社会・政治 Feed

2011年8月16日 (火)

地震の次は何をお見舞いしましょうか?

賢者は歴史に学び愚者は体験に学ぶ

とビスマルクが有名な諺(ことわざ)を残した。

3.11と言う悲惨な人災テロには政府が真実を隠した。

このクリップには政府が権力で情報操作をした真実が公開されている。

しかし、この場合は仕方が無いと感じる。

むしろ、当時の学徒の証言に注目した。

それが本日のブログのタイトルを示唆する。

地震の次は何をお見舞いしましょうか?

この動画を広めて下さい。

3.11以降、NETでも人工地震に関するコメントや記事を密かに監視されている事は大半の方は知りません。

これこそ政府(貨幣制度の番人)が権力で弾圧をする準備をしている証なのだ。

震災の3月11日に閣議決定された「コンピュータ監視法案」が何を意味するのか?

イルミノドンが宣告した3・11にわざわざこの日に「コンピュータ監視法案」を決議したのか?

何も知らない国民はただの偶然であると信じるが、それは違う。

日本政府の閣議案件 

人工地震、人口津波はアメリカの仕業だと言う証拠がNHKで放送されていた☆

20110810 封印された大震災~愛知・半田


20110810 封印された大震災~愛知・半田 投稿者 PMG5

Benjamin Fulford VS POCO凸凹BAND Lesson4  人工地震(Artificial Earthquake)

気象兵器開発禁止と人工地震の新聞記事

アストラTR3Bと人工地震

東北関東大震災は人工地震なのか?

石油公団、新潟県柏崎に、石油開発の実習場――人工地震装置など建設。1991/09/11, 日経産業新聞, 16ページ, , 271文字

情報処理の高度化等に対処するための刑法等の一部を改正する法律案

表向きはウイルス作成に罰則 関連法案を閣議決定とされているが、本当は違う。

ウイルスをターゲットのブログやサイトにマルウエアなどを仕込むことは簡単だ。

気づかないように目障りなサイトやブログをウイルス撒き散らす「犯人」に仕立てることが出来る。

以前に阿修羅でも警告したことがあるが、オイラも頻繁に貼り付けている動画サイトのYouTubeのコメント欄のリンクをクリックするとウイルス感染が意図的に仕組まれる悪意があるのです。

ユーチューブのコメントを開くとウイルス感染する場合があるので注意しろ

2011年8月 3日 (水)

日本を蝕む韓国 間接侵略 電通と韓流の関係

電通といえば小泉政権で「タウンミィーテング」をやらせで展開しワン・フレーズ・ポリティックスの街頭演説を展開したことがある。

共同通信は「電通」の大株主である。

これまた偶然なのですが、この共同通信とCIAの関係の話はそこらへんのジャーナリストや評論家から聞いたのではない。

ホントおいらは不思議な縁と言うのか?因縁と言うのか?使命と言うのか?不思議な体験と不思議なご縁がテンコ森ダスが、この話は当時の経団連のある人物から直接聞いた話なのです。

その共同通信にはCIAから送り込まれたノックス要員が意図的米国の国益に関わる時事問題を有利になるようにジャナリズムを煽りターゲット国に政治的な外圧とナショナリズムを誘発する記事を流すと聞いたのです。

最初にこの話を聞いた時は丁度、日本は日米貿易摩擦で自動車の貿易摩擦でパパブッシュが来日して米国の自動車メーカーのビック3のCEOを引き連れて強引に数値目標を押し付けて来た時期であった。

このCIAの通称ノックスがトムクルーズ主演の映画「ミッション・イン・ポッシブル」の中にも登場する実在スパイである。

この映画Mission Impossible ではトムクルーズ(イーサン)が潜入捜査官の名簿NOC Listをめぐる攻防で、意外な真犯人が明らかになる展開を見せる。

Best "Mission Impossible Remix" Ever

経済安全保障Ⅰ

経済安全保障Ⅲ

Photo003

(↑クリックすると拡大されます)

エコノミック・ヒットマン(経済の殺し屋)と呼ばれる仕事についていた米国人・ジョン・パーキンス氏が告白している動画があります。米国に刃向う指導者や、賄賂が効かない国家指導者にはジャッカルと呼ばれる殺し屋を派遣し、飛行機事故などを装って殺害している事や、ODAなどで貧しい国を開発する事を­大義名分にし、借金まみれにして植民地化してしまうという告白もしています。

エコノミック・ヒットマンが語る恐るべき真実

Cia3

(↑クリックすると拡大されます)

この記事は原先生から頂いた新聞記事ですが、その昔オイラは高度情報社会を勉強している時に原先生と出会い、先生の講演を聞いた時にこの記事を頂いた。

その時の話が「あなたの会社が潰れますヨ」と言う話であった。

正直、大変失礼だが「この人は少し頭がおかしいのか?」と思った。

それから人一倍疑い深いオイラは必死で関連する時事問題を調べた。

そしたらこれまた偶然のご縁で当時、ミノルタの社長秘書をしていた娘さんの親が偶然にも私の知り合いであり、大阪の天満の自宅に伺いミノルタの事件を取材したのです。

そして当時PCの知識が全く無かったオイラは参考書を3冊広げて、2日寝ないでインターネットにM総合研究所を立ち上げ米国の経済安全保障問題のレポートを無料で公開した。

今でも覚えているが、寝ないで必死でPCのモニターの明かりだけが部屋を照らし、まるでスポットライトに照らされて静まりかえった中でキーボードのぎこちない音に家内が気付いて起きて来て「あんた何かに取り付かれているみたいや」と不安げに早く寝るようにせがんで来たた。

その家内の心配ごとを振り払い2日連続で昼間は会社に出かけ夜は寝ないでPCで自分のサイトを構築した。

オイラの魂が完全に振動して共鳴した

そう

未来の日本の為に

それで阿修羅やネットでキチガイの戯言を連発するようになった。

留めは小型UFOに意識を読み取られた。

共同通信とCIAは協力関係にあると噂が?

かれこれ十数年程前からNETでキチガイの戯言を連発しておりますが、おいらは自分が実際に体験した事を無料で公開して来た。

井口博士にも同感だがチョット有名になって来ると小銭稼ぎで有料化するヤカラの気持ちが全く理解出来ない。

また中身のない本を書いて名前だけで宣伝する出版社や独自の分析と論説が出来ないスピ系アナリスト(通称オナニスト自己満)まがいにはうんざりさせられる。

かれらにはもっと大欲をもって本物になってほしいと痛感する。

たぶんそのようなヤカラは振動=周波数がおいらとは合わないだろう。

そう

おいらはキチガイだから(爆笑)

しかしその昔にこのキチガイの戯言を某出版社がWEBで有料コンテンツとして取り扱いたいとオイラに電話して来たことがあった。

実はUFOに意識を読み取られる以前にはオイラは自分が分析した時事問題を「お金儲け」のネタに出来ないのか?

と模索していた時にその某出版社からオファーがあった次第なのです。(恥ずかしい)

しかし、その後、これまた偶然のタイミングと言うのか?必然のタイミングなのか?

オイラは小型UFO通称「ディスク・スキャナー」に意識を読み取られてからお金儲け」の為に自身の事実の体験を「売る」と言う概念が全く無くなってしまったのです。

その時に何度もオファーしてくるその出版社の方が「森さんの記事をなんとか有料コンテンツにご提供して頂けないでしょうか?」と言うのですが、キッパリとお断りしました。

正直な気持ちですが、その時に「お金儲け」のネタを断った時には全くの後悔も無かった

むしろすがすがしい気持ちで自ら欲望と対決出来たことへの喜びに変わっていた。初めて味合うなんとも言えない爽快感に見舞われた感情をうっすらと記憶している。

だからUFOさんもこのキチガイの振動を感知して関与したのかも知れない。(多分それはないドテ・バタ)

ジャパンバッシング- 日本の資産を搾取して延命してきたテロ国家

チェイニー副大統領の元首席補佐官、ルイス・リビー被告(56)に対し、ワシントンの連邦地裁の陪審は6日、有罪の評決を下した。

米副大統領の元側近に有罪 CIA工作員名漏えい事件

韓流を強く推すテレビ局の姿勢を批判し、事務所を退社した俳優、高岡蒼甫さんが話題にhttp://www.j-cast.com/2011/07/31102979.html

「あるテレビ局」が韓国政府からK-POPを流すようお金をもらい、さらに楽曲の権利も持っていて、K-POP歌手が売れれば売れるほど、テレビ局にお金が入る仕組みがあったとして、「だからその局がK-POPをバンバン流すという・・・

韓流ドラマ放送フジ「ダントツ」1位 自社制作より安く、視聴率も取れる

韓流ドラマは韓国の「対日工作」だ 電通 http://blogs.yahoo.co.jp/nipponko2007/37882280.html

「退陣する菅直人首相が、在日韓国人から政治資金を貰ったていたことが国会で明らかにされ、前原前外相も在日韓国人から金を受け取り、辞任をした。菅直人首相の側近、土肥隆一衆院議員は、韓国の国会議員と一緒に、竹島の領有権主張の中止を日本政府に求めた売国議員である。彼には、主権国家の国会議員という主権意識が皆無である。これは、現在の電通やテレビメディアの姿勢とほとんど共通するものだ。だからこそ韓流ブームは危険なのである」 日本を蝕む韓国 間接侵略 電通と韓流の関係

電通とアメリカと自民党とNHK規制と構造改革はひとつながり

7月5日は米国の建国記念日に北朝鮮は7発のスターマインド(祝賀花火を米国に捧げた!!)

