« 泣いた | メイン | SNS等を監視・分析する米政府のプロジェクト »

2011年10月 4日 (火)

NYウォール街のやらせデモになぜか?胸騒ぎ

10月日にNYのウォール街で大規模なデモが起き、700拘束された。

2011/10/1 NYのウォール街で金融界などに対する抗議デモ続く

NYウォール街デモ、全米各地に拡大

そしてこのデモを鎮圧する為にJPモルガンが資金提供をしたと言う

J.P. モルガン ウォール街デモの鎮圧に資金提供(日本語字幕版)

まるでCIAやシークレット・ガバメントがターゲット国を戦争させる為に意図的に問題(有事)を発生させて資金提供をして武器を売りつけ戦争を起こす事と同じように・・・

先週このデモが起きる前だったと思うがTV番組でアメリカの街頭でグレーのTシャツを着た女性が路上で警察官に抗議している映像が紹介されていた。

そのグレーのTシャツの女性が市民が抗議している暴動の中でなにやら暴動を制圧する警察官に合図を起こっているのです。

そして、その警官は他の人には目もくれず、その合図をしたグレーの女性だけに暴行を加えるのです。

そしてそれを見ていた周りの市民が火が付いたように暴徒と化すのです。

面白いのがその火付け役のグレーの女性がその騒ぎのあと仲間と仲良くその暴動の場を笑いながら去って行ったのです。

この暴動のシーン(場面だけ)見れば、世論を煽る絶好の絵(チャンス)になる。

その映像が、まるでデジャブか?刷り込みか?どちらか区別が付かないですが、映画のワンシーンによくある回想シーンでその場面がフラッシュがたかれ鮮明に焼きついた記憶蘇るシーンのように起きた。

なぜ?だろう?

ついこの前にはギリシャ金融危機でも、同じように

世界金融危機、発端のギリシャでは反政府デモ頻発(11/09/29)

世界的な金融不安の発端となったのが「ギリシャ」です。深刻な財政難で借金が返せなくなるという不安が、ヨーロッパからアメリカ、そして日本にも波及し、株価はまた下がり­ました。ギリシャを本格的に支援するのか、大きなヤマ場を迎えるなか、そのギリシャでは世界中の不安をよそに反政府デモが頻発しています。

ZEITGEIST: MOVING FORWARD (日本語字幕)[作成中]

投資対象国における非常事態(戦争)では金融危機の場合はファンドが無効になる。

貨幣制度の番人たちはこのマトリックスの世界を維持する為に躍起になっている

宇宙の仲間達は「貨幣制度の矛盾」に警鐘を鳴らしている

全米最強のサイキッカーのロン・バードが3・11を事前に警告していた!!

DEAD PREZ - PROPAGANDA (HD)

コメント

この記事へのコメントは終了しました。