと東電」「東電と政治家」との癒着告発を配信してきたが、信じられなかった読者も多かったのではないか。が、今週の文春はこの告発が本物だったことを証明してくれた。以下、文春記事を紹介する。読者は驚くだろう。

―夜の料亭や高級クラブでの接待、原発視察を兼ねた温泉ツアーへの誘い・・・。大手新聞やテレビ局、小誌(週刊文春)を含む雑誌、ミニコミ誌まで、東電のマスコミ懐柔網は編集幹部から末端の記者にまで縦横無尽に張り巡らされている。

 その象徴が、日中友好を旗印にした東電幹部とマスコミが参加する“中国ツアー”だったー

 震災当日の三月十一日。東電の勝俣恒久会長を団長とする約20人の「愛華訪中団」は北京にいた。六日から中国入りしていた一行は、上海、南京を経由し、十二日の帰国を前に中国の要人に面会に行くバスの中で地震を知ったという。

 参加者の一人が明かす。

「今回東電から参加したのは勝俣会長と副社長の鼓(つづみ)紀男氏ら三人でした。他には中部電力や東京・中日新聞、西日本新聞の幹部や毎日新聞の元役員、月刊誌編集長、元週刊誌編集長などがいました。

 このツアーはすでに十年続いており、参加者は全額ではないにせよ、一部負担金も出しています。金額?それは勘弁してほしい

 小誌が発見した過去十年の参加者リストには、東電、関電、中電の錚々たる幹部のほか、現法務大臣の江田五月参議院議員ら政治家や連合元会長で現内閣特別顧問の笹森清会長、さらには大物マスコミ人がズラリと名を連ねていた。

 0五年と0六年、0八年の訪中では東京電力顧問の荒木浩氏が団長を努めており、勝俣会長も今回を除き二回団長に就くなど、一見する限り東電のアゴ足付きツアーの様相を呈している。

歯切れの悪い参加者

 ツアーを主催している月刊誌「自由」の元発行人、石原萌記氏(86)はこう語る。

「私は東電の社長だった故木川田一隆先生との縁を通じて、総務担当だった平岩外四先生(元東電会長で、元経団連会長)と知り合い、以来彼が亡くなるまでの五十三年間、縁戚のように深い付き合いをしてきました。

 彼の助言で始まったのがこの訪中ツアーです。私以外の参加者の負担金は各五万円。実費は東電が持つ。他の参加者の不足分は私が何とかして集めるという形でやっています」

 ツアー参加者リストは、石原氏が自著『続・戦後日本知識人の発言軌跡』(自由社)の中で明らかにしていた。他にも東電、関電、中電が一年ごとの持ち回りで世話役を務める国内の発電所見学ツアーも催している。

 こちらは宿泊費のみを電力会社が持ち、参加するマスコミ関係者らの負担はタダだという。石原氏は決して接待ではないと否定するが、一方では、「昭和の時代には、カネに窮して年も越せない時、東電の副社長は百万円用意してくれたなぁ」と遠い目で語るのである。

 参加者も東電からの恩恵に与っていることは承知しているはずだが、「(東電のとの癒着を)疑われる何かがないとは言わない」(元週刊誌編集長)と歯切れは悪い。マスコミ関係者が語る。

「東電の場合、大手新聞やテレビ局は広報部が対応に当たり、雑誌はすべて総務部が担当。東電本社近くの個室しゃぶしゃぶ店から、赤坂や向島の料亭、銀座の高級クラブなど相手の好みに合わせて接待の対応を変え、決して気を逸らせない巧みさがあります」

 もちろん旅行や接待だけではない。ある情報誌では、東電シンパの新聞記者が匿名で原発擁護のパブ記事を書き、そこへの広告出稿と雑誌の買い取りがセットになっている。

「定期発行の媒体さえあれば部数はすくなくともきちんと年間予算を付けてくれるのが東電です。マスコミの勉強会などでも、”会則“が文書化されていれば資金を出してくれました」(同前)

注・文春は最後にこう結んでいる。

<自戒を込めて言おう。当たり前のような接待によって、原子力行政を監視するメディアアの目に緩みはなかったか>と。

●●●●●●●●●●以上転記おわり●●●●●●●●●●

東電会長マスコミ接待を告白

被曝労働者の現実が、日本国民全体に降りかかっている!!

転載開始】連続スクープ!!電力会社は暴力団の永久資金源!!原発作業員はすべて身元不明のプータロー。作業員送り込みは暴力団とフロント!!