北朝鮮ミサイル発射を予告した本の存在!

民主党政権で確実にこの日本でテロが起きる

そして3・11が起きた。

全米最強のサイキッカーのロン・バードが3・11を事前に警告していた!!

2011年8月 1日 (月)

米債務上限引き上げ 合意発表の猿芝居

米国のデフォルトは回避された。

この前にM総研は指摘したが、8/2の債務不履行はないと・・・・

新1000円札と米1ドル札

1000円札の、裏面の富士山を三角形としてすかして蛍光灯の光などを当てすかしてみると表面の野口英世の左目がピラミッド・アイとしてシグナル・ノイズが出現する。

Ci110801131906

そうこの日本をも「貨幣制度の番人」が人類を支配している証なのです。

オイラはスパ・リフレで丹田呼吸をしていると突然、貨幣制度の虚しさが込み上げて来た「瞬間」に脳が振動する異音を受けて小型UFOに意識を読み取られた。

その彼らのメッセージは人類がこの貨幣制度のマトリックスから脱却して、本来の目的である精神性を向上させ、自らが価値観の変貌を遂げなければ人類の次の未来はないと。

物質欲と享楽に溺れ、本当の姿を見ようとしない現代人

光と闇の戦いの根底には誰もが持つ欲望との葛藤で、本来の人間の目的である魂の向上と霊性を高めることであると悟った者に、彼らは間接的に直接的に関与するようだ。

この貨幣制度は「お金」でもって崩壊する。

そう

支配を目的する為の「お金」で、自らその「お金」で潰れるのです。

これは日月神示にもある

http://18.pro.tok2.com/~solht0920070/sunmoon/123_20_ume/ume_20_453.htm

人類を金で固めて金で潰す(ウメの巻第26帖)

金(きん)では治まらん、悪神の悪では治まらん、ここまで申してもまだ判らんか、金では治まらん、悪の総大将も其の事知って居て、金で、きんで世をつぶす計画ざぞ、判ってゐる守護神殿 早う改心結構ぞ、元の大神様に御無礼してゐるから病神に魅入られてゐるのぢゃぞ、洗濯すれば治るぞ、病神は恐くて這入って来られんのぢゃぞ、家も国も同様ざぞ。神示幾らでも説けるなれど誠一つで説いて行(おこな)って下されよ、口で説くばかりではどうにもならん、魂なくなってはならん。十二月十四日、ひつ九のかミ。

これでまた先延ばしで本当のデフォルトは2012年5月以降になる。

貨幣制度の番人は、この日本の個人資産1400兆円を確定拠出DC年金にどんどん注ぎ込ませて、政府が一般市民の財産を犠牲にせてマトリックスエージェントシステム通りに動かされている。

来年の2012年5月ごろにはかなりの金額が偽ユダヤの投資信託(株・為替)に流入させられているだろう。

ルミナティ悪魔の13血流は貨幣制度の番人でイスラエル最高裁判所に答えがある

西洋VS東洋の龍の真意

そう

まるで時限爆弾秒読みをカウントするようにトンダ猿芝居の先には仕組まれた「米国デフォルト」と言うイベントに向けて着々と「お金」が注がれている。

ネバダレポート IMF日本管理プログラム

貨幣制度の番人へ:IMFとカーライルと韓国転覆とウィキリークス

この世からお金が無くなればどんなにすばらしい世界になるだろうか?

あなたは本気で考えたことがありますか?

確定拠出DC年金制度の本当の目的

米債務上限引き上げ 合意発表

http://blogs.yahoo.co.jp/beautyhappinesshide/61050933.html より

●●●●●●●●●●以下転記はじめ●●●●●●●●●●

伝説的投資家、ジム・ロジャースさんのリーマンショック後のインタビューです。

彼は陰謀論にも関係がないですし、金融犯罪者側にいると思われるソロスさんとファンドも作ったことがあります。 米国連銀(FRB)が1998年から始まったグリーンスパンによる金融機への無差別級歳に対して思い切り批判をしています。本当にコテンパンにやっつけまます。 今回、米国債の格付けが下げられていますが、これからいろいろ起きてきます。ご興味があれば、Ron Paul(共和党議員)Peter Schiff(エコノミスト、ファンドマネージャー)Jim Rogers(投資家)Marc Faber(投資家)などに注目してみてください。 彼らは随分前から「予告」しています。制度疲労を起こしているというよりも、ユダ金やCFRへの利益誘導の為に動いているといった方が当たっていると思う。 今年の米国破綻が現実化した年に何が起きたか、そう3.11同時多発地震による東北太平洋沿岸部を襲った大津波である。今日20日から再び本格的な地震が置き始めている。 そして其の311段震災のドサクサに紛れて日銀は何度も為替介入を行ったばかりか、IMFにも多額の拠出金を提供してしまった。そして米国は4月9日のデフォルト危機を回避した。 国際金融詐欺集団に完全支配されている米国と其の行為に加担してきた多くの売国奴たちによって、長年に渡り脅されるままに我々の莫大な血税を注ぎこまなくてはならない現状は日本人として悲しいものがある。 債務上限への到達はクリントン政権下の1995年にもあった。これらの年は日本で何が起きたか、そう阪神淡路大震災と地下鉄サリン事件である。2000年~2001年にも米国破綻する兆候があったが、2001年9月11にNY同時多発テロが起きたことで軍産複合体が儲かった。

●●●●●●●●●●以上転記おわり●●●●●●●●●●

【直言極言】米連邦政府債務危機とマスコミのタブー[桜H23/7/29]

イタリアの13兆円の国債事件が人工地震を引き起こした

http://m-ken.blog.eonet.jp/weblog/2011/04/post-e946.html

IMF専務理事がイルミナティにより失落でサルコジ当確か?

http://m-ken.blog.eonet.jp/weblog/2011/05/post-c60c.html

ゴールドマン・サックスが0.03秒早く市場を制覇するソフトを使い巨万の富を得ていた!!

http://m-ken.blog.eonet.jp/weblog/2011/06/003-1a9d.html

確定拠出DC年金制度の本当の目的

http://m-ken.blog.eonet.jp/weblog/2011/06/dc-6868.html

2011年7月 7日 (木)

クロスボーダー電力アービトラージ

クロスボーダーとは、まさに、ボーダー(国境)をクロスする、 つまり、国境を越える
という意味であり、それがM&Aという用語と結びつき、 クロスボーダーM&Aという合成語
が出来上がります。 すなわち、国家間をまたがるM&Aという意味。

アービトラージ,(Arbitrageとは金利差や価格差を利用して売買し利鞘(りざや)を稼ぐ取引のこと。サヤ取り(鞘取り)ともいう。

金融日記さんより

●●●●●●●●●●以下転記はじめ●●●●●●●●●●

僕の中で、スティーブ・ジョブズがいったみたいに、今までばらばらにあったと思われたいくつかのドットがラインで繋がった。そしてそのラインが描き出したものを知ったとき、僕の膝はガクガクと震え始めた。僕は偶然にも、孫正義の秘密の計画を知ってしまったのだ。それはクロスボーダー電力アービトラージだ。莫大な利益を永久に生み出す恐ろしいスキームだ。

