« THE 9 | メイン | 生と死を超えた概念に不思議な転機が訪れる »

2011年10月25日 (火)

米軍が極秘に仁徳天皇御陵を発掘していた

終焉を迎えるつれて原点に返るようだ。

なんと米軍がジプト・ギザのクフ王のピラミッドや中国の秦の始皇帝陵よりも大き世界最大の遺跡であるマナの壺仁徳天皇御陵を発掘して遺跡を略奪していたのです。

三種の神器

マナの壷とは砂漠を三年間さまよったとき天から食物が降ってこの壷に入ったといわれるもので、これをいれる箱を作り金ですべてをおおい二本の木の棒をいれ担いで移動したのです。この宝物も武族と一緒に消えた。

実はこのマナの壺は失われた十士族がサバクをさまよい食べるものが無くなったときにこのマナの壺から食べ物が湧出たと残されているのです。

そんな不思議なことがあるのか?

これはUFOからマナの壺に送られたとしか?考えられないとあるUFO研究家が解説していた。

なぜ?彼らは日本人とユダヤ人に興味があるのか? 木曜スペシャル -矢追純一特集 宇宙人からの警告!- 03

だからある特定の宇宙人がUFOに乗り、日本人とユダヤ人に異常に関心を持って過去から現在まである目的の為に調べていると言うのです。

F0091252_6474761

この真実を日本国民が知ればプロパガンダが起きるので緘口令が敷かれて事実が隠されていた。

まるでイラク戦争と全く同じようなことが行われていた。

サタニストは古代日本人と神聖ユダヤの繋がりを極秘に調査していた。

葦嶽山の神谷さんは今の全米ユダイ人協会は本当のユダヤではないと猛烈に批判していた。

サタニストに略奪された仁徳天皇御陵の神器がアメリカのボストン博物館に仁徳陵出土品として獣帯鏡、三環鈴、馬鐸、環頭太刀の柄頭(つかがしら)の4点が所蔵されている。

以前にもクローズUPした大英博物館は戦利品だらけと書いては、アメリカのイラク侵略はウバイド遺跡の発掘が目的であった事を多くの方は全く知らない。

事実、米軍はCIAの指揮の元にイラク国営博物館の古代遺跡の遺品を略奪したが、一部のマスコミが批判していた。

残念ながら、その事実を警鐘したオイラのサイトはWEBからすでに消えた。

面白いのがこの仁徳天皇御陵とスパ・リフレと池上曽根遺跡が三角形になる位置に存在するのです。

Ci111024204322

仁徳天皇陵の秘密~古代イスラエルの痕跡

裏天皇の漢波羅秘密組織「八咫烏」がもたらす衝撃の事実と徐福の真実

全米ユダヤ協会は本当のユダヤではない

【永久保存版】大神神社と龍神と天皇と宇宙人&昨日、ダウンロードされた内容

ここいらでもう一度以前に阿修羅にUPした記事を振返る必要があるようだ。

極秘公開!!1945年9月、紀伊半島に上陸した米軍は仁徳天皇陵を発掘していたより

●●●●●●●●●●以下転記はじめ●●●●●●●●●●

http://blog.m-ken-net.com/blog.php?y=2006&m=11&d=10
失われた古代ユダヤ王朝「大和」の謎―密かに発掘されていた巨大前方後円墳!!菊家紋に隠された南朝キリスト伝説を追う!!

現在、行方不明になっている古代イスラエルの神器が日本に存在するという。日本人のルーツ及び、大和朝廷成立には、ユダヤ人が関わっているのか。前方後円墳、天照大神、そして歴史に消えた南朝の存在を視野に入れて、古代史の深層に迫る!!
1945年9月、紀伊半島に上陸した米軍は大阪平野を北上。その別働隊が巨大前方後円墳、仁徳天皇陵に向かい、極秘裏に玄室を発掘していたという。はたして、米軍は何が目的で、何を発見したのか。

仁徳天皇御陵はユダヤの三種の神器のマナの壷であった。

こちらの方が私の言いたいこをまとめておられます↓

http://plaza.rakuten.co.jp/kotoha/diary/200605300000/

ううう、、、???

やはり籠神社がカギか?