Image20

2011年4月13日 (水)

地震と言えば振動です。

あたり前のことだが、地震と言えば振動です。

この振動エネルギーがどれだけ大きいか?小さいか?で被害規模が異なる。

さて、本日の戯言は、この振動を電気発電に変える技術をクローズUPする。

スタッフ3名で立ち上げた「株式会社音力発電」というベンチャー企業が注目されている。

以前にTVのニュースで見たが東京の駅の改札口で人が床に設置されたステージを一日に何万も通るが、その時の人が歩く時に生じる「振動」で電気を発電する技術を導入してエコに一役買うとテスト的に実施されたニュースを見たことがある。

歩行者の振動で発電、都内で実験

音力発電・振動力発電・発電床技術 #Diginfo

環境振動で発電する小型の振動発電デバイス : DigInfo

そしてブラザー工業が!!なんと!!振動電池を開発していたのですが、海外では非常に注目をされているそうです。

乾電池型振動発電機 - ブラザー工業 : DigInfo

また、この振動発電を応用して自動車のショックアブソーバーに施行すれば夢の自家発電自動車になる。

振動で発電するショックアブソーバー

Ci110413074809

また津波と言えば波ですが、この波でも発電できる技術がある。

波力発電

先の東北関東大震災を教訓にして原発や化石エネルギーの利権まみれの貨幣制度の番人のフロント企業が潤うエネルギーから自然エネルギーにシフトチェンジするチャンスは「今しかない」のですから・・・

地震=振動

津波=波

この被害を拡大した言霊には+プラス+マイナスの対極のエネルギーがある。

人間の長所短所と同じようにさじ加減ひとつでプラスにもなり、対極にマイナスにもなる。

まさに今のこの時期にマヤの第9サイクルで人類の意識の陰+陽とプラス+マイナスの真理を見つめ直すことが命じられているのかも知れない・・・

どうでも良いが、先般からまたまた自宅のPCが特定のサイトを開くとIEが切断される?

おかしい。

もう少し様子を見て、初期化をしなければならないようだ。

おまけ

緊急特番!福島原発の真相

次は2011年4月11日に富士山が噴火すると言うのですが・・・

民主党関係者が4/11に富士山を噴火させるぞとアメリカを操っている悪魔的組織から脅迫を受けた!

ベンジャミン・フルフォード氏が民主党関係者から
ある日本の政治家がアメリカから4/11に富士山を噴火させるぞ!」と脅迫を受けたという話をある民主党関係者から聞いたとのことです。

米国防省HP (気候変動、地震、火山噴火の電磁波兵器)
Presenter: Secretary of Defense William S. Cohen April 28, 1997 8:45 AM EDT
4番目のQA 抜粋

Alvin Toeffler has written about this in terms of some scientists in their laboratories trying to devise certain types of pathogens that would be ethnic specific so that they could just eliminate certain ethnic groups and races; and others are designing some sort of engineering, some sort of insects that can destroy specific crops. Others are engaging even in an eco- type of terrorism whereby they can alter the climate, set off earthquakes, volcanoes remotely through the use of electromagnetic waves.

米軍研究所には、
特定の民族を削減することことが出来る病原菌研究所、
特定の穀物を破壊する昆虫種研究所、
他の研究員は、エコタイプのテロリズム(原発、石油を買わないテロの意味)のある地域には電磁波を用い遠隔操作で、気候を変動し、地震をセットし、火山爆発させることが出来る。

宇宙人が闇の組織が人工で地球を破壊することだけは阻止する宣言している

光と闇の戦い

②北野恵宝大僧正のUFOコンタクト

ミサワホームと東北地震と竹中平蔵 より

●●●●●●●●●●以下転記はじめ●●●●●●●●●●

ミサワホームの事実上の政権によるつぶしと、
竹中兄の社長就任。

東北ミサワホームの吸収と東北大地震か。

陰謀論者とかが喜びそうなネタだ。

それにしても。ねぇ・・・・トヨタ自動車の資本傘下に入ったミサワホームでは、本年、竹中平蔵氏の実兄である竹中宣雄氏が社長に就任した。ミサワホームが産業再生機構に送られ、トヨタ傘下に組み入れられた経緯については、「トヨタホームとミサワホームの住宅問題の背景」様が、詳細な情報を提供してくださっている
http://blog.livedoor.jp/hyouhei03/archives/51237547.html

ミサワホームの監査法人は中央青山監査法人で、ミサワホームの三澤千代治氏は理事長の上野氏と親交が深かったが、上野氏は2005年5月に理事長職を辞任ている。後任の理事長に就任したのが、奥山章雄氏である。奥山氏は竹中金融相が組織した金融再生プロジェクトチーム、および「金融問題タスクフォース」のメンバーでもあり、公認会計士協会会長として、「りそな銀行」の資本不足問題に、重大に関与した人物である。拙著『知られざる真実-勾留地にて-』においても、キーパーソンとして登場する。
http://blog.livedoor.jp/hyouhei03/archives/51237547.html


じゃあ,なぜ? 竹中平蔵は,ほかの会社ではなく 「ミサワホーム」 だったのか?

 結論を急ごう.

 キーワードは,「日本食糧倉庫」.

 当時この会社は,土地の含み資産だけでも数兆円の会社と査定されていた.