世の中のあらゆる商売は安く買って、高く売ることで成り立つ。電力会社は中東などから化石燃料を買い、それを燃やして電気を作り、少しばかりの利益を乗せて、顧客に売る。現在の韓国の電気代は日本の3分の1。そして脱原発や自然エネルギー全量買取法案で今後の日本の電気代はうなぎ登りに上昇していく。仮に、韓国で電気を買って、それを日本で売ることができるならば、莫大な利益が転がり込んでくるだろう。しかし、このアービトラージは実現不可能だ。なぜならば電気は送電ロスがあり、韓国から日本に現実的なコストで電気を運ぶことができないからだ。だからこそ東電や関電は、日本で高い電気を売りさばき、殿様商売ができるというわけだ。

しかしその不可能なクロスボーダー・アービトラージを可能にするのが、今回の孫正義のスキームである。まずソフトバンク傘下の電力を大量に消費するデータセンターなどを韓国に移し、そこで大量の電気を韓国で買う。一方で、日本ではメガソーラー発電施設を建造し、極めて高い電気を地域独占の半官半民の電力会社に好きなだけ売る。これによって、日本海の国境を渡って韓国から日本に電気を運ぶことなく、実質的に韓国で買った電気を、極めて高い値段で日本国民に売りさばくことが可能になる。この時の電力価格差が大きければ大きいほど、孫正義の利益も大きくなる本の電気代を釣り上げられるだけ釣り上げることが目的なら、孫正義の今までの行動も全て説明できる放射能の恐怖を煽ったこと、橋下徹の心にあのアイデアを植えつけたこと、そして菅直人の心に侵入したこと・・・

なるほど、本当によくできたスキームを考えついたものだ。通常、アービトラージ・オポチュニティーというのは、発見され利用されると利幅が狭くなり、やがて消失する。そのことによって高くものを買わされていた人々が救われる。目ざとい商人やトレーダーは、その社会的な意義のために報酬を受け取っていると考えてもいい。しかしこのクロスボーダー電力アービトラージの肝は、その利幅が永久に縮まらないことだ。日本の電力会社の地域独占ソーラーによる電力買取価格を固定することにより、日本側の電気代は永久に高止まりすることになる。つまり、孫正義は永久に儲け続けることができるのだ。

●●●●●●●●●●以上転記おわり●●●●●●●●●●

発電と送電を分離は米国の要望

イヤイヤ、孫さん

あんたもフロント企業の片棒担いで、管さんに「どうせ米国企業に送電会社を乗っ取られるのならば、うちに任せた方が日本の国益になる」と相談された時に総理に忠告したんでしょう?

孫さんはグーグルの電力参入に異常に警戒していた。

孫正義、「自然エネルギー財団」設立を発表 1/3

孫正義、「自然エネルギー財団」設立を発表 2/3

孫正義、「自然エネルギー財団」設立を発表 3/3

原子力と火力発電の電源別発電コストとフリーエネルギー

このようにデルフト大学のミュアマー・ユイルドリズのエンジンと大政さんの水が燃料になる技術が普及すれば利権塗れの原発電力など必要なくなる。

しかし、貨幣制度の番人は許さないのは当たり前だ。

でも先の日本を襲った東北関東大震災で津波よる被害を受けた福島原発の事故がキッカケで、今にしか電力を見直す機会はないのです!!

2011年7月 5日 (火)

QE2の終了後が世界経済にどのように影響を与えるのか?

先週の金曜日からこのサイトをチェックしておりました。

確定拠出DC年金制度の本当の目的

理由は先般も書きましたがオイラの会社がDC投資を導入するようになったので、色々調べておりましたらツイッターで知ったので興味深くウオッチしていた。

質問256 QE2終了決定でアメリカどうなる?

質問256 今日の日経新聞にアメリカ量的金融緩和6月で終了決定みたいに記載されてましたが、すぐにアメリカデフォルト宣言ですか?日経平均は?日本の大手銀行は?大手生保は?どうなりますか?中国は米国債紙切れになると、戦争ですか?これは米国が債権が暴落しても良いと容認したと考えて宜しいのでしょうか?又、暴落=破綻時期は6月以降でしょうか? 』 を更新しました。

質問288 QE2の終了が世界経済にどのように影響を与えるか?

質問290 ビルダーバーグ会議とはどのような会議ですか?

国際決済銀行(BIS)報告書に隠された日本銀行の『実態』とは?

第56回収録トーク 「異常気象、米連銀はQE3を実施するか?」

これらの質問なんでも子供相談室のような内容の一番下の「異常気象、米連銀はQE3を実施するか?」のフレーズが非常に気になった次第です。

もしか?すると気候操作で意図的ターゲット国の”自然災害の対応復興費用”を経済転覆戦略として金融兵器で骨抜きしているのではないだろうか?と感じた。

話が変わるがつい先般は米国ガイイトナー財務長官の辞任説が流された。

ガイトナー米財務長官、辞任検討かアメリカのガイトナー財務長官が焦点となっている債務限度引き上げ問題が決着した後に、辞任を検討していると一部で伝えられ、波紋が広がっています。

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-21128620110516

[ワシントン 16日 ロイター] ガイトナー米財務長官は16日、議会指導部に宛てた書簡のなかで、米国の債務が16日の国債発行をもって上限に達することに伴い、特別措置として政府年金基金への資金拠出を差し止める方針を示した。

http://smcw.jp/blog/644

現在定められている連邦債務の上限は14兆3000億ドル。

その上限に達した今年5月16日から、 米国政府は、いっさい国債が発行できない状態にあります。

裏をかえせば、8月2日以降、債務不履行になり、破綻する、という噂を聞きました。真偽の程は分からないのですが、もし、万が一、アメリカが破綻なんて事になってしまったら、Sさんが得意とされている、 アメリカ不動産への投資に影響が出るのではないか、 と不安を感じました。

カリフォルニア州の財政破綻が引き起こすアメリカのデフォルト宣言

728カリフォルニア州の発行している州債券の大口返済の期日が到来するが、どうやら返済資金が枯渇しているために、不渡りになる可能性は大きいようである。

かの俳優のアーノルド・シュワルツネッガー知事が62日に議会で「このまま何も措置が取られなければ、2週間後に悲劇的な事態が到来する」と語っていることを考えると、それは十分あり得ることである。

おい前原!君が国交省大臣の時にシュワちゃんに貸した2兆円、まさか返ってこないことないよね!

シュワチャンは元々は闇の政府のお雇いですから、この2兆円略奪は仕組まれた猿芝居なのは、あたり前田のクラッカーだ。

記者クラブという談合メディアの実態

エジプト北アフリカのチュニジアで相次ぐ政府への講義市民デモは真実を知った市民達の講義デモだ。

菅総理大臣退任の市民デモ

米フロリダ州のスコット知事は16日、フロリダ州・タンパとオーランドを結ぶ路線135キロの高速鉄道の建設計画を中止すると発表した。雇用創出を急ぐオバマ政権の目玉事業の一つだが、採算があわないと判断した。オバマ大統領は、全米1万キロ以上の高速鉄道建設を唱えたが、本当に鉄道が成り立つのかという懸念はあった。

JR東海を中心に、同州への新幹線技術の輸出を目指していた日本連合にとっては打撃となる。

2010年9月、退任直前米カルフォルニア州知事のアーノルド・シュワルツエネガー氏が来日し、アメリカを横断する高速通勤鉄道(新幹線)の建設誘致計画もちかけ、まんまと日本政府から2兆円を貢がせた そもそも米カリフォルニア州の財政赤字は1兆3386円といういつ破綻してもおかしくない経済状態で、アメリカ全州の中でもぶっちぎりのワーストワンだ。自州の公務員400万人の給与支払冴え滞っている状態だそうだ。そこでオバマとシュワちゃんはそうだ!日本に我々の公務員の給与を払ってもらおう!と意気投合し来日したのだ。財政状況をみると、インフラ整備など拠出できる状態でないのだから、彼らは最初から通勤用高速新幹線などを建設する考えも目的もなかったのではないかと推測できる。 しかし日本政府は、まんまと彼ら口車にのり、気前よく2兆円をポンと貢いだのだった。

そしてこの交渉の窓口となったのは、アメリカの言いなり代表「前原誠司と悪の親玉JR東海会長「葛西敬之」。この二人は何の担保価値もない紙屑同然のカルフォルニア州債を2億円で買ったのだった。