*2006年4月18日のM総合研究所でUPした記事で私が注目した資料↓
http://www.sagamiono-ch.or.jp/topic/shrine.pdf

籠神社のことを以前にも当、ブログでUPしたよな?

http://blog.m-ken-net.com/blog.php?y=2006&m=11&d=10
この時↑の私の龍に対しての疑問がこれを読むと気づいてもらえるのかな?

元伊勢である京都「篭神社」の御神体がなんと「マナの壷」であるという。
この「篭神社」は奥宮に「真名井(まない)神社」があり、そこの石柱には
ユダヤと同じ「六芒星(ダビデの星)」の紋章も刻まれているのである。
「篭(この)」という字も普通は「かご」と読み、
その「篭目(かごめ)紋」こそ「六芒星」なのである。

http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/5614/usi2.html

確かに「マナの壷」にそっくりだよ!!↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E4%BB%99%E9%99%B5%E5%8F%A4%E5%A2%B3

http://www.amazon.co.jp/dp/4054032370?tag=mkennet-22&camp=243&creative=1615&linkCode=as1&creativeASIN=4054032370&adid=07GNW9P0A9NECWAYKRMT&

↑この本のP57から衝撃的な事実が記されている!!

それは米軍が1945年9月26日にアメリカ第六軍は和歌山に上陸。そこから陸路を大阪へと進軍して、当時B-29がまき散らした機雷が大阪湾に多数浮かんでおり、そのまま上陸することができなかった為、安全を期しての迂作戦をとり、第六軍は予定通り海岸線を北上して、大阪市内に入ると、住友本社ビルを占拠して、ここに司令部を配置。

かくして、大阪はアメリカ第六軍団の占領下に入る。

http://blog.m-ken-net.com/blog.php?y=2006&m=11&d=10
↑の写真の左には仁徳天皇御陵の鳥居が見えるよ!!

表の歴史ではそう記されているが?裏の歴史には日本にとっては許しがたい事実があった。

問題は第六軍が大阪の堺に差し掛かった際に、予め用意された特殊部隊が存在した。その特殊部隊のターゲットは「仁徳天皇御陵」だった。

この事実は公にはされることは無かった!!

別働隊第98師団の少佐ヘンリー・W・スケルトンは、手はず通りに2台の軍用トラックに部下を20人を分乗させて、堺東部へと向かった。

そこには軍人のみならず、トーマス・B・コナーズを代表する考古学者も同乗していたことが分かっている。

これから後はこの著書を拝読して下さい。

米軍の仁徳天皇御陵の発掘の目的が、、、???

  
http://blog.m-ken-net.com/blog.php?y=2006&m=11&d=10
↑これが現在の仁徳天皇御陵の正面の鳥居

この↓サイトのここからの説明記事を参照して下さい。
http://www.city.sakai.osaka.jp/kofun/database/nintoku.html

「アメリカのボストン美術館には本古墳出土と伝えられる細線文獣帯鏡や単鳳環頭太刀などが所蔵されています」

そうです!仁徳天皇御陵の副葬品の細線文獣帯鏡や単鳳環頭太刀がなぜ?ボストン美術館に所蔵されているか?が理解できましたよ。

さらに著者はとんでもない確証と仮説を発表している!!

この仮説はアリエルのか?

-----------------------------------------------

カゴメカゴメ、カゴノナカノトリハ?

イツイツデエアアウ?

ウシロノショウメンダアアレ?

------------------------------------------------

世界が悪に満ちたとき

日本とユダヤが結ばれ黄金世界がおとづれるか?

今一度、著者はこれを発表したいのか?

●●●●●●●●●●以上転記おわり●●●●●●●●●●

出雲大社の国旗

Ci111025084048

飛鳥昭雄のEXS[12]「アメリカ最大の陰謀」ダイジェスト版

飛鳥昭雄のEXS[16]「伊勢神宮最大ミステリー」ダイジェスト版

飛鳥昭雄のEXS[15]「近代フリーメイソンと日本との関係」ダイジェスト版

ここではモルモン教徒の飛鳥氏が最後に意味深なことを言い残している上にリンク動画貼り付けが拒否されている。

モルモン教徒とある出来事の深い関係を示唆している飛鳥氏

昭雄のEXS[3]「古代文明と超古代文明」サンプル ←(動画)

と今日も朝から妄想テンコ森ダス

コメント

この記事へのコメントは終了しました。