 東京は,ウォーターフロント・勝鬨橋の両側をはじめ,23区内に数万坪.

 京都は,二条城の前に数万坪.その他,全国の県庁所在地に数十万坪.

 土地の含み資産だけでも数兆円! …うなずける数字である.

 ところが,この「日本食糧倉庫」は同族会社で,激しい内紛続きで骨肉の争い.

 この内紛に巧妙に付け込み,(専務,社長を退任させる好案があります!) (社長,専務が社長を狙ってます!)詐欺まがいの方法で 「日本食糧倉庫」 (資本金,たしか50数億)を乗っ取ったグループがいた.

 この乗っ取り資金を提供したのが,三沢千代治だった.

 そして結局,「日本食糧倉庫」 は 「ミサワホーム」 のモノになった.

 この 「日本食糧倉庫」 の莫大な資産を手にした 「ミサワホーム」を狙ったのが…,

竹中平蔵なのである.
http://blog.livedoor.jp/hyouhei03/archives/51237547.html

http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/20090225/1235540440


自動車メーカーに人の住む家は作れないと確信する三澤氏は、三澤氏は、ミサワの再生機構入りからトヨタに引き継がれるまでの一連の過程の中で、数々の不正や問題があったことを告発。特にその過程で竹中平蔵財政金融担当大臣(当時)の不当な介入があったことは、大臣の職権濫用につながるとして、竹中大臣を刑事告訴に踏み切っている。
http://www.jimbo.tv/videonews/000261.php

日本にバブルの混乱を生じさせた国際金融財閥の子分であるところの財務省・日銀・邦銀が不良債権処理に際して奮った(ている)フリーハンドの中身を司法に訴えるということはとても画期的。三澤さんを心から応援します。頑張ってください。

三澤さんは「住宅建設の仕事は文化を含んでいる」旨を言われています。それはよいのですが、「日本人で自分の家作りについて自分の考えを持っている人は少ない」と言う一方で、「趣味で作った家は売れ残る」と言い、「財産価値が残る家は大体似たような形になる」と言われています。「中国と日本で住宅規格を統一すると安くできる」という三澤さんの趣意に対して、宮台さんの言う「家作りは街づくりに従うもので、デベロッパーはその点も含めた提案をすべし」という話は噛み合っているのでしょうか。
http://www.jimbo.tv/mt4/mt-tb.cgi/266


総裁就任の4ヶ月前に、「自民党政調会 住宅土地調査会長 福田康夫」として、『200年住宅ビジョン』をまとめていたんですね。

 福田さんは第1次小泉内閣で内閣官房長官として竹中平蔵経財相とコンビを組みました。経財相は長く言うと、「内閣府特命担当大臣・経済財政政策担当」なので、福田さんは竹中さんの上司ではないけど、ちょっと上の立ち場になります。
http://blog.goo.ne.jp/kokkai-blog/e/3cf08765ed8343f8b2843d6aca71c0aa



ミサワホーム乗っ取り事件“竹中平蔵という稀代の詐欺師” が仕組んだ事件
http://blog.goo.ne.jp/youteifan6/e/6f2e5317e41fa95039d17f4ff29c80ec


ミサワホーム売却問題 [編集]
ミサワホームが産業再生機構を経てトヨタ自動車に売却される過程で、竹中らによる「公権濫用」があったとミサワホーム元会長が告訴(訴追には至らず)。
2004年(平成16年)12月28日、ミサワホームが経営不振から産業再生機構の管理下におかれ、翌年3月31日、トヨタ自動車がミサワホームのスポンサーになることが決定した。このミサワホーム売却を巡り、ミサワホーム創業者の三澤千代治側が竹中を警視庁に刑事告発した。
2002年(平成14年)5月、兄・宣雄(当時ミサワホーム東京社長)が「弟の平蔵と話しているのだが、(産業)再生機構を活用したらどうか」と三澤(当時ミサワホーム会長)に提案した。三澤はその提案を拒否したが、その後ミサワホームの経営状況は悪化の一途を辿り、不良債権化の懸念が強まった。2003年(平成15年)10月、竹中宣雄が「弟から電話があった。トヨタの奥田会長と会ってほしい」と三澤に再度要請した。くわえて、会談の前日には平蔵自らが三澤に日時の確認を行っていた。
これらの行為に対し、三澤は「国務大臣としての職務を逸脱した一企業への圧力であり、職権濫用にあたる」と主張し、刑法193条に基づき「公務員職権濫用罪」容疑で警視庁に刑事告発した。竹中側は「適正な職務執行であり、職権濫用ではない」と反論しており、三澤の主張を否定している。国会審議でも竹中の言動について取り上げられたが[35]、竹中自身は指摘された事実はないとして、三澤側の主張に反論している[36]。結局、訴追には至っていない。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E4%B8%AD%E5%B9%B3%E8%94%B5

●●●●●●●●●●以上転記おわり●●●●●●●●●●