日本が献上した2兆円は、速攻で不払いとなっているカリフォルニア州全公務員400万人の給与支払いにありがたく使われたそうだ。 この献金の2兆円は財務省の特別会計(埋蔵金)から捻出したので、一般市民の眼に触れることがないお金だ。石井紘基氏も指摘していたが、売国マフィアといわれる財務省官僚は、我々の知らないところで大切な税金を、アメリカや天下り企業に貢いでいる。

世界が恐れるデフォルトの脅威

アメリカのデフォルト問題も、刻一刻とその時期が迫ってきている。14日のバーナンキFRB(米連邦準備理事会)議長によるデフォルト発生の危険性発言以降、オバマ大統領の議会向けの発言や1日のガイトナー財務長官の警告発言が続いている。ここに来て、ガイトナー氏の辞任問題までが出てきているところを見ると、政府の危機意識が高まってきていることは確かである。

米財務省は1日、8月2日以降は連邦政府の借り入れが不可能になるとの見通しをあらためて示し、期限までに債務上限引き上げで合意するよう議会への圧力を強めた。ガイトナー財務長官も8月2日までに、議会が上限引き上げで合意できなければ、米国債のデフォルト(債務不履行)を招く恐れがあり、そうなれば銀行システムに混乱をもたらし、世界経済に大きなリスクとなると、改めて警告している。

2011年6月30日 (木)

国家非常事態対策委員会6/28

先般からUSTを携帯電話のスマホで「国家非常事態対策委員会6/28」を通勤途中で見ていたが動画が飛びまくりだ。

空手道本庁総裁、朝堂院大覚、国際ジャーナリスト・ノンフィクション作家ベンジャミン・フルフォード、進行は橘 謙蔵。番組は更新放送です。

http://mopal.jp/emergency/index.html

国家非常事態対策委員会6/28

興味深い情報ですネ

静香ちゃんがJALとセキュリティー会社の株式会社ジェイ・エス・エス 疑惑の真相を暴露した黒龍会とも関係がある謎の朝堂院大覚氏の話。

http://blog.livedoor.jp/tonchamon/archives/51950154.html

この警備会社のJSSというのが亀井の奥さんが監査役をやってて社長が亀井の同級生とかいうアカラサマにアレな会社なんだが、亀井の財布のようなもんだ。

この警備会社「ジャパン・セキュリティ・サポート」JSSと言う会社は空港の手荷物検査業務などを請負っている独占企業なのだ。

亀井と日航が喧嘩してた時期に日航からカネを引き出したというので警察を利用して裏側でドロドロがあったのではないかという噂。

JAL事件

しかし政治家とは利権に巣食らうヤカラが本業のようだ。静香ちゃんと言えば売国奴の竹中を追い詰めてビビラせた勇談や簡保疑惑にメスを切り込んだ勇ましいイメージしかありませんでしたが・・・

亀井先生の一言で青ざめる竹中平蔵

【保存推奨】亀井先生の一言で青ざめる竹中平蔵

亀井郵政担当大臣は当たり前だコノヤロウ!!

【永久保存版】貨幣制度の番人達へ

2011年6月28日 (火)

確定拠出DC年金制度の本当の目的

とうとうオイラの会社が来年で法律が変わるので、確定拠出DC年金(かくていきょしゅつねんきん)(DC, Defined Contribution Plan) の制度を導入するようになった。

わかりやくす言えばアメリカからの要望で日本のサラリーマンの年金をユダヤ資本が管理する投資信託にお金を回すように命令されて日本の法律を改定したのです。

これはトンデモないことになる!!

この投資信託には米国ドルの為替株式投資相場がある。

企業の退職金制度に備蓄されたサラリーマンの企業年金の資産投資信託に投資できるようにシステム法律改定を貨幣制度の番人が日本に押し付けたのです!!

この投資信託説明書 をじっくり見てビックリした!!

投資対象国における非常事態では金融危機デフォルト重大な政策変更や資産凍結を含む規制の導入、自然災害、クーデターや重大な政治体制の変更、戦争等による市場の閉鎖 ... ファンドの設定日より以前の日付を指定された場合は、無効となります。

つまり、金融危機や戦争が起これば、信託投資は凍結されて、例えば米国国債や為替でドルを購入していると大損を食らうのです。

そのターゲット国の投資家のお金合法的に吸い取ることが出来るのです。

ここが投資信託の落とし穴なのです。

平和ボケした日本国民は他人事であり、ペイ・オフを信じて分散投資信託を選択するサラリーマンが多いのが現実だ。

だからイルミナティカードにあるように金融危機と戦争セット意図的に起こすことでマトリックスの世界のエージェント(貨幣制度の番人)の思う壺なのです。

予告された911テロ/イルミナティ・カードゲーム95年

その証拠はついこの前に起きたばかりのリビアの不可思議な有事を見れば理解できる!!

ゴールドマンサックスと言えば以前にM総研にエールを送ってくれた副島先生も著書で告発していた0.03秒で膨大な利益を上げていた記事↓ここでもう一度振返る必要があるようだ。

ゴールドマン・サックスが0.03秒早く市場を制覇するソフトを使い巨万の富を得ていた!!

何度も何度も言っているが、これは陰謀論ではないのです。

イルミナティのフロント企業が意図的に起こしているのですヨ!!

欧米銀行 カダフィ リビアの投資資金を大損害 戦争で返済不要?11/6/4

国際銀行はリビア カダフィ大佐から預かった投資資金において、数億ドルの損害を出したと報じられました。ファイナンシャルタイムスによるとゴールドマンサックスなどの大手金融機関は、金融­危機において資金不足で困っているときにこの独裁者をしていたと報じています。この投資資金はほとんどの価値を失っていますが、リビアの現状をみると、返済される可能性は­少ないようです。 経済 金融 犯罪

ゴールドマンサックス リビア カダフィへ支払い踏み倒し?

リビアは米国投資銀行ゴールドマンサックスの次なる犠牲者になる可能性があります。現在ゴールドマンは金融危機に関してアメリカ政府から調査を受けています。3年前にリビ­ア政府系ファンドからの投資1億ドルを損失されたとされます。

いかがでしょうか?

このように似非ユダヤの貨幣制度の番人はこの日本を食い物にしている

ここでハッキリと言えることは来年の2012年4月までは米国ドルは崩壊しない。

ドル崩壊は2012年5月以降になると宣言できる!!

イルミナティは、他の金融クラッシュを計画していますか?

他人ごとではない。

売国奴と貨幣制度の番人に日本は完全にハメられる!!

適格退職年金移行物語
http://youtu.be/0E9qy0DCmlo
平成24年3月末に廃止される適格退職年金については、それまでの間に他の企業年金等への移行が必要となります。ここでは、移行先の制度や移行期間、相談窓口等についてご­紹介しています。

米国「年次改革要望書」 2008年版
http://www.core-net.jp/column/m20081226.html

●●●●●●●●●●以下転記はじめ●●●●●●●●●●

要望書に書かれたことで日本で実施されてきた改革をいくつか紹介しますと、確定拠出
年金制度の導入
、郵政民営化、建築基準法の改正(耐震偽装時)、携帯電話のナンバー
ポータビリティ制度の実施、労働者派遣法改正などが挙げられますが、 ...

●●●●●●●●●●以上転記おわり●●●●●●●●●●

アメリカ「確定拠出年金拡大して,医療産業への米国参入許可してNTT解体して食品の検査緩和しろ」
http://unkar.org/r/news/1226420522

この確定拠出DC年金サラリーマンの膨大な企業年金投資信託投資されると最悪の事態を招くことになる。

昨年のDC拠出年金の総額が4兆7019億円でしたが・・・

http://dcp.seesaa.net/article/186432297.htmlより

●●●●●●●●●●以下転記はじめ●●●●●●●●●●

一方、企業年金連合会の調査によれば、DC運用資産に占める投資信託の割合(投資比率)は、34.1%とあまり高くありません。国が「貯蓄から投資へ」を提唱するのであれば、DC加入者に資産運用に関する教育費の補助を出すなど、声を上げるだけでなく具体的な対策があってもいいように思います。

その理由は―。DC資産総額は、個人の金融資産1400兆円に比べれば遥かに小さいのですが、1400兆円の大半は60歳以上のリタイア世代が保有しています。こうした方々の資産運用期間を考えますと、貯蓄から投資へ切り替えるには、大変失礼ながら高齢過ぎるように思います。しかしながら、企業には若い世代の従業員が沢山在籍しています。こうした世代が金融リテラシーを身につけて、リスクを伴う資産運用にきちんと向き合えるようにすることが大切ではないでしょうか。

●●●●●●●●●●以上転記おわり●●●●●●●●●●

このようにアメリカの要望で日本政府が法律を改定して企業年金投資の為にお金を意図的に回すことは、言い換えれば意図的に金融市場をデフォルトすれば、この金融資産はぶっ飛ぶことになる。

米国ドル崩壊米国債デフォルトが囁かれている。

アメリカドル本位制崩壊中

メモ独り言戯言さんより

世界で最も大きい投資信託を動かす男がすべての財務省長期債券を売った理由
http://www.theatlantic.com/magazine/print/2011/06/the-vigilante/8503/
すっかり目覚めたニュース予報: 合衆国ドルは4週間でクラッシュするでしょう。
http://www.rumormillnews.com/cgi-bin/forum.cgi?read=207692

そのぶっとんだお金は何処に消えることになるのか?

