« 島田 紳助引退と右翼と政治問題 | メイン | 宇宙人の来た目的はやはり地球救済ですか? »

2011年8月26日 (金)

②チベットで修行中に額に宝石を埋め込んだ。

誰がなんと言おうとも宇宙人はいます。

彼らは人間の意識を読み取ることができます。

その驚異的なテクノロジーと比例して精神性も高いようだ。

チベットのラザンにはUFOが着陸する場所がある。

オイラは小型UFO通称「ディスク・スキャナー」に脳が振動する異音を受けて意識を読み取られる体験をした。

まさにキチガイの戯言であるが真実に勝るものはなにもない。

これから訪れる人類の意識の変容地球の変容・異変太陽の異変と関連されている。

彼らは太陽にある目的の為に意図的にエネルギーの調整作用を施しているようだ。

北野恵宝さんはチベットで修行中に額に宝石を埋め込でから宇宙人とコンタクトをとることになった。

オイラは最初、この内容を見た時にまず最初に思い出したのが手塚治の「ブッダ」であった。

そして、読んでいる内に昔に国立中央図書館から取り寄せして拝読した、ぼろぼろの布の表紙が今にも千切れそうな分厚い「ヒマラヤ聖者の生活探究」と言う本に書かれていた内容に出てくるヨギの修行者の様子と全く同じものであった。

chakra kundalini - spiritual awakening

ヒマラヤ聖者の生活探究 第1巻 [単行本]

カスタマーレビューより

初版(英語)は1935年となっています。以来、11カ国語に訳され、世界中で密かに読まれ続けてきています。この本の内容は、著者らがヒマラヤの奥地で大師方(イエスやブッダを含む)と直に接し、様々な教えを受けたり、様々な事態に遭遇したそのドキュメントおよび教えをまとめたものです。ここに書かれている内容を事実として受け入れるか否か、それはもちろん自由ですが、その深遠さ、崇高さ、至高の精神性、霊性は、他に比較できるものが見当たりません。私はこの本(日本語版・英語版)を何十回も読んでいますが、読むたびに新たな発見があります。人類にとって永遠の書物とはこのような書物を言うのでしょう。

UFOと宇宙より

●●●●●●●●●●以下転記はじめ●●●●●●●●●●

北野先生はチベットで修行されたそうですが?。

修行しました。四年間ね。仏教ヨガをですが、テレパシーなどの超能力を開発する業をしました。宇宙人に比べたら問題にならないね。私を教えてくれたラバニナール・グレンダという方は400歳です。

400歳ですか?

驚いた様子をすると写真に撮った姿を参考にして作った人形があるからと言って隣室まで案内された。四方をガラスで囲んだ木箱の中に高さ40センチほどの人形(博多人形らしい)が置いてあった。黒色で眼が異様に大きく、前方を見つめる鋭い眼差しである。あごには短いひげをたくわえて、白い布をまとい、素足で直立している立派な姿である。

これが私の師匠です。

この方の能力はどうですか?。

テレパシー、透視、予知など何でもできます。山すそからパッと行きますしね。峰から峰へも空中をスッーと行きます。私が10日もかかって歩く道のりを10分間で行きます。

その他には?

過去を透視しますね。自分の前世のことも話してくれました

人間の生まれ変わりのことですね?

はい。

この方のような能力者はチベットにはたくさんいるんですか?。

いますね。こういう人は山から降りないです。一般の人々と混ざると
能力が落ちるから

顔の額に宝石を埋め込む風習があるそうですが?

そうね。この人はつけませんが、私はここにつけています。」            

額を指差してさわるようなしぐさをして見せる。伝統的なヨガの修行者は超能力を開発するために額の中央に宝石を埋め込むとあ聞いているが、まさかこの先生が?と一瞬驚いた(頭の内部にある松果体を刺激することによって超能力が開発できると言われている。)                  

おそるおそる額に手を当てると、確かに?一円玉くらいの平らなかたまりがそこに盛り上がっている。表皮膚の中に閉じ込めてあるらしい。

どんな?石を着けていらっしゃるのですか?

青いような白いような色の石です。修行者が着けるんですがね

ラピス・ラズリのことです。

●●●●●●●●●●以上転記おわり●●●●●●●●●●

②北野恵宝大僧正のUFOコンタクト

奇蹟は実現する!―信念が“超常力”を開く

聖白色同胞団の本当の目的

091223ヒマラヤ聖者講演 開催予告・・サマディ編

ゼロ点は自分の内側にも生成することが出来る。

Meditation - Reflection & Relaxation, Raise Your Vibrations

How to Meditate - Yoga - Meditation - Reloaded

コメント

この記事へのコメントは終了しました。