ここがユダヤ金融資本の企みになる。

お前たち貨幣制度の番人のやることは

みえみえダス。

「崩壊する世界経済と新世界秩序の実態」4/5 (CFR・FRB・BB編)

Zeitgeist ツァイトガイスト(時代の精神)日本語字幕版 Part3 4/5

そしてドルラッシュバックしてAMEROへと移行して米国の債務は半減させられる計画がある。

The Amero - North American Currency

貨幣制度の番人たちがもがき始めている。

アメリカ新通貨? アメロ AMERO 【隠されている情報を知る】
http://www.asyura.com/08/hasan55/msg/944.html

アメリカの債務放棄の切り札か、ドル崩壊を見越して新通貨を準備しているらしい。

「AMERO」と「クラッシュ・プログラム」 →クラッシュするのは日本!
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=165106

これまで米国は基軸通貨ドルを発行することで莫大な貿易赤字と財政赤字、そして家計の赤字を糊塗してきたと言われます。このような世界的な米国ドル一極体制の中では、たとえどんなに赤字を出そうが、自由貿易においてドルを決済通貨にしておけば、皆一度はドルを買わなければならず、米国に資金が集まる仕組みが巧みに機能していました。
さらに、日本と中国が巨額の貿易黒字を背景に米国債を買い続けて来たのも、米国の収支に大いなる貢献をして来ました。

イタリアの13兆円の国債事件が人工地震を引き起こした

 
※2006年度の米国経常赤字は過去最悪の8566億ドル。5年連続で過去最大を更新し、5年前の倍となっている。

今回CNNが報じた新国家「AMERO」への動きは、米国自身がまさに崩壊するドル体制を見込み「新国家体制」を創設ことによって新通貨を発行し、今のドル体制を自ら終焉させることでこれまでの過去の負債を一挙に清算(リセット)するという意図があるのではないかと見られています。

むしられ続ける日本:禁じられた金保有

日本政府が保有する米国債を売り放ったらどうなりますか?

2009年度米国大統領予算教書の内容にみる本質

IMF専務理事がイルミナティにより失落でサルコジ当確か?

2011年6月15日 (水)

ゴールドマン・サックスが0.03秒早く市場を制覇するソフトを使い巨万の富を得ていた!!

貨幣制度の番人たちがもがきはじめている。

銀河の中心から来るエネルギーで太陽が影響され、目に見えない振動共鳴価値観の変容をする人々が増えている

宇宙線と太陽と火山とUFOと意識と松果体の変容

太陽には人間の目に見えない霊的な意識エネルギーがあると気が付いた。

太陽の電磁波を受ける重要なファクターが人間の脳の「松果体」である。

振動」の共鳴:振動率違う価値観の変容が近づいている。

波動の極みからの魂の振動共鳴

物質欲と享楽に溺れ、本当の姿を見ようとしない現代人

こんなに苦しい時代だから、よけいに人はお金に対して執着します。

物質欲によって本当のことが見えにくくなっています。それで、ほんの一握りの人が全てを支配してしまう。

世界を支配をしている者にとっては、日本なんか潰れたって平気です。

しかし、それに気がつかない。

米国政府を支配するウォールストリートの陰謀 ゴールドマンサックス 1/3

米国政府を支配するウォールストリートの陰謀 ゴールドマンサックス 2/3

米国政府を支配するウォールストリートの陰謀 ゴールドマンサックス 3/3

SECがゴールドマン・サックスを詐欺罪で提訴より

●●●●●●●●●●以下転記はじめ●●●●●●●●●●

ナスダック、ゴールドマン・サックス等のトレーダーに0.03秒早く市場情報を提供

ナスダック(NASDAQ)など米国の一部取引所が一定の料金を受け取る代わりに、特定のトレーダーに0.03秒早く市場情報を提供し、ゴールドマン・サックスなどが高性能コンピューターを使って情報を分析、他の投資家を出し抜く形で自己売買取引を行い巨額の利益を上げていることが、ニューヨーク・タイムズ紙の記事で明らかになった。

巨額利益生む0.03秒 米ゴールドマン

ナスダック市場など米国の一部取引所は一定の料金を受け取る見返りに、特定のトレーダーに0.03秒ほど早く市場情報を与えているゴールドマンなどは超高速で演算処理できる高性能コンピューターを使ってこうした情報を分析、他の投資家を出し抜く形で取引を行っているという。

同時に提供された情報を高性能コンピューターを使ってじゃなく、他のトレーダーより早くだから完全に違法でしょこれ。それにしても、ナスダックは酷いな元会長が巨額詐欺で逮捕されるだけのことはある。

●●●●●●●●●●以上転記おわり●●●●●●●●●●

ゴールドマンサックスは市場操作で儲けてる詐欺企業だ!より

●●●●●●●●●●以下転記はじめ●●●●●●●●●●

新たなる金融危機に向かう世界

ギリシャの財政危機に端を発したユーロ暴落の裏側にはアメリカの仕掛けがあった。アメリカは米国債に世界の資金を環流させなければもうもたないからだ。そして5月6日にダウが一時998ドル急落する過程で、ゴールドマン・サックスのロボット・トレーディング・システムが壊された。このあと、金(ゴールド)が崩される。そして、金(ゴールド)の大きな下落のあとにドル(米国債)が暴落させられるだろう。――サブプライム崩れを始め、これまでことごとく経済予測を当ててきた著者が、2010年末の恐慌突入に向けてさらに下落を繰り返す世界の金融経済を読む。

書いとかないと忘れちゃうから「読書記録」 さんより

●●●●●●●●●●以下転記はじめ●●●●●●●●●●

【次の世界皇帝は】~【日本の構図】

 ゴールドマン・サックスは。この100分の3秒、4秒の取引で勝ってきた。「アバカス(そろばん)」と呼ばれるCTAソフトを使って泥棒もやって、一人勝ちの儲けをしてきた。5月6日に起こったことは、その機械(ソフト)が激しく機能不全に追い込まれたことだ。この日をもって、ゴールドマンのCTAがぶち壊されたようだ。(p.159)

【中国が売り払う米国債の買い支え役】

 日本は、どうやら中国が密かにニューヨークの国債(債権)市場で売り払う長期の米国債(30年ものとか20年もの)を、仕方なく肩代わりさせられて買い支えさせられているようだ。このようにして米国債を買い続けている。最後に起きるのは米国債の大暴落である。(p.51-52)

 属国以下の完全なる奴隷状態。日本の資金は、いずれ紙クズとなる米国債を買い支えるために湯水のごとく横流しされるのである。こんな調子だから日本は決して経済回復などできない。
しかも、小泉改革の大穴を埋め戻すための郵政見直し法案提出や、高級官僚が貪る隠し資産を締めあげるための公務員改革法を、マニフェストに掲げて政権をとった民主党は、それらをせずにアメリカと官僚側に寝返ったのである。
 そして、日本が経済的に回復する兆しなど何もなくなったところで、さらに追い打ちをかけるように、アメリカによる地震攻撃(東北大震災)を受けたのである。アメリカはどれほど酷い国か、そしてそれに隷属する高級官僚ども、及びマスコミどももまたどれほど酷い奴らか、よ~~~く心得ておこう。

●●●●●●●●●●以上転記おわり●●●●●●●●●●

ゴールドマンサックスのあくどい手口!より

●●●●●●●●●●以下転記はじめ●●●●●●●●●●

ライジング・サンさんの情報(副島隆彦軽い気持ちではなく重たい気持ちで書く掲示板)です。70兆円を税金から出させて、AIGに巨額融資し、その後、AIGを買収したゴールドマンサックス、1~9月までで、2.5兆円の純利益を上げた”神の業”の実態。

http://outlaws.air-nifty.com/news/2010/04/post-d1bd.html

●●●●●●●●●●以上転記おわり●●●●●●●●●●

≪ゴールドマンサックスの証券詐欺事件と郵政民営化の関係性、普天間基地異説問題をめぐる売国マスゴミの立ち位置と変節、など≫

覆面金融マンの資産運用の裏側のブログより

●●●●●●●●●●以下転記はじめ●●●●●●●●●●

今回の事件の経緯は、

ゴールドマンが、顧客である大手ヘッジファンド、ポールソン・アンド・カンパニーに

よる反対取引を開示せず、サブプライムローン(信用力の低い個人向け住宅融資)

関連の金融商品を販売したことは、投資家を欺いたことだと

SEC(米国証券取引委員)が訴えている。

●●●●●●●●●●以上転記おわり●●●●●●●●●●

■大資本家たちは詐欺師集団だ

大金融資本家詐欺師集団だ。あいつらがこれから起こる世界恐慌の主犯だ(新聞テレビに騙されんな。日本経済は今後2年くらいはまだまだ悪化するよ。アメリカに関しては経済のどん底は4年以上先だよ)。

もとはといえば不良債権を入り混ぜて作ったサブプライムローン暴落してしまったことが世界恐慌の始まりだ(いつのまにやらリーマンショックからが通説になっているけれどもとはサブプライムからだ)。

(ちなみにサブプライムローンを始めとする金融工学金融詐欺商品を作る仕事)は世界有数の知能を持つ人たちが作っている。だが、商品が複雑すぎて専門家でさえ理解不能な商品になっている。だからサブプライム商品は売る側が操作できなくなって、バブルが破裂したのだ。もとい、ゴールドマンサックスだけは逃げ延びたのだけれど)

資本家はこの大恐慌を作ってしまった責任をとれ!あえていうけれどおまえらは金融業による搾取でたくさんの人を不幸にしたのだから、最高責任者死刑になってよい!

なぜなら、彼らにむしりとられて一番ひどい目にあっているのは資本主義社会ピラミッド構造の最下層で働く低賃金労働者からだ。中小企業経営者も同じだ。

それはアメリカ経済的に致命的な打撃をうけるの米国債保有率ナンバーワンの中国が売り払ったときだ!

日米同盟軍事文化資源経済同盟もあり)の強固な関係があるだけに日本は売れないが、米国債保有率ナンバーワンの中国は状況が悪化れば売り払うやん!その途端に米国債は一気に値崩れし、連動としてドルも大暴落して、株式も大暴落して、かくして世界恐慌突入するのだ。日本の損害は推して知るべし!

今回、話題にしたいのはゴールドマンサックスだ。この金融ヤクザギャンブルで儲けてるだけだ。今期の純収入過去最高益(前期比46%増の137億6100万ドル=約1兆2800億円)を達成なんていってるが、あれは銀行本来の業務で儲けたんじゃなくて、超高性能コンピューターを使って証券商品市場での売買取引かデリバティブだ。企業の買収や合併アドバイザー業務なんかじゃない。

メディアを介した情報操作であたかも金融バクチが儲かるように誘って、

株式取引所やFRB世界銀行を使った市場操作で儲けをふんだくってる極悪人だ。

こういう報道は大手メディアは全くしないからクソだ。

日本の五大テレビと5大新聞とその取りまとめ役の電通は明らかな情報操作をしている。

くそったれ、極悪人権力者どもが!

○記事1 産経新聞2009.7.25 12:48 より

「巨額利益生む0.03秒 米ゴールドマン

このニュースのトピックス:海外株式

 24日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、米金融大手ゴールドマン・サックスなどが高性能コンピューターを駆使し、他の投資家よりも一瞬早く市場情報を得た上で、こうした情報を利用した株式の売買を超高速で行い、巨額の利益を上げていると報じた。

 こうした取引は情報技術(IT)システムに巨額の投資を行えるゴールドマンなどに限られ、一般投資家には不可能なため、同紙は「不公正」と批判。米証券取引委員会(SEC)も調査を始めた。

 ナスダック市場など米国の一部取引所は一定の料金を受け取る見返りに、特定のトレーダーに0.03秒ほど早く市場情報を与えている。ゴールドマンなどは超高速で演算処理できる高性能コンピューターを使ってこうした情報を分析、他の投資家を出し抜く形で取引を行っているという。(共同)

○記事2 フジサンケイビジネスアイブルームバーグ)2009/7/15 より

 「ゴールドマン 市場操作の「凶器」はあるのか」

●●●●●●●●●●以上転記おわり●●●●●●●●●●

世界を操る国際金融資本家

元社員が証言 リーマン破綻の真相

●「ポールソン財務長官の企業再編戦略」(EJ第2490号)

これだけあった米国の投資銀行が今回の金融危機ですべて姿を消しています。
 ゴールドマン・サックスとモルガン・スタンレーは商業銀行に看板を書き換え、メリルリンチはバンク・オブ・アメリカに買収リーマン・ブラザーズとベア・スターンズは破綻――この中で商
業銀行にはなったものの、一番が傷が浅いという印象なのがゴールドマン・サックスです。

それは生殺与奪の権限を持っている財務長官が、ゴールドマン・サックスのCEO出身ということと無関係ではない――誰でもそう思っていると思います。

ゴールドマン・サックス出身のドラギに今後、望まれることとは?

なぜ重要ポストにドイツ人ではなく、イタリア人がついたのか?

特にユーロ圏においては、ECBが全体を統括する中央銀行となりユーロの発行権を有していますので、この利権はユーロ圏の各国にとっても極めて重要なのです。なぜドイツから選出されなかったのでしょうか? なぜドイツ政府は、黙ってイタリアのドラギの選出を容認したのでしょうか?

 実はここが、今後の世界の動きを見極める重要なポイントです。

 ドイツの連銀総裁だったウェーバーは今年のはじめまではこのECB総裁の本命でした。当然、今まではフランス人のトリシェが総裁だったのですから、次はドイツからというのがユーロ圏の暗黙の了解事項であるはずです。

 ところが今年2月、ウェーバーは突如、連銀総裁の辞任を発表、この地点でドイツからのECB総裁の選出の目は消えたのです。私もてっきりウェーバーで決まりと思っていましたが、これには驚きました。

 辞任の理由は<個人的な事>ということでしたが、こんな事を信じる関係者はいません。いったい何があったのか? この地点でウェーバーが下りれば、ユーロ圏の力関係から言えばイタリア総裁だったドラギがECB総裁になるのは自然の流れで、現実そのようになりましたなぜウェーバーは辞任したのでしょうか? どこから追い込まれたのでしょうか?

 ここがポイントです。

M総研はイタリアのイルミナティのレオ・ザガミがこの件を把握していると感じる!!

ニューヨーク連銀の最大株主はJPモルガン

「崩壊する世界経済と新世界秩序の実態」4/5 (CFR・FRB・BB編)

本日の記事を見て最後にもう一度この↓の記事を拝読されることを願う。

貨幣制度の番人へ:IMFとカーライルと韓国転覆とウィキリークス

宇宙の存在はメイソンやイルミナティとは言わなかった。

「貨幣制度の番人」と戦う勇気があるのか?

と言って来た。

そしてオイラは「人類の意識の変容の為なら戦ってやる!」と叫んだ。

2011年6月 6日 (月)

イタリアのイルミノドンことレオ・サガミのインタビュー

ザガミのイルミナティでのポジション より

●●●●●●●●●●以下転記はじめ●●●●●●●●●●

モンテカルロのComitato Esecutivo Massonico、つまり、メーソン執行委員会(MEC)の元メンバーとして、ザガミは、最近まで、真のインサイダー、33階級のフリーメーソン、そして悪名高いフリーメーソンP2ロッジの高位メンバーであった。彼は、より古参のイルミナティの「キング」の地位にあったリチェオ・ジェッリの後を継ぐべく準備された「プリンス」の地位にいた。

数ヶ月前、イタリアイルミナティー(モンテカルロP2)の最高位クラスに位置するレオ=ザガミというイタリア人(土地の名士で誰もが知る実名)が、組織内部の異常な悪魔崇拝に辟易して組織を離脱した。モンテカルロP2のトップが引退,その地位を襲うことになっていた人物である。

彼はインターネットで英語により内部告発を開始、10月18日,30日,11月6日など、アメリカの某独立系調査ジャーナリストのインタネットラジオ番組のインタビューでそれぞれに日にライブで詳細を話した(総計5時間前後のインタビュー)。これは尋常でない衝撃的な内容になっている。イルミナティー内部のこれほど,高位の人間がインターネットを使って内部暴露したというのは、空前絶後だろう(発表の仕方が時代を感じさせる。インターネットのなかった時代と比べて陰謀や秘密保持が困難になりつつあることを思わせる)。組織を逃げたが,組織に追われ逮捕され、リンチを受けたともいう。今この時点では安全のためノルウエーで身を隠しているという。

彼はバチカンの宗門であるイエズス会のもとにイルミナティーを含むカルト集団がNew World Order樹立のため蝟集し、イエズス会がすべてコントロールする権力構造にあるとまで詳述しているから驚きだ。バチカン宮殿の地下カタコンベで悪魔崇拝の儀式がなされていると告発する。そして彼はアメリカ市民向けに,バチカンは米国政府をコントロールしており,ブッシュ家はローマ法王の道具であることを知ってほしいと文字通り声を枯らしてラジオでこう警告を発している。(英文略)

「イエズス会とバチカンヒエラルキーは黒魔術師の親方=マスターであり、新しい世界秩序New World Order樹立にかかわる、多くのカルトグループをコントロールしている。」

「アメリカの人々は、目をさます必要がある。バチカンが米国政府をコントロールしているからである。ブッシュファミリーは、ローマ法王の一つの道具に過ぎない。彼等は実際、crooks=犯罪者・詐欺師・盗賊であり、彼等自身自らを海賊と考えており、その証拠に、スカル&ボーンズの連中は、骸骨と骨という、海賊船に付けてあるシンボル旗と同じシンボルを使っている。こうした連中は病的な犯罪者であり、天下にさらされる必要がある。わたしは、それをするには十分な位置にある、なぜなら、私はモンテカルロP2のトップレベルの一つにいたからである(これはイルミナティー組織であり、その命令系統の上にバチカンーイエズス会があると別のところで述べている)。」

彼によると,バチカン・イエズス会は1980年にOperation Dreyfus(ドレイファス作戦)という操作を開始したが、それはユダヤ人をスケープゴートにする作戦だった、つまり,悪事は何でもユダヤ人がやっているという印象に世論を誘導させる戦略を立て展開していた,とも内部暴露した。この内部告発は聞き捨てに出来ないきわめて深刻な重要性を持っている。上記で紹介した、テオコンがネオコンを操作し,こちらに目を向けさせ、非難を集中させていた、という現象とどうやら重なってくる模様だ。また、ザガミ氏はアレックスジョーンズらのいわゆる「911真実追求運動」は完全に誘導であると断言している。

○リオ・ライオン・ザガミ(Leo Lyon Zagami)は、神聖ローマ帝国に由来する貴族、サンテリアの王子。また、1999年にモナコ公国で創立されたOld Illuminatore di Illuminasares (??)騎士団の会長であり、Piazza di Spagna45に駐在するイルミナティー・アカデミー代表、そして、イタリア・フリーメーソンの33階級である。(L)

○インターネットに曝されているイルミナティーの悪魔的でネガティブな側面が、ようやく全体から分離した。(L)

911を実行し40億の人口削減を計画した者達が完全に力を失おうとしている。FRBの存続は今年9月末以降迄持たないのではないか。(B)

○これは真の西洋イルミナティーと真の東洋イルミナティー間の平和・寛容・真実をスタートさせる歴史的な機会である。911を含め、真実を公にするのは非常に苦しいことであり、愛や相互理解というポジティブな波というわけにはいかないが、それによりある流れが起こってきている。

彼らはこれまで支配権力により悪行の限りを尽くしてきたが、大転換の時はきた。イルミナティ(光照らす者)とは名ばかりで、本来の、上からの光を地上にもたらすという働きをせず、闇や物質界の悪魔的な支配力の影響で、ただひたすら圧政により人々の支配をしている。だから悪魔教信者なのだ。知識層や軍を操り我々を支配してきた。軍事兵器により利益を得、組織内の銀行で投資をしてたが、それが今崩れ去ってきた。(L)

○彼らの40億人削減計画は中止させられ、もう実行不可能となった。CIAの中のとても強力な勢力である、米国アウシュビッツ機関・ペンタゴン・MI6等が彼らに対抗して同盟を組んでいる(B)

○イルミナティー・アカデミー、イタリア・フリーメーソンは、今後はポジティブなニューワールドオーダー計画に従って進めていく時がきたと考えている。これからも秩序は必要だけれど、今迄のような混乱統制、または、ビッグブラザーによる全体の奴隷化というニューワールドオーダーである必要はない。(L)

○ザガミは現在、本当にポジティブな変化を願っているカソリック教会内のイルミナティーや、マルタの騎士、その他の勢力にとても近い党派で活動している。(L)

○一般的なフリーメーソン、そうでないフリーメーソン、スカル・アンド・ボーンズなど実際はイルミナティーだがメーソンロビーの様な組織が、資料や会議の場などで内部事情を人々に公開し始めている。イルミナティーでさえ、2002年7月11日には秘密組織ではなく、法的に承認された正式な組織となった。住所もハッキリしている。それにより、人々の誤った概念を払拭する。

●●●●●●●●●●以上転記おわり●●●●●●●●●●

この↑の意味が理解出来て、はじめ過去のオイラの魂の振動が理解できると確信していた。

血の涙を流す聖女像WWE051205

5年程前に阿修羅に放った記事でも理解できるように”彼らは”マリア像の血の涙でバチカンの腐敗を警告していた!!

そしてローマ法王のホログラムを見せてUFO(地球製?)に乗せてUFOと結び付けているダークサイドがいるようだ。

このマリア像が血の涙を流すことをキリストの聖痕現象と同じように「宗教現象」として逆手にとって宣伝している。

これは全く真逆の警告なのです。

ローマ教皇を中心とするカトリック教会はマリア像を崇拝している

それ何も知らない一般の信者は騙されているのかも知れない・・・

マリア像はなぜ?血の涙を流すのか?より

●●●●●●●●●●以下転記はじめ●●●●●●●●●●

おーるさん追悼

新じねんのサイトから米国兵士のイラク帰還後に自殺する隊員が非常に多いことにメスを入れているレポートがありました。

人間として戦争とは何か?と考えさせらるもので、また米国政府の強引な軍隊維
持が浮き彫りとなっています。

さらになんと日本の自衛隊もイラクから帰還ごその奥さんに赤ちゃんを出産されたが手
の指が2本しかない奇形児が生まれた事実を「きっこの日記」より転記されております

劣化ウラン弾の影響です。

下記のURLを参照下さい。
http://csx.jp/~gabana/index.html

最後に下記のURLを参照下さい。(動画です。)
http://csx.jp/~gabana/index.html

訳注1:アフガニスタン侵略戦争での映像ですが、ご参考。標的の上空を旋回しながら
砲弾を撃ち込みます。走って逃げる人間が虫けらのようですね。害虫( Bud guys )を皆
殺しにするB29戦略爆撃機の搭乗員になった気分を味わった後は、炎の下を這いずり回
っていた虫けらたちの言葉を聴きましょう。

お分かりでしょうか?この様な事実をじねんは公開しており、検索エンジンに決して
表示されることが無い理由をご理解できると思います。

米国が自国の国益追求や貨幣経済や石油支配にどっぷり漬かっている以上、惨劇は拡大
する!!

私はこのサイトの公開記事をよんでいる内に「あんでるせん行って不思議な体験をした
事」を思い浮かべて来ました。

人間とは?目に見える利益を求めて生きている以上はこの様な悲惨な結果しか現れない
と感じます。

もうそろそろ「地球人は心の大転換をする時期ではないだろうか?」と心のそこから聞
こえます。

マリア像がなぜ血の涙を流すか?
http://x51.org/x/05/01/2445.php
http://azoz.org/archives/200511231247.php
http://10e.org/mt/archives/200511/290345.php
http://library666.seesaa.net/article/10208850.html
http://www.inscript.co.jp/miyawaki/m15%20Cornwell.htm
http://ts.way-nifty.com/makura/2005/01/post_26.html

●●●●●●●●●●以上転記おわり●●●●●●●●●●

3/9 Night Watch Show Interviews Illuminati Grand Master Leo Zagami

イルミナティのレオガザミのインタビュー 10/18/06の最初のインタビュー 最近まで、レオリヨンZagamiはイタリアのIlluminatiの高い平らなメンバーと、第33度フリーメーソンと、本当のインサイダーとモンテカルロP2 Lodgeの高いメンバーでした。 彼は、より古いIlluminati「王」リチェオ・ジェッリの後に引き継ぐように準備された、「王子」でした。 彼は、Illuminati貴族血統があって、したがって、幼少のときからIlluminati Orderにかかわります。 ZagamiはFreemasonryで「異教的な悪魔のような崇拝とあなたが束ねる臆病者の黒魔術と共に公共になってください、そして、それは、私が彼らに言うことです」に彼の元同僚に挑戦します。 ヨーロッパの貴族はいつも魔法と黒魔術によって統治されていました…それら自身の市民の上に優位のためのいつも使用された黒魔術と邪悪な力を持ってください。 彼らはギリシア人から彼らを順番に得たローマのそれらのMastersからのこれらの悪魔のような道を学びました、エジプト人、Sumerian…「それは人類の一定の操作の果てしない物語です。」 彼によると、「イスラム教、ユダヤ人、福音書、プロテスタント、およびキリスト教の再びBorn側の大部分を含んでいて、すべての宗教が最近Illuminatiで不正です、とすべてが宗教対話がほとんど不可能であるようにとても本物であることのFreemasonryにもかかわらず、情報機関にもかかわらず、マルタのKnightsと最終にもかかわらず、特に普通のイエズス会士で秘かに裁決しました」。

Leo Zagami interview Part 1

Leo Zagami Explaining The Freemasonry

The Illuminati II - Secret societies

Secret Societies: The Bilderberg Group

2011年5月21日 (土)

オバマ大統領は、ヨーロッパのレベルに原油価格を上げると

原油、サウジに混乱波及なら200ドルに上昇する可能性

President Barack Obama's First Ad of 2012

Barack Obama 2012 - "Hot Air" Alternative Energy Plan

2006年以来、民主党員を動かすエネルギーと現在のオバマ大統領は、ヨーロッパのレベルに米国の原油価格を上げると約束している。

参考資料:世界経済のネタ帳より

【コラム】投資家は原油200ドル想定を

[世] 原油価格(WTI)の推移(月次:2006年1月~2011年4月)

これは、ドルの為替攻防である。

[世] 原油価格(WTI)の推移(年次:1980~2010年)

米国のパンデミックスを回避させる手段である。

原油ドルには相関があるらしい: 裏紙

ゴールドマンの試算によれば、1999年から04年まで1%だった両者の相関は、直近半年では52%まで高まった。原油がドル建てで取引されているためドル安が原油高を誘う一方で、原油高で米国の輸入が増えドル相場を押し下げる。メビウスの輪のような循環運動が起きている。

そういえば以前に田村のおばちゃま講演会が大阪で開催された時に聞きに行ったが、その時にも、原油取引をドル建て支払うことを各国が拒んでいる、本当の事情は米国経済破綻でパンデミック寸前でドルの信用が暴落している事をずいぶん早い時期から指摘していた。

(リビア)トリポリ炎上!キッシンジャー『50年計画』の最終章が始まった!原油200ドル

●●●●●●●●●●以下転記はじめ●●●●●●●●●●

何故リンゼイ・ウィリアムズはわれわれにこの情報を伝えたのか。

何故あの「グローバル・エリートたち」はリンゼイ・ウィリアムズにこの情報を漏らしたのか。そしてこの情報をアレックス・ジョーンズを通して世界に公開することを許したのか。

まず、「グローバル・エリートたち」とはNWO(New World Order)「新世界秩序」の構築を目論むロックフェラー財団一味のことである。彼らはワシントンのFoggy Bottoms (霧の低地)に潜んでいてこの世界を動かしている。
Lindsey Williams はバプティスト教会の牧師である。RFの所有するアラスカの大石油会社の専属牧師を長年勤めてきた。だから彼らの企みは筒抜けである。というよりヘンリー・キッシンジャーの「50年計画」についてたびたび聞かされてきた。

その「礼拝堂付き牧師」であるウィリアムズが昨日2月22日Alex Jones Show に出演して次のような内容のことを公表したのだ。

今リビアは大混乱のさなかにある。首都トリポリは燃えている。今日の原油価格は1バレル108ドルになった。すぐに150ドルになり、近い将来200ドルになるだろう。『中東』は今ナンバーワンの懸案事項だ。リビアの大混乱の危機はやがてサウジアラビアに伝染するだろう。

石油産出国リビアは1日何百万バレルもの原油を欧州に輸出してきた。アメリカにではなく、「欧州」に。グローバル・エリートたちにとってここがもっとも引っかかる、ありていに言えば「お気に召さない」ところだったのだろう。

チュニジア・エジプト動乱は世間の目をくらますための「前哨戦」に過ぎなかったのだと私は見る。ここリビアに飛び火してこそようやく、H.キッシンジャーの「50年計画」総仕上げの最後の十年の火蓋が切られたのだ。

「エクソン、シェブロン・・・、RF財団はいくつものメジャー石油会社を所有する。その一つ一つが中東の原油産出国1カ国をコントロールするのだ。国家の使命の最大アジェンダは『エネルギーコントロール』なのだ。」

最大手スタンダード石油は1911年、独占禁止法により34社に分割された。1960年代中東諸国は自国の石油産業を国有化し、セブン・シスターズ(7人の魔女)による世界の石油支配は一応終わりを告げた。

「1975年、キッシンジャーらによって『50年計画』が創設された。その計画に従い、キッシンジャーは1977年から1981年までの4年間、世界中の産油国を見て回った。そして中東のOPEC諸国はみなキッシンジャーの提案に同意した。」

どんな約束なのか、ウィリアムズは詳細について語っていない。

「アメリカは石油が必要だった。アメリカは中東から原油を買い続けた。次第にアメリカの負債額は膨らんでいった。そのとき1970年、アメリカはアラスカで油田を発見した。世界で最大の油田であった。パイプラインも建設した。しかしその原油はまだアメリカ国民には届いていない。油田の所有者RF財団がパイプラインに原油を流すことを拒んでいるからだ。なぜか。答えは簡単だ。原油価格が150ドルに、いや200ドルまで跳ね上がるのを待っているからだ。」

キッシンジャーの企てた『エネルギー50年計画』の詳細とはどんなものなのか。1975年に始まった50年計画。2025年に終了することになる。あと十数年の間に石油をどうしようというのか。

崩壊の危機を迎えているアメリカ経済。リビアの大混乱。カダフィ大佐の投降は近い。大油田地域のベンガジはすでに「民衆」の手に落ちた。「民衆」の指導者たちの中にCIA子飼いの工作員は入っていないのか。油田地帯が「民衆」の手に落ちた今、アメリカに残された仕事は「ビジネスマンを送り込むこと」だけかもしれない。「民衆」はいいように騙されて(小金に目がくらんで)契約書にサインするのだ。契約期間は15年か?

「次はサウジだ」

強欲なエリートたちのことだ。一番おいしいサウジアラビアを取りこぼすことはないだろう。『50年計画』の詳細とは?

中東の原油埋蔵量は底が着き始めたといううわさもある。完全に底がつくまで最後の一滴まで、エリートたちは最大限に活用するつもりなのだろう。1バレル200ドルにもして。

アラスカの油田は採掘しない。1バレル200ドルになるまでは

金融市場のしくじりを原油市場で取り返すつもりなのか。ウォールストリートも世界石油資本もロックフェラーの同じ財布の中にある。損した分は原油で取り戻すのだ。  
(リビア)トリポリ炎上!キッシンジャー『50年計画』の最終章が始まった!原油200ドルへ

●●●●●●●●●●以上転記おわり●●●●●●●●●●

マスコミに載らない海外記事: 通貨

第7章 資源エネルギーから見る戦略的日本外交

貨幣制度の番人たちは金・銀・プラチナから再び原油へと